【原発問題】事故当時の菅直人首相「60(歳)になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ!」 昨年3月15日未明に発言 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【原発問題】事故当時の菅直人首相「60(歳)になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ!」 昨年3月15日未明に発言

 水素爆発が相次ぎ福島第1原発事故が危機的状況に陥っていた昨年3月15日未明、菅直人首相(当時)が東京電力本店に乗り込んだ際の「60(歳)になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く」などとの発言を、東電が詳細に記録していたことが15日、分かった。

 菅氏の東電訪問は政府の事故調査・検証委員会の中間報告などでも触れられているが、記録からは、東電が第1原発から全面撤退すると考えた菅氏が、かなり強い口調でできる限りの取り組みと覚悟を迫っていたことがうかがえる。

ソースは
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012031501000935.html

菅直人と言う人間ははともかくとして、東京電力は「全員逃げ出したい」と思っていたのではないか?

実際問題、東京電力社員は菅直人、当時の首相がとにかくここでやれと怒りまくったので、「俺らにここで死ねというのか」と言葉を浴びせたそうだ。

要するに福島第一原発には残る気は毛頭なかったのだ。

逃げ出そうと思っていた。

実際、爆発して、避難命令もでていた。

県外に逃げ出した奴もいた。

そいつらがその後に呼び戻されている。

「自分たちは逃げる気は毛頭なかった」というのは記憶の綺麗なすり替えと嘘だ。

全部放り出して逃げ出し、後は米軍にまかせようと思っていたのだろう。

「俺らじゃわからない。もういい駄目だ。」

やる気をなくしていた東京電力に、菅首相がどなりまくって、覚悟きめさせたというのが真相だと思う。

実際、逃げ出した場合、米軍にまかせるのはいいけど、そんなのありなのだろうか?

米軍はあくまで米軍で、日本政府の管轄外だ。

日本人の生命と財産と人生を守るのは日本人と日本政府だ。

米軍にはもっと協力をあおぐべきだったとは思う。

しかし、東京電力社員は逃げることは断じて許されなかった。

日本の運命と責任は東京電力社員にあった。
これは菅直人首相がどういう人間だろうと変わらない。

菅直人元首相が駄目だという事を前提としてもそれ以前に東京電力が根本的に駄目だった。

あの吉田所長が今は、事故原因を創り出した最大責任者だったとわかってきたし、彼が安全対策部長だった本社時代、津波対策を一切、無視してしまったのが発端と言う話しだ。

吉田所長は責任を感じたのであろう。

福島第一原発に残り、福島、日本国を守りきった。

その点で、彼は無罪放免でいいとは思う。

しかし、東電幹部全体の無能さとやる気のなさは許されるものじゃない。

時の首相が有能であろうが、東京電力のような電力会社が無能ならば、何度でも原子力発電所は爆発し日本国を放射能だらけにする事だろう。

東電幹部が検察によって告訴されないというのはとんでもない話だ。

上層部の何人かは有罪になる事件だ。

米軍に任せればよかったという話をよくきくけどベントをやったとき、作業員は、全員顔面蒼白で全員が死を覚悟していたと聞く。

幹部社員が「ベントにいってくれるか」とおそるおそる聞いた時、何人かが手をあげ、それに続いて手をあげたものもいた。

若い人ははずし、高齢者が選ばれた。

実際、何度か失敗したと言う報告がある。

本来手動でベントをやるのでなく、自動装置を使用するのだが、壊れていて作動せず命がけで特攻し、実際、放射能量が限界を超え、何度も失敗し、やっとの思いで成功したと言う事だ。

こんなことを米軍は命をかけて、他国民のためにできたろうか?

米軍に過度な期待をしすぎではなかったのか?

米軍が、「私たちには限界だ。これ以上やったら、死人がでる。撤退だ。」といっても「死んでくれ」なんていえるわけもないし、米軍も無視をして撤退していただろう。

東京電力の言い回しについてこれは許せないと思ったので記す。

全員を撤退させないで、主要の人間は残して全力で復旧作業します。

しかし、それ以外の人間は帰らせてあげたいのですが・・・。

という言い回しだ。

この発言の趣旨はこうだ。

「東京電力社員を退避させたい。」

主要の人間というのは外部の社員達で自社の社員は残さない。

どちらに重きを置いた発言だったのか、これは正直許せない。

自宅から退避させられた福島県民考えたら、東電社員が退避することは相当に非難あびるものだということを東電幹部は認識できていなかった。

無責任そのものだったのは明白だ。

米軍は最悪な場合、福島第一原発の原子炉を爆破させて、放射能をほぼ全部気化させる事で、状況を一瞬にして終了させることも想定していたらしい。

おそらく気化燃料爆弾投下と言う事だろう。

コントロール不能になって、福島第一原子力発電所から全員退避なら、原子力発電所を完全爆破しかなかった。

そのまま暴走させまくっていたら、日本は100%住めなくなる。

それなら、気化爆弾で完全爆破させたほうがはるかに将来の希望がある。

ロボットを使用してはとの話しも有ったが、ベントは100%不可能だろう。

映像や写真を送るのが精一杯で技術力がまだまだ未熟である。

今後、ベントも含め、原子力発電所専用ロボット開発は必須だ。

チュルノブイリ原子力発電所の事故も全然きれいごとではなかったようだ。

旧ソ連軍が機関銃で、威嚇して、突入を命令したという話しだ。

それこそもう、まさに悲壮、死にもの狂い、狂気の状態だったと聞く。

時の菅直人首相が狂気だったのも仕方ない。

ただ、狂気に陥らずとも冷静に突入を支持厳命し、突入予定者に号泣して手をにぎり許してくれ日本のためにというやり方もあったと思う。

人間が死を覚悟して突入するのだから、最大限の国としての敬意を払うのは当然至極だ。

罵倒し、死ねというは多少間違っているが、当時の東京電力の対応が余りにも異常だった事が容易に想像つく。

最初の段階で、最悪で爆破しかないと思っていた。

第4原子炉が水素爆発したら、それしかないと思っていた。

今、この日本国で平穏に暮らせているのは全くの1%くらいの偶然の幸運でしかないと思う。

ありえないくらいの幸運を日本人は拾った。

もう一度記すが、時の首相が有能であろうが、東京電力のような電力会社が無能ならば、何度でも原子力発電所は爆発し日本国を放射能だらけにする事だろう。

この辺りの改革が不十分な状況にある現在の日本国では原子力発電所の運営はするべきではない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
違いますよ。
全員が避難しようとしたなんてことはありません。
居てもしょうがない仕方ない人達が避難しようとしただけで、大勢の東電関係者はそのまま福島第一原発に残って作業を続ける予定でした。
その場に居る必要のない人達をその場から遠ざけておこうとしたことは当然のことであり、そんな人達まで留まらせた菅直人は大馬鹿野郎です。
Posted by coffee at 2012年03月16日 23:23

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

「君が代は国歌ではない」大阪市立中学校の女性教諭(52)が起立しなかった理由述べる・「君が代は国歌として認められない」←「こんな事言う奴は公務員として認められない」・育まれない国旗国歌への敬意・南京問題も悪用
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120314-00001052-yom-soc..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-03-16 23:24
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。