【政治】野田首相「消費税を引き上げることで社会保障の将来像に不安がなくなり、消費が喚起され、経済が活性化される可能性もある」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】野田首相「消費税を引き上げることで社会保障の将来像に不安がなくなり、消費が喚起され、経済が活性化される可能性もある」

野田佳彦首相は29日の参院総務委員会で、30日に閣議決定する消費税増税関連法案に関し「消費税を引き上げることで社会保障の将来像に不安がなくなり、消費が喚起され、経済が活性化される可能性もある」と述べ、社会保障財源としての消費税増税の意義を強調した。

 首相は、増税しない場合について「財政規律を守らない国との間違ったメッセージが出て金利が上がれば、利払いが増える。(増税を)やらないことのマイナスもある」と語った。

 増税反対派の抵抗による民主党内の混乱については「党内のプロセスを経て、政府・民主三役会議で議論し、閣議決定に向けた手順を踏んできた」と述べ、党内手続きに問題はないとの考えを重ねて強調した。



この野田首相の発言は全く信用できない。

仮に社会保障に対しての不安がなくなったとしても、消費を増やせるほどお金を稼いでいる層がどれだけいると言うのか?

もうどこの企業も正社員よりも非正規の社員ばかりでとても余裕など無さそうだ。

どこまで幻想を夢見ているのかとこみ上げてくるものがある。

もはや現実逃避に近いと思える。

逆に考えて消費が増えなかった時の事は考えているのか?

だいたい民主党が実行したことで不安を解消できた事柄なんぞ一つとしてない。

国会の答弁聞いているだけで不安、不安でたまらないよ。

日本国民は今の現状でさえ最低限の生活を強いられているのでこれ以上消費を控える事が出来ない。

従って10%消費増税すれば10%貧困層が増えるだけと私は思う。

こんな事よりも期間限定で、例えば2年間の間だけ消費税を2%にしますよ。と言った方がよっぽど経済が回りそうだし、短期的な資金の調達にはもってこいだと思う。

しかし、期間が終了したときのことをよく考えねばその後が悲惨になるかもしれないのでよく考えねばならないのも事実。

何にしても消費税の増税は今やるべき事ではない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
今消費税率を引き上げる必要なんて全くありません。
どうしても歳入を増やしたいなら、日本経済に悪影響が大きい消費税率の引き上げではなく、テレビ局への「電波オークション」の導入と「電波利用料」の大幅引上げ、広告税導入、朝鮮玉入れ税(パチンコ税)の導入、在日朝鮮商工人の脱税特権の廃止、営利ビジネスを展開している創価学会など宗教法人への課税などを行えば良いのです。
Posted by coffee at 2012年03月30日 20:27

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

【韓国BBS】シャープの筆頭株主が台湾企業に「日本がまた没落」(笑)・韓国の主要企業の大半が外資系・シャープCMの吉永小百合は家永教科書裁判で本多勝一や森村誠一らと家永三郎を支援した反日売国女優だ
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ シャープ「aquos」(吉永小百合) http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=20..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-03-30 20:29
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。