【政治】強毒性新型インフルエンザ予測時、全国民に予防接種へ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】強毒性新型インフルエンザ予測時、全国民に予防接種へ

 政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの国内流行が予想される場合、国民の安全確保のため、原則として全国民に予防接種を行う方針を固めた。

 国内の医薬品メーカーなどと連携し、2013年度に1億3000万人分のワクチン供給体制の確立を目指す。9日の閣議で特別措置法案を決定し、今国会に提出する予定だ。

 政府は、強毒性の新型インフルが流行すれば、国内で最大64万人が死亡すると推計している。

 特措法案では、新型インフルの流行時に、首相が本部長を務める政府対策本部を設置すると明記。予防接種は、対策本部が「新型インフルエンザが国民の生命・健康に著しく重大な被害を与え、国民生活・経済の安定が損なわれないようにするため緊急の必要がある」と判断した場合に実施する。接種対象者や期間は対策本部がその都度検討するが、深刻な流行が予想される場合、持病が悪化する恐れがある患者などを除き、全国民への接種を想定している。
(2012年3月6日14時36分 読売新聞)

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120306-OYT1T00656.htm

この記事を読んで一番初めに感じたのが、出来るならやった方がいいだろう。

しかし、新型インフルエンザの型を特定し、それから1億3000万人のワクチン製造なんて、間に合うわけが無い。

焦って効果の無いワクチンを作ってしまったり、無駄にしてしまったり、想定外の感染症みたいなものがこのワクチン起因で発生してしまうかもしれない。

日本国でインフルエンザワクチンを製造できる企業が4社しかない状況では難しいと感じる。

私個人の思いだが、グラクソ・スミスクラインのような企業であれば輸入して代替え措置としても良いとは思うが、聞いた事の無いような海外企業からの輸入はゴメンだ。

とてもワクチン接種に行きたいとは思わない。

後はこの日本企業4社にどれほどの設備投資が行えるのかと政府が国民の血税とも呼べる税金をいかに無駄にしないかが最大のポイントだ。

今回のこの件も政治と企業の癒着という事だけは辞めてもらいたい。

書きながら思い出したが、事業仕分けで国産インフルエンザワクチンの予算をカットしたのは民主党だ。


適応外使用薬の開発支援653億円が執行停止‐補正予算見直しで
 長妻昭厚生労働相は6日、2009年度第一次補正予算の厚生労働省分の執行停止・返納見込み額を公表した。新薬開発支援事業に係る基金事業753億円については、未承認薬の開発支援100億円は確保したものの、適応外使用薬の開発支援分653億円は執行停止となった。
 厚労省分の執行停止総額は4359億円で、内訳は▽緊急人材育成・就職支援基金3534億円▽未承認薬・新型インフルエンザ等対策基金679億円▽独立行政法人・国立大学法人及び官庁の施設整備費6億円▽その他141億円――となっている。
 未承認薬・新型インフルエンザ等対策基金については、適応外使用薬の開発支援分のほか、医薬品医療機器総合機構の審査員増員など、医薬品等の審査迅速化に充てる42億円のうち25億円が執行停止となる。
 医療機関や薬局に対するレセプトオンライン化支援事業は盛り込まれなかった。ただ、鳩山由起夫首相は各大臣に対し”さらなる組み替え再配分”を求めており、閣議決定までには新たな”切り込み”が行われる可能性がある。
ソースは
http://www.yakuji.co.jp/entry16797.html?ym091008


今更何を言っているのか?と怒りが沸いてきた。

しかも代わりに中国産のワクチンの輸入を奨励している始末。

百歩譲って、何事も一歩一歩と言う事で、この方針は良いとする。

問題は、安全かつ効果があり、確実なワクチンを、どうやってどこから調達するかだ。

私のように中国のような海外企業から輸入したワクチンは嫌だと言う人達も多いと思う。

出来れば全て日本国内でまかなえるようにして頂きたい。

論争の争点という点はこれではないか?後は、予算とかルートとか。

日本国民全てが安心できるようにして頂きたい。

強力なウィルスが拡散傾向を見せれば、世界中でワクチンの奪い合いになるのは必至、だから、これは急いで確立する必要はある。

前回の新型インフルエンザ拡散時に、何をどれだけ学んだか、対応策が練れたのかが勝負の鍵を握っていると思う。

何も学んでいないという事では、前回の新型インフルエンザ蔓延でお亡くなりになられた方達に申し訳がたたない。

『ベクシル 2077日本鎖国』という2007年8月18日に公開された日本のアニメ映画があるが、この物語の中で日本国民全てに安全なワクチンと謳って投与し日本国民を死滅させてしまうような内容がある。

このような事態にならないようにワクチン開発に関わる人達は頑張って頂きたい。







ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
私の会社も毎年インフルエンザ予防接種の希望者に予防接種をしていますが、私は拒否してやっていません。
各自の自由にすすべきです。

ましてや支那産のワクチンなんて、絶対に嫌だ!!
Posted by coffee at 2012年03月07日 21:31
ワクチン接種は意味が無いばかりか、危険であるとの指摘が大分以前からありますね。

『待って!そのワクチン本当に安全なの?』【10分ダイジェスト版】WB3
http://www.youtube.com/watch?v=vP2Jv83WX-w

インフルエンザワクチンは有効だが無用
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/seijinbyou/148infuruenzawakutinn.htm
Posted by at 2012年03月25日 00:45

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

支那大使館が河村市長との面会を拒否!南京事件発言・河村「私の発言は政府見解とほぼ同じ。会ってくれないのはおかしい」・87%が河村市長に好意的・つくる会「河村発言」支持「南京虐殺」の虚構を撃つ緊急国民集会
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 名古屋市の河村たかし市長=名古屋市役所で2012年2月27日 http://headlines.yahoo.co.jp/..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-03-07 21:31
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。