【大阪】「君が代は国歌として認めない」…住吉第1中の女性教諭(52)、起立しなかった理由述べる - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【大阪】「君が代は国歌として認めない」…住吉第1中の女性教諭(52)、起立しなかった理由述べる

 大阪市教委は14日、市立中学校129校で13日に行われた卒業式で、2校の教諭2人が起立をしなかったと発表した。

 橋下徹市長が提案した国歌起立条例が2月末に施行されており、市教委は条例違反にあたるとして処分を検討する。

 また、市教委は14日、市立学校園で今後行われる今年度の卒業式と、新年度の入学式に参加する教職員に対し、起立斉唱を求める職務命令を出すよう校園長に初めて通知した。

 市教委によると、起立しなかったのは田辺中(東住吉区)の男性教諭(51)と、住吉第一中(住之江区)の女性教諭(52)。男性教諭は「拙速に決まった条例への反発で座った」、女性教諭は「君が代は国歌として認められない」と理由を話しているという。

 市教委は昨年の卒業式で不起立者がいなかったため、条例施行後も職務命令を出していなかったが、不起立者が出たことを受け、一律の命令に踏み切る。

 橋下市長はこの日、報道陣に、「議会で決まったルールを守れない公務員は辞めてしまえばいい。本当に腹立たしい」と話した。

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120314-00001052-yom-soci

民主主義のプロセスで決まった法案を認めないのは勝手だけど、それを態度に出して処分されても当然の結果だ。

こういう教師が生徒の内申書を握っているかと思うと、とてもおかしいと思う。

この教師に君が代の元になった和歌は日本という国土の繁栄を願った恋歌であることを教えてやりたい。

必ずしも天皇陛下への歌ではない。

私は君が代、日本国の国歌、国旗が好きだ。

これを聞くと心が洗われていくようだ。

是非聞いてほしい。



一個人として君が代を国歌と認めないのは勝手だが、だから起立しなくていい理由にはならない。

教員にとって学校行事は職務であり公立校の教諭たる公務員なら公務だ。

意図的に公務を果たさない公務員にはその職に就く資格は無い。

即刻免職処分を下すべき。

退職金も出す必要は無い。

自分の信念で職務放棄したのだから。

いつまでも[同意しない]をクリックしていたら、先には進めない。

物事には色々な規約、規制がありそれらを守った上での自由がある。

最低限の守るべき事は守る必要がある。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>女性教諭は「君が代は国歌として認められない」と理由を話しているという。

オマエが「君が代は国歌として認められない」と言うなら、我々日本国民は「お前は公務員として認められない」と言いたいです!

「殺人は犯罪として認められない」とか「納税は義務として認められない」と言うのと同じことです。
Posted by coffee at 2012年03月15日 21:24
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 職務経歴書の書き方 at 2012年03月19日 11:17

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

民主党職員が野次女に暴行!有楽町のマリオン前で、民主党の近藤洋介衆議院議員の街宣内容を批判する女性を民主党職員が暴行 警察が事情聴取・犯人は民主党の国民委員回復部長の中山伊知郎か・新橋駅前事件を彷彿
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 左が今回の暴行事件の犯人と見られている民主党本部の中山伊知郎 http://uni.2ch.net/test/read...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-03-15 21:25

「君が代は国歌ではない」大阪市立中学校の女性教諭(52)が起立しなかった理由述べる・「君が代は国歌として認められない」←「こんな事言う奴は公務員として認められない」・育まれない国旗国歌への敬意・南京問題も悪用
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120314-00001052-yom-soc..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-03-15 21:25
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。