【教育】マッカーサー「日本は自衛のため戦争した」証言、教材に…「日本は侵略国家」という贖罪一辺倒の歴史観に一石を投じるか - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【教育】マッカーサー「日本は自衛のため戦争した」証言、教材に…「日本は侵略国家」という贖罪一辺倒の歴史観に一石を投じるか

 日本が対米戦争に踏み切った理由について、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官だったマッカーサーが1951(昭和26)年、「主に自衛(安全保障)のためだった」と述べた米議会での証言が、東京都立高校独自の地理歴史教材の平成24年度版に新たに掲載される。日本を侵略国家として裁いた東京裁判を、裁判の実質責任者だったマッカーサー自身が否定したものとして知られる同証言を、公教育の教材が取り上げるのは初めて。

 昭和の戦争での日本を「侵略国家だった」と断罪した東京裁判に沿う歴史観は、「日本国民は…政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意」で始まる憲法前文にも反映され、「軍隊を持たず」という国際社会でも異質な国家体制の前提となってきた。歴史教育は「贖罪(しょくざい)史観」一辺倒となり、子供たちの愛国心を育んでこなかった。その歴史観が絶対ではないことを示すマッカーサー証言の公教育での教材化は、戦後日本の在り方に一石を投じそうだ。

 証言は、朝鮮戦争で国連軍やGHQの司令官職を解任されたマッカーサーが1951年5月3日、米上院軍事外交合同委員会の公聴会に出席し、朝鮮戦争に介入した中国への対処に関する質疑の中で言及。連合国側の経済封鎖で追い詰められた日本が、「主に自衛(安全保障)上の理由から、戦争に走った」と述べた。

 都の教材は、この部分の証言を英文のまま掲載し、《この戦争を日本が安全上の必要に迫られて起こしたととらえる意見もある》としている。

 教材は、江戸時代以降の日本の歴史を、東京の歩みとともに紹介する『江戸から東京へ』。都教委が都立高校の全生徒に平成23年度から配布している。都民の意見をもとに改訂した24年度版は、全新入生約4万3千人に配布する予定。

 『江戸から東京へ』に掲載されたマッカーサー証言については、月刊「正論」5月号(3月31日発売)が詳しく紹介している。

 渡部昇一・上智大学名誉教授の話「連合国から東京裁判の全権を委任されたマッカーサー自身が米議会で『日本の自衛戦だった』という趣旨の証言をしたことは、村山談話に象徴されるように東京裁判を背負ったままの日本にとって“超重大”であり、すべての日本人が知るべきことだ」

 ■村山談話 戦後50年の平成7年8月15日、当時の村山富市首相が発表。わが国が「遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与え」たとし、「痛切な反省の意」「心からのお詫(わ)びの気持ち」を表明。以後の内閣もこの見解を踏襲してきた。



『マッカーサー「日本は自衛のため戦争した」証言』事実でも世界中の人々が知っていなければ意味がない。

もっと大きな声で、アメリカのような大国が言ってくれないとあまり意味が無い。

GHQはかつてラオスの教科書に「日本人はラオス人を大量虐殺した」って書かせたんだよね。

でも当のラオス人が「それは嘘だ。そんな事実は無い」って反論して教科書が書き変わった。

中国の南京大虐殺だったり、朝鮮人の従軍慰安婦にしろ、後ろで手を引いているのはアメリカのような気がする。

ラオスは当時のことを知る人が生き残っているからGHQの洗脳を受けずに済んだけど中国と朝鮮は当時のこと知るまともな人は粛清されちゃっているから、現在のような状況にある。

中国や韓国の悪行や異常性もバレてきたし、南京大虐殺も従軍慰安婦問題ももう誰も信じてないし、マスゴミも信用なくしているし、いよいよ本丸の歴史捏造を正す段階に来たと言う事。

日本人が世界に誇るものとして過去の偉人達の言葉を記します。

 
  << タイ国元首相「ククリックド・プラモード氏.」の言葉 >>

 「日本のおかげでアジアの諸国は全て独立した。

  日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。

  今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。

  それは、身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。

  十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが身を賭して重大決意をされた日である。我々は、この日を忘れてはならない。」

   (十二月八日、現地新聞「サイアム・ラット紙」)


  << インド元大統領「ラグ・クリシュナン氏」の言葉 >>

  「インドは当時、イギリスの浮沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。

  それを、我々と同じ日本が見事に撃沈した。

  驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。

    (昭和四十四年「日本経済新聞」)


  << インドネシア元情報宣伝相「ブン・トモ氏」の言葉 >>

  「我々アジア・アフリカの有色民族は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが全部失敗した。

  インドネシアの場合は三百五十年間も失敗が続いた。

  それなのに、日本軍が米・英・蘭・仏を我々の目の前で、徹底的に打ちのめしてくれた。

  我々は白人の弱体と醜態ぶりを見て、アジア人全部が自信を持ち、独立は近いと知った。

  一度もった自信は決して崩壊しない。

  日本が敗北したとき、これからの独立は自力で遂行しなければならない。独力でやれば五十年はかかる。」と思っていたが、独立は意外にも早く勝ち取ることができた。」


  << インド極東国際軍事裁判判事「ラダ・ピノート・パール氏」 >>

  「要するに彼等(欧米諸国)は、日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、

  自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の十七年間(昭和三年〜二十年、東京裁判の審理期間)の一切を、罪悪と烙印することが目的であったに違いない。

  私は1928年から1945年までの十七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。

  この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。

  それを、私は判決文のなかにつずった。

  その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であることがわかるはずだ。

  それなのに、あなたがたは自分等の子弟に、「日本は犯罪を犯したのだ。」「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ。」と教えている。

  満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。

  日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って卑屈、荒廃に流されて行くのを、私は平然として、見過ごすわけにはゆかない。

  あやまられた彼らの宣伝を払拭せよ。

  あやまられた歴史は、書き換えなければならない。

    (昭和二十七年十一月五日、広島高等裁判所での講演)


   << 韓国 韓日文化研究所「朴 鉄柱氏」のことば >> 

  「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗れたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。

  彼等はこの戦争で植民地を全て失ったではないか。戦争に勝った、敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる。

  というのは、クラウゼビッツの戦争論である。

  日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり日本の戦争こそ「聖なる戦争」であった。

  二百数十万人の戦死者は確かに帰ってはこないが、しかし彼等は英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇対象となるのである。

    (昭和四十二年十月)


   << イギリス歴史学者「ウエールズ氏」の言葉 >>

 この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。


   << 米国ハワイ日本経済事務局長・政治学博士
                    「ジョージ・S・カナヘレ氏」の言葉 >>

  日本占領軍がインドネシア民族主義のために行った、種々の仕事の中で、最も重要なものの一つは、正規軍及び准軍事組織を創設して、それに訓練を与えたことである。

    (中略)

  インドネシア人が軍事訓練を受けたことの意義は極めて重要なものであった。

  これが後のインドネシア革命軍の大部分の将校と何千の兵士となり復帰してきたオランダ勢力と独立戦争を戦う際の基盤となった。

  日本によって与えられた、このような機会がなかったならば、戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう。


   << ビルマ元首相「バ・モウ氏」の言葉 >>

  約五十年前、ビルマは三回にわたる対英戦争の結果、その独立を失いえり、英国側はアジアに対する掠奪的野望をもって、これらの戦争を遂行した。

  愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流?、拷問およびしばしば死を甘受して突進して行った、これらの英雄はビルマの生存のため、苦難を受け遂には屍たり。

  ビルマ人はアジアを結合させ、アジアを救う指導者を待望していたが遂に、これを大日本帝国に発見した。

  ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対し、日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものである。

    (ビルマ独立宣言より)


   << インドネシア共和国元首相「モハマッド・ナチール氏」の言葉>>

  大東亜戦争というものは、本来なら私達インドネシア人が独立のために戦うべき戦争だったと思います。

  もしあのとき私達に軍事力があったなら、私達が植民地主義者と戦ったでしょう。

  大東亜戦争とは、そうゆう戦いだったんです。


   << イギリス歴史学者「アーノルド・J・トインビー氏」の言葉 >>

  英国最新良の戦艦2隻が日本空軍によって撃沈されたことは特別にセンセーションをおこす出来事であった。

  それはまた、永続的な重要性をもつ出来事でもあった。

  なぜなら、1840年のアヘン戦争以来、東アジアにおける英国の力はこの地域における西洋全体の支配を象徴していたからである。

  1941年、日本は全ての非西洋国民に対し西洋は無敵でないことを決定的に示した。

  この啓示がアジア人の志気の及ぼした恒久的な影響は1667年のベトナム戦争に明らかである。

    (昭和四十三年三月二十二日「毎日新聞」)


    << マッカーサー元帥の米国議会での談話記録 >>

  (日本には)石油がない、錫がない、綿がない、ゴムもない。

  その供給を全て絶たれたなら、どんな小国であっても戦争を決断する。

    << GHQ参謀部長「C・ウイロビー」 >>


  東京裁判は史上最悪の偽善だ。もし米国が同じ立場であったら日本と同じように戦っただろう。


    << イギリス歴史学者「トインビー」 >>

  第二次世界大戦において、日本人は日本のためよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために偉大な歴史を残した。

  それらの国々とは、日本の掲げた大東亜共栄圏に含まれた国々である。

  日本人が歴史上のこした最大の業績は、世界を支配していた西洋人が「不敗の神」ではないことを示した点である。


    << 中華民国顧問「O・ラティモア」 >>

  日本が立派にやり遂げたことは、欧米の植民地帝国を完全に破壊したことである。


    << 社会学者 H・アミーズ女史 著書「アメリカの鏡・日本」 >>

  東京裁判は正義ではなく、明らかにリンチだ。私達アメリカがどうして日本を罰することができるのか?私には理解できない。


    << ネイール元インド首相 >>

  彼等(日本)は、謝罪を必要とすることなど我々にはしていない。

  それ故にインドはサンフランシスコ講和会議には参加しない。

  講和条約にも調印しない。(52年日印平和条約締結)


    << G・デザイ(印弁護士会会長) >>

  インドの独立は日本のおかげで30年早まった。この恩を忘れてはならない。


    << G・シャフエー(マレーシア外相) >>

  なぜ、日本が謝るのでしょうか?あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が大きな体のイギリス人を追っ払ってくれたではないですか?

  日本なくして東南アジアの独立はありませんでした。

  この日本の尊い犠牲を否定することは、バックミラーばかり見ているようなものです。


    << 仏ドゴール首相 >>

  シンガポール陥落は、白人植民地主義の歴史に終焉をもたらした。


    << ラジャ・ダド・ノンチック(上院議員) >>


  我々ら日本軍を歓迎で迎えた。日本は将来の我々のために多くのものをもたらしてくれた。

  我々は日本から学んだことは「国を守る術」だった。


    << 歴史家 「Z・アビディーン」 >>

  日本軍政はマレー人の独立の種を撒き成長させた。


    << ゴー・チョクトン首相(シンガポール) >>

  日本の統治は過酷なものだった。しかし、日本軍により欧米の植民地支配は粉砕された。

  これはアジアに自信をもたせた。大戦後15年以内にアジアの植民地は全て開放された。


    << オン・サン(ビルマ独立の父) >>

  日本の軍事訓練は厳しすぎた。何度か自殺を考えるほどだった。

  しかし、ラン・グーンが落ちたとき、我々は間違っていないことを確信した。

  1948年8月1日 独立を宣言

  しかし、日本軍の劣勢は彼等の決断をせまる。

  独立維持の密約をイギリスから取り付けたオン・サンは、日本からの離反を決意。同士の説得を開始する。


    << ミン・オン(ビルマ義勇軍設立メンバー) >>

  その判断は正しい。ビルマは生き残る術は他にない。

  しかし・・・・・。私は日本を裏切ることはできない。

  ミン・オンは離反を拒否し自決の道を選んだ。・・・・

  終戦後、イギリスは密約を無視。再植民地化に乗り出すがイギリスはそれが不可能であることを悟った。

  日本とオン・サンらが育てた、ビルマ義勇軍10万が英に立ちはだかった。

  1948年1月4日ビルマ完全独立、式典にオン・サンの姿はなかった。(47年7月暗殺 32歳)


    << 初代ビルマ首相 バ・モウ >>

  「真の独立記念日は1948年1月4日ではない。

  1943年8月3日だ。独立の真の理解者は東條大将と大日本帝国だった。


    << M・ハッタ(インドネシア独立の父) >>

  日本の戦いは8月15日に終わった。我々の戦いは8月17日に始まった。

  オランダは独立の腹いせに、多額の債務インドネシアに要求した。これを、戦時賠償の形でかたがわりしたのが日本であった。


    << サン・パス復員軍人相 >>

  戦争が終わったあと多くの日本人が帰らずに我々と戦ってくれた。

  国軍墓地に葬り、勲章を贈った。

  しかし、それだけではたりないものを、彼等は我々に与えてくれた。


    << アラ・ムジャ陸軍大将 >>

  日本にはあと五年がんばってほしかった。そうすれば中東とアフリカはもっと早く独立できたはずだ。

  中東もアフリカもこんなに苦しまずにすんだはずだ。


   << ナーセル 第二代エジプト大統領 >>


  アジアには日本がいた。アラブには日本がいない。


   << ブン・トモ インドネシア首相 >>

  あの戦争は我々の戦争であり、我々がやらなければならなかった。

  それなのに全て日本に背負わせ、日本を壊滅寸前まで追い込んでしまった。

  申し訳ない。

嘗ての偉人達の証言には日本国の勝手さ、侵略という言葉は出てこない。

これが本来の歴史だと思う。

日本人として誇りを持って生きて行きたい。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
ナイスです。
この動きが広がることに期待したいです。
このマッカーサーの証言とパール博士の主張と一緒に掲載すれば完璧です。
Posted by coffee at 2012年03月31日 09:44
We need to fight against USA imperalism.
日本の独立は未だ遥か遠くにある。軍事独立を
憲法改正を 金融独立を やるべきことは山ほどある、連帯しよう大和民族!
Posted by ishikawa akira at 2012年03月31日 16:54
ハミルトン 腕時計 腕時計 バンド http://www.chloeargue.com/
Posted by 腕時計 バンド at 2013年07月28日 01:33

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

韓国:歴史歪曲と日本の未来「日本が世界から受け入れられないのは歴史的事実を歪曲して教えるから。自業自得です」・慰安婦が性的奴隷?・竹島で日本の政治家が妄言?日本の侵略戦争?大地震で韓国が日本に支援?
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 【日韓】 歴史歪曲と日本の未来〜「日本が世界から受け入れられないのは歴史的事実を歪曲して教えるから。自業自得です」[03/29..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-03-31 09:45
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。