【米国】止まらない「日本化」――親と同居する若者「ブーメランキッズ」の急増 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【米国】止まらない「日本化」――親と同居する若者「ブーメランキッズ」の急増

 米国の「ジャパナイゼーション(日本化)」が止まらない。「失われた10年」の話ではない。不況で親のスネをかじらなければ生活できない若者が増え、パラサイトシングル化に拍車がかかっている、という社会現象のことだ。

 米民間世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが米国勢調査を基に分析したところによると(3月15日発表)、複数世代と同居する米国人の割合は、1950年代以来、最多となっている。

 特に、いったん親元を離れたヤングアダルト(25〜34歳)が実家に戻る「ブーメラン化」が進んでおり、2010年の時点で複数世代と同居する25〜34歳の米国人は、21.6%に達した。1980年には11%と最低を記録したが、その後、上昇の一途をたどり、とりわけ過去5年間の増加が顕著だ。その大半が親と同居する人たちで、10年に親元に戻った若者は、全米で550万人を突破。07年の15%増を記録している。

 こうした事情の裏に、若年層を取り巻く雇用環境の劣化があるのは言うまでもない。

 『アコーディオンファミリー(多層家族)――ブーメランキッズ、苦悩する親、そして、国際競争力へのツケ』の著者であり、ジョンズホプキンス大学で教鞭を執る社会学者、キャサリン・S・ニューマン教授(専門は貧困やワーキングプア)によれば、80年代半ば、米国をはじめ、多くの国でダウンサイジングやアウトソーシング、非正規労働が増加し、労働法の規制が緩和されたことで、新卒レベルの就職難が始まり、親の「セーフティーネット化」の必要性が高まった。

 若者のブーメラン化は、日本やイタリア、米国など、先進国で広く見られる現象だと、同教授は警鐘を鳴らす。

 現在、米国では、20代後半から30代前半の米国人の多くが、生活のために不本意な仕事に就いており、大学院など、学生に戻る人たちも3分の1に上っている。結婚か子供を持つこと、あるいは、その両方を先延ばしにする人も、34%に達した。

 18〜34歳に年齢幅を広げると、仕事のない人たちの半数近くが、親との同居を余儀なくされている。一方、フルタイムかパートタイムの仕事を持つ「ブーメランキッズ」(親元に戻った子供)は35%、フルタイムでは30%どまりだ。つまり、経済的要因がパラサイト化に大きな影響を与えているのは疑う余地がない。実際のところ、ピュー・リサーチ・センターの調査では、25〜34歳の同居組の8割が、お金がないために希望どおりの生活を送れない、と答えている。

 ニューマン教授が『アコーディオンファミリー』のなかで再三取り上げているのが、日本の同居組の例だ。若者の経済環境の悪化によるパラサイトシングルの増加は、晩婚化や少子化、不動産市場の伸び悩みなどに追い打ちをかけ、生産性の減少を招き、国の経済力や国際競争力を低下させる――。日本を見れば一目瞭然、というわけだ。

 移民パワーのおかげで、米国は、まだ人口減の問題は抱えていない。だが、ブーメラン化が進めば、若者はマイホームを買わなくなり、親の世代のような富も築けず、親の老後の面倒を見れるだけの財力にも事欠き、もはや自力では中流層としての生活を維持できなくなってしまう。

 事実、2010年の時点で、貧困レベル以下の生活をする25〜34歳の米国人は17.4%に達したが、複数世代と居を共にする同年代の人たちの貧困率は9.8%にとどまっている。つまり、親という「セーフティーネット」のおかげで、かろうじて貧困を免れている若年層が少なくないことが分かる。

 ニューマン教授が米メディアに語ったところでは、ブーメラン化の加速で、20代後半以上の人が親と同居することへの「スティグマ」(恥)も徐々に薄れつつあるという。まさに「自己責任大国」米国も隔世の感あり、だ。

 さらに意外なのが、自立心と自活を身上としてきたはずの米国の若者が、親との同居を快適に感じていることである。先のピュー・リサーチ・センターの調査では、25〜34歳の同居組のうち、親との生活に満足していると答えた人が、実に78%に上っている。

 翻って親のほうは、子どもが帰ってきたことで寂しさから解放され、「現役」に戻ったことで気が張り、若返るという思わぬ効果もある。だが、一方で、甘やかしすぎているのではないか、もっと突き放して現実と対峙させるべきかといったジレンマに悩み、子どもがこのまま居つき、孫の顔も見られないのではないかと案ずる親も多いという。

 子どもは戻ってよし、巣立ってよし、といったところか。



アメリカという大国も日本でいうところの、ニートやフリーターが増えたわけだ。

日本だけでなくアメリカやヨーロッパも同様に社会の、人間のあるべき本来の姿に戻っているだけだと言う事なのだろうか?

一つの流れができているように感じる。

核家族から大家族への回帰が起きていると。

しかし、よく考えてみると一人暮らしできる人が親と同居するのが大家族と言うもの。

一人暮らしできない人が親に食べさせてもらっているのがブーメランキッズであって、混ぜて解釈すると危険な感じだ。

昔と違って、親が死んでも、子供には仕事は引き継げない。

結婚ができなければ当然、子供もいない。

アメリカもまた少子高齢化へと進んで行く事になる。

核家族について考えて見る。

核家族と言うのは責任が少なくて楽だと考えられる。

高度成長期より前は外に出たくても経済的に無理な人が大半であったが、高度成長期以降、サラリーマンの給料が上がって家を出る事が容易になった事で核家族化が加速した。

実家を出れば両親の煩わしさから逃れられるし、近所や親類との付き合いも全部両親に押し付けて知らん顔出来るからだ。

昔は成人すると次第に両親と代わって家の責任を果たして来た。

それによって大人になって行ったと言う事だろう。

現代に置いて、面倒事は年寄りに押し付けて仕事だけしているから精神的に大人に成りきれない。

そして今はその子供たちが親になっているから、さらにその子供達は精神年齢が低下している。

大家族→核家族→個人と生活規模が縮小して来ているわけだ。

自分の事だけ考えていられるなら、楽だものね。

最近はご近所付き合いもめっきり減り、お隣さんが誰だか分からないケースも増えているように思える。

それにより、孤独死みたいなのも発見されている。

大家族化は悪い事ではないと考える。

みんなで協力してこの悪い時代を生き抜かねばならない。

雇用の問題が一番大きいのだろうが、こればかりは個人の努力には限界がある。

政治家は増税を議論する前に、雇用の安定化を図り一人あたりの収入を増やす政策を取らねばならないと私は考える。

余裕が生まれれば自ずとお金が回り経済が動く。

税収も上がる事だろう。

政治家の皆さんよく考えて見てほしい。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
親の過保護とか、生活保護とか、そういう甘やかしが人類を滅亡に導くと思います。
Posted by coffee at 2012年04月03日 00:27

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

嵐の人権救済法案反対デモ「日本人への人権弾圧法案を許すな!」・部落解放同盟全国大会が閉幕=人権救済法制定目指す―大阪・対して東京では暴風雨の中【人権救済機関設置法案成立反対デモin新宿】
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 暴風雨の中で行われた【人権救済機関設置法案成立反対デモin新宿】2012年3月31日 http://headlines...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-04-03 00:28
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。