【社会】 女性が結婚相手の男性に求める条件は「三平」・・・女性 「年収は400万円あればまぁいい」星2 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【社会】 女性が結婚相手の男性に求める条件は「三平」・・・女性 「年収は400万円あればまぁいい」星2

 バブル時代、女性が結婚相手の男性に求める条件は「三高」(高学歴、高収入、高身長)だった。しかし、いまは「三平」だという。平均的年収、平凡な外見、平穏な性格――こうした男性を求める女子を“三平女子”と呼ぶそうだ。命名したマーケティングライターの牛窪恵さんに“三平女子”が増えている背景を聞いた。

* * *
 20、30代のシングル女性を調査して、結婚相手に求める条件がバブルのころと全く違ってきているということがわかってきました。高望みをしないし、年収もそれほど重視していない。彼女たちが求めているのは、安心と安定でした。平均的な年収で、平凡な外見で、平穏な性格、つまり“三平”の男性がいいという女性が増えているんです。

 平凡な外見というのは、かっこよすぎるイケメンは浮気の可能性がありますよね、それなら、見た目もそんなにかっこよくなくてもいいと。また、パートナーとケンカをしたくない、余計なストレスを感じたくないという女性が増えていて、結婚相手も平穏な性格がいいと考えるようになっています。

 年収に関しては、できれば正社員で安定した年収がある人がいいのですが、400万円あればまぁいいというのが最近の傾向です。実際、30代で結婚している女性たちは年収300万円台の人と結婚している女性が最多。相手に年収600万円を求めるのでなく、自分も働いて200万円くらい稼いで、世帯年収で600万円あればいいと考えているんですね。

“三平女子”が増えるきっかけのひとつは、リーマン・ショックです。2007年、2008年に婚活ブームがあって、高望みをしているといつまでたっても結婚できないというのを多くの女性が感じていたわけですね。そんななか、2008年秋のリーマン・ショックで、これから不景気の時代になるとはっきりと見えたことによって、さらに安定を望む傾向が強まった。結婚相手として公務員人気が出てきたのもその一例です。

 さらに昨年3月の東日本大震災があって、おひとりさまでいることの不安を感じる人が増えてきた。いつまでも高望みして相手を探しているより、周囲に“三平”の男性がいれば、30才までに結婚して30代前半のうちに子供を産みたいというのがひとつの目安になってきたように思います。女性には出産年齢のリミットがあるので、なるべく早く結婚して出産したいと考えるは当然で、男性とは危機感が違います。

 こうしたなかで“圏外婚”も増えてきています。これまで圏外と思っていた男性にアプローチしている傾向が出てきているんです。昨年、芸能界でも年の差婚ブームというのがありましたが、実際、国の調査でも7才以上年の離れた男性との結婚が増えているんです。そういう男性を圏外とみなさず相手としてターゲットしていくというのは非常に現実的な考え方。アラフォー女性の年下男性ブームもそうです。

 国際結婚もそうですね。以前、国際結婚がブームになったときは相手がヨーロッパ人やアメリカ人という例が多かったんですが、最近は韓流ブームやアジア留学生の増加もあって韓国人や中国人と結婚する女性も微増傾向に。いまは海外の人とも、スカイプでも交信できますし、フェイスブックもありますから、いままでこの人はないだろう、と圏外だと考えられていた人たちにも結婚の対象を広げているのです。女性は、日本人じゃなければ、同じ年くらいでなければ、といっているといい相手がいないというのを暗黙のうちに気づいていて、色々な人たちと交流しているのではないでしょうか。

ソースは
http://www.news-postseven.com/archives/20120303_92336.html

3月1日の【政治】県民所得 1位〜47位発表 沖縄21年ぶりに最下位脱出 全県平均は279万円にも記したが、今のご時世で年収400万でも十分勝ち組と言えるのではないか?

【政治】県民所得 1位〜47位発表 沖縄21年ぶりに最下位脱出 全県平均は279万円
http://kaikaedoki.seesaa.net/article/254876468.html

全国平均の年収が279万円で一番平均年収の多い東京都でさえ400万円を割った390万円だ。

最下位の高知県に至っては平均年収が201万円となっている。

この記事で言われている『平』の半分にしか届いていない。

この普通と言われる層が今や高いハードルとなってしまっている。

それに、今は給料が低いだけじゃ無い。

10年後にその仕事があるかどうかすら怪しい事態で有り、誰もがいつ職を失うかわからないそんな状況だ。

貯金等お金はあるけど、言葉が悪いが不細工親父、見た目は良くても貧乏派遣で低収入。

こんな感じで平均点が「普通」って人はいるだろが、この記事で書かれているような全部が平均点の男、それは世間では「優秀」と言われ探すのは一苦労だ。

女性はいつでも無い物ねだり、私にはそのようにしか思えない。

女性には悪いが、前提として20代女性は選り好みする時間があるが、30代の女性は選ぶ側には回れない。

選り好みしている内に結婚する相手がいなくなってしまう。

言葉が悪いが、運良く拾ってもらえるかどうかの立場。

持論だが、男性に自分の収入に自信が無ければ自らの意志で結婚などと足を踏み出す勇気などでるハズもない。

今の日本国に生きる男性陣の結婚願望の低さはここにあると思っている。

収入に余裕が無いと言う事は普通に生活するにも余裕がないという事になり、女性と付き合ったりする時間や資金がないという事だ。

逆を言えば、収入に余裕が有り資金があれば誰に言われるまでもなく自分から結婚相手を探すだろう。

女性の場合はどうであろうと考えると、高給取りの女性が男性を養っていると言う状況を見ない。

仮にあったとしても長くは続かないだろう。

これには女性のプライドが問題となってきている。

女性はプライドが高く自分より下と決めつけた相手には絶対に尻尾を振らない。

事実、男女平等と旗を揚げ男性から雇用を奪っているのに、男性を養うという考え方はない女性が多数で有ろう。

その傾向のせいで、まともに暮らせない男性が増えていると思う。

例えるなら、男性部屋(いわば労働)と、女性部屋(いわば主婦)があって、それぞれ50人ずつ入る事ができるとする。

ある時女性が、「男性部屋(労働)って、楽しそう!!」と30人くらい、男性部屋に入ってきて、女性部屋と行き来するようになる。

でも、男性部屋からあふれた30人の男性達は女性部屋に入れてもらえず、男性部屋の外に追い出され入る場所がなくなってしまう。

所謂ホームレスや自殺者と言うような社会から離れた存在になってしまう。

女性は男性部屋と女性部屋を自由に行き来出来るのでそのまま存続して行くが、男性と女性の個体数を見てみると、男性20人に対して女性50人という事になりここからカップルを成立させ結婚→子供1人出産とする。

単純な計算で20組の結婚が成立し子供が10人生まれる事になる。
この子供の世代でも同じような事が繰り返されて行く事となり少子高齢化となって行く。

さらに言えば、甲斐性ある男性は低収入或いは収入無し女性とも結婚することもあるけど、甲斐性ある女性は、さらに自分より給料高い男性としか結婚しないことが多い。

つまり、【薄給男性と結婚しない女】が、働けば働くほど、経済格差が広がると言う事。

もちろん、その結果結婚できない男女がドンドン増えて、日本は少子高齢化。

これが今の日本国の状況だと思っている。

まとめるとこのようになる。

『男女共同参画』で女性は働くばかりが推奨され、「結婚、出産・育児の無価値が喧伝」されている現状。
  
若い女性たちが「仕事で自己実現」することや「人生を楽しむこと」ばかりを考え、「結婚や子供を産む気がさらさらない」ことが少子化の最大の原因である。

政府が男女共同参画や女性の自己実現を奨励するなどという「これまでの方針を転換」して、「“結婚”“出産・育児”そのものが女性にとってどれだけ“意義深い”ものであるか」を説くと共に、『家庭育児』を支え推進していくようにしなければ決して子供は増えない。

政府の方針、女性の意識の変化がなければ少子高齢化など解決もせず、このように結婚願望を言うだけで終わりという世の中になってしまう。

男性には男性にしか出来ない事、女性には女性にしか出来ない事がありそれぞれには役目が違うという事をもう一度考え直す必要がある。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
私は転勤で高知に1年半居ましたが、なぜか高知の男はなかなか働きません。
一方、女は良く働き、良く飲みます(酒)。
昔から、高知には「八金」(はちきん)という言葉があって、女が男に勝っている土地柄のようです。
そして、台風災害の補助金で楽して生活しているようです。
Posted by coffee at 2012年03月04日 16:09

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

支那帰還兵の懺悔話の信憑性・「南京で酷い事をしたと懺悔。残念ながら日本兵の悪事は確か」・これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認・ニセ証言者たち・撫順戦犯管理所の洗脳・日本軍の食料調達
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 東史郎日記 当ブログの2月29日付記事のコメント欄に、和久希世さんから次のコメントを頂戴した。 ―――――――――..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-03-04 16:10
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。