【政治】鳩山元首相「『何も考えていないんじゃないか』と言われるから『腹案がある』と言った」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】鳩山元首相「『何も考えていないんじゃないか』と言われるから『腹案がある』と言った」

 原発事故後、脚光を浴びる再生可能エネルギー。その動きと軌を一にして、蓄電池の重要性も認識されつつある。太陽光や風力などの自然エネルギーは日照や風向きで発電量にばらつきが出る。こういった不安定な発電が送電線網に与える影響も無視できない。

 だが、大規模な定置型蓄電池を設置して電力をためることで、この問題は解決できる。現在も課題になっている昼間と夜間の需給ギャップを平準化することも可能だ。現状ではコスト高を指摘されているが、今後のエネルギー問題を考えれば、蓄電池はカギを握る存在と言える。

 そのことに、国会議員も気づき始めた。

 民主党の一部議員は昨年7月、「蓄電池の普及および蓄電社会システム産業の国策的振興を目指す議員連盟」を設立、定置型蓄電池の普及に向けた勉強会を進めている。3月12日、蓄電池議連の会長を務める鳩山由紀夫・元首相に、大阪府堺市から伊丹空港に向かう車中で構想を聞いた。
(聞き手は篠原 匡)

 福島第1原子力発電所の原発事故の結果、「原子力発電は必要だが、過度に依存した状況は抜け出さなければならない」と感じている方々が増えています。どのようなエネルギーでまかなうのかは、まさに議論が起きているところですが、再生可能エネルギーを迅速に発展させ、実用化していくことは言うまでもないことだと理解しています。

 私は先日、博多湾で九州大学や福岡市が進めている浮体式海上風力発電の実証実験を視察しました。海上に浮かぶ風車は直径3メートルほどの小さなものですが、従来の3倍の電力を発電できるといいます。既存の風力発電と比べて音も小さい。様々な研究者が自然エネルギーに力を入れているな、と嬉しく感じました。

 ただ、多くの再生可能エネルギーに言えることですが、その瞬間の状況によって発電量が大きく変化してしまう。太陽光も風力も、その場の環境に左右されるので、質の高いエネルギーに変える必要があります。その時に、いかにして電力を蓄えるか、本当に必要な時にどう取りだして使うか。その課題を解くカギが蓄電池なんです。日本だけでなく、世界を救う技術になると信じております。

 私は地球温暖化ガスを2020年までに1990年比で25%削減すると提唱しました。この目標を実現するために、2030年までに原子力発電の比率を5割まで増やす必要があった。ところが、現実を見れば、原子力を5割にすることなど不可能です。

 応急措置としての天然ガスと石油を使うことは仕方がないとしても、地球温暖化ガスの削減には挑戦しなければならず、将来的には再生可能エネルギーに頼らざるを得ない。そのためには、コミュニティー単位で「地産地消」的な蓄電社会を築き上げるべきではないでしょうか。それが、日本という国を強靱にすると考えます。

 鳩山氏が率いる蓄電池議連は、再生可能エネルギーの導入や地球温暖化問題だけでなく産業育成の観点からも蓄電池に注目している。

 蓄電池議連が焦点を当てている技術がリチウムイオン電池です。現状、発電所で使えるような大容量のリチウムイオン電池は存在しないと聞いています。また、大容量化した時に、どういう現象が起きるか、必ずしも実証できていない面もある。ニッケル水素電池やナトリウム・硫黄電池などを否定するものでもありません。ただ、いずれにしても、国策的に蓄電池の普及を進める必要がある。

 日本が圧倒的に強かった半導体や液晶は韓国や台湾勢にやられました。高いシェアを誇っていた(ノートパソコン用などの)民生用リチウムイオン電池も韓国や中国が急速にシェアを伸ばしています。今後、勝てる可能性がある最後の領域が、大型の定置型リチウムイオン電池ではないでしょうか。ここに力を入れて産業を育成していかないと。

 蓄電池議連としては、今後2〜3年が勝負だと考えています。この間に、どれだけ実用段階まで持っていけるか。2011年度第3次補正予算や2012年度予算案で蓄電池に関連する予算が確保されました。今後は再生可能エネルギーの特定供給者に対して大規模定置型蓄電池による安定化を義務づけたり、補助金を与えて促進したり、といった流れを作る提言を出していくつもりです。利権あさりのように思われるかもしれませんが、そういう考えはまったくありません。我々は「正義の味方」ですよ。

 経済産業省は1月6日に「蓄電池戦略プロジェクトチーム」を設置し、蓄電池を活用した電力需給の負荷平準化や産業競争力の強化などの議論を始めた。だが、「どうもスピード感がない」(蓄電池議連の辻恵・幹事長)と議連は官僚の姿勢に疑問を抱く。事実、鳩山氏の話も、現状の永田町や官僚機構に対する不満へと移っていった。

 そういう(行き詰まった)時に、風穴を開けるのが政治なんですよ。逆に言えば、我々の力不足かもしれません。もう1つは(官僚に)理屈で勝たないと。実証実験を重ねて、結果を出していかないと進まないという面はありますので。そういった難しさはありますね。

 すべての政策において、政局で政治の意志決定が遅れることは官僚にとってありがたい話。政治が政局でもたもたしているうちに、官僚主導の政策決定に戻ってしまう。こういうテーマこそ政治主導で動かないと。(ざわついた政治の影響で)蓄電池の普及が遅れる可能性は十分にある。そこには注意しなければいけません。話し合い解散? そんなのはあり得ないですよ。

 鳩山政権を自分なりに振り返れば、最初のうちは官僚も「新政権だからお手並み拝見、協力するところは協力しよう」という気持ちだったと思います。ただ、私の知らないところで、徐々に官僚が力を持っていったという感じがしますね。普天間移設の時も、官僚は米国の方を見てやっていた。そこに、自分の力が及ばなかった。

 官僚の抵抗が大きくなったきっかけは事務次官会議の廃止じゃないでしょうか。私は担当閣僚が閣僚会議で意志決定し、役人を排除しながら物ごとを決めようとしました。実際、地球温暖化問題などいくつの問題はこの仕組みでやり通しました。ただ、こういった動きに対して、「このままいくとえらいことになるぞ」と。それが、官僚たちを結束させてしまったのではないでしょうか。

 政権交代を目前にした時期、鳩山氏は米軍普天間飛行場の移設先は「国外、最低でも県外」と主張した。その後、2010年3月に開かれた自民党の谷垣禎一総裁との党首討論で、「私は今、その腹案を持ち合わせているところでございます」と具体的な候補があることを明言。だが、その言葉が致命傷となり、結果として9カ月で退陣することになった。

 「何も考えていないんじゃないか」と言われるから、「腹案がある」と言ったんだけどね。もうこれ以上、普天間の話はしなくていいでしょう。役人とは一切、相談しないでやろうとしていましたからね。今は完全に官僚主導に戻っちゃいましたよ。消費税ひとつとってもそうでしょう。消費税を上げれば経済が死んでしまうよ。

 取材の趣旨が蓄電池関連ということもあるのだろう。政権時代の官僚の抵抗や普天間問題について質問すると不機嫌な表情を浮かべ、口が重かった。およそ30分のハコ乗り。その後、伊丹空港に到着すると、長躯をかがめて関係者に頭を下げ、要人用の出入り口に消えていった。

本記事は車中取材と蓄電池議連の会合での発言をもとに構成しました。

ソースは
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120319/229946/?P=1

2009年 夏
調査日        支持率  不支持率
8月31日―9月1日  71.1%  20.2%  政権交代確定
9月16日―17日   72.0%  13.1%  第一次鳩山内閣発足

日本国民全体の絶大な支持で実現した政権交代。

その結果生まれた鳩山政権。

「何も考えていなかったが『何も考えていないんじゃないか』と言われたので『腹案がある』と言った」この発言には流石に参った。

テレ朝やTBSのコメンテーターですら「腹案が本当にあるんだったら良いですね」と言っていたほどの有様だし、私も疑っていた一人である。

この発言に関してはみんなの想いは一つで、やはり嘘だったという事だ。

これは問題発言だ。

政治家が嘘を言って、日本国を治めようとした事実を認めたのだから。

民主党は政治家としての資質が低い議員ばかり目立つ。

まともな政治家はいないのか?

このような考えの人達もいる始末、民主党議員は本当に信頼を失っているのがよく分かる。

民主党は嘘吐き政党なのだから仕方ない。

そもそも党の分裂が怖くて党内議論を避けている時点で政治家として終わっている。

こんな人が日本の命運を決める最高指導者だったかと思うと、冷や汗が出る。

バスに乗っていて運転手が泥酔状態だと気が付いたときは、きっとこんな気持ちになるのだろうか?

結果からして、党首討論などを見ても民主党の人達は、ほんと人の発言の揚げ足取りはすごく上手と言う事がよく分かり、本人達に策があるのかと思ったら自民党以上になんの策もなかったと言う事に日本国人全体が気づかされた事。

個人を特定して書き記すのは余り好きではないが、このような発言をする人物を国会議員として政界に送り込んでいる、投票権を持っている人達はよく考え、今後行われる選挙では他の候補者に票を入れるべきだ。

鳩山由紀夫の選挙区 「北海道第9区」
・室蘭市
・登別市
・苫小牧市
・伊達市
・胆振総合振興局管内
・日高振興局管内

日本国の首相を経験したものが、例え事実であったとしてもこのような発言をしてはいけない。

お墓まで持って行くべき案件だ。

連日続く国会議員の問題にマスコミは殆ど追求せずに一般の人達は余り知らない。

この洗脳操作とも呼べる現状が有る限り続いて行くのだろうと思うと将来が見えてこない。

まともに仕事をしてくれる政治家は日本国にはいないのだろうか?

国会議員の皆様方、ちゃんと仕事をして下さい。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
蓄電池は、汚染がひどいです。
原子力発電が断トツで最高です。
低コストでクリーンで発電量が凄いのです。
その上、日本で海水や海藻から採取できるようになるのです。
Posted by coffee at 2012年03月23日 20:12

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

植民地支配で残された子孫?韓国メディアが朝鮮学校生徒について虚偽報道・大阪府、朝鮮学校へ補助金を見送り「無償化を無視する日本」・ズバズバ発言するフィフィのツイッターが話題!「政治家になってほしい」の声も
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 在日朝鮮人は自らの意思で日本に残った朝鮮人と、戦後になってから日本に密入国して来た者たちしか居ない http://hea..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-03-23 20:13
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。