【労災】どうか助けて下さい。誰か助けて下さい--入社2ヶ月で自殺した“和民”社員、労災と認定 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【労災】どうか助けて下さい。誰か助けて下さい--入社2ヶ月で自殺した“和民”社員、労災と認定

4年前、大手居酒屋チェーン「和民」で働いていた26歳の女性社員が、入社から2か月後に自殺したことについて、神奈川労働局は、残業が月に100時間を超えるなど過労が原因だったとして、女性の死亡を労災と認定しました。

労災と認定されたのは、大手居酒屋チェーン「和民」で働いていた森美菜さん(当時26)です。

遺族の代理人によりますと、森さんは平成20年4月に「ワタミフードサービス」に入社し、神奈川県横須賀市内の店に配属されましたが、入社2か月後に自殺しました。

遺族は「長時間の深夜勤務や、残業が続いたことが原因だった」などとして労災の認定を申請しましたが、平成21年に横須賀労働基準監督署は仕事が原因とは認めず、遺族が神奈川労働局に審査を求めていました。

これについて神奈川労働局の審査官は、「残業が1か月あたり100時間を超え、朝5時までの勤務が1週間続くなどしていた。休日や休憩時間も十分に取れる状況ではなかったうえ、不慣れな調理業務の担当となり、強い心理的負担を受けたことが主な原因となった」として、今月14日付けで仕事の過労が原因による労災と認定しました。

森さんの両親によりますと、手帳に記された日記には亡くなるおよそ1か月前に「体が痛いです。体がつらいです。気持ちが沈みます。早く動けません。どうか助けて下さい。誰か助けて下さい」と書かれていたということです。

母親の祐子さん(57)は、「一生懸命頑張ってると思っていました。なぜ、もっと早く、苦しんでいることに気づいてやれなかったのかと悔やんでも悔やみきれません」と話していました。

父親の森豪さん(63)は、「娘が自殺に追い込まれたのは、会社に責任があったと認めてくれたことに感謝したい。これをきっかけに従業員を大切にする会社に生まれ変わってほしい」と話していました。

一方、ワタミフードサービスは「決定の内容を把握していないので、コメントは差し控えたい」としています。

ソースは
http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003166661.html

補足
【神奈川労連--労働相談】2010.3.1

就職2カ月で過労自殺 居酒屋チェーン「和民」の26歳女性

異常な長時間労働が原因と両親が労働災害認定を申請

森美菜さんは26才という若さで08年6月に自殺しました。名古屋から希望に胸を膨らませ「和民」(ワタミ)に就職するために上京した2ヶ月後に…こんな悲惨なことになるとは予期しないことでした。

亡き美菜さんは京急久里浜店に配属され(1)一週間の座学後、強制的に長時間労働(2)最大7日間連続の勤務(3)研修もまったくないまま、なれない大量の調理業務(4)休日や勤務終了後もレポート書きに追われ、十分な休息時間がとれなかった(5)体調不良を訴えていたにもかかわらず会社はなんら適切な措置をとらなかった(6)さらに朝3時に閉店後も電車が動いていないため帰宅できずお店にいて始発電車で帰ることとなり、過度な疲労と精神的負担が蓄積されました。

名古屋に住む両親が横須賀労基署に労災を申請。労基署は残業時間100時間を超える労働に従事していたことを認めましたが、業務外と決定しました。その理由は、「心理的負荷評価表」の評価の当てはめかたに、大きな問題があります。美菜さんは一週間の会社の研修が終わり、いきなり交代深夜勤務さらに残業もさせられたことについて、「勤務形態に変化があった」として評価表の1にランク付けされました。そして長時間労働は認めましたが総合評価は「中」であり業務外としました。

「和民」の働かせ方に大きな問題があります。所定労働時間、労働基準法を無視して「長時間労働」「連続した深夜勤務」の常態化により美菜さんは心身ともに疲労困憊し26歳という短い生命を絶ちました。

現在、業務上と認めさせるために、両親は労災保険審査官に対し審査請求を行いました。働くもののいのちと健康を守る神奈川センターは両親といっしょに業務上の認定になるよう奮闘しています。3月下旬には結論が出る予定となっています。皆さんのご支援をお願いします。

ソースは
http://www.kanagawa-rouren.jp/archives/151

ワタミ会長である渡邉美樹氏の有名な発言

2009年1月11日に出演したテレビ番組「TheサンデーNEXT」において、派遣切りにあった若者たちに対し「人のせいにしちゃ駄目。被害者意識が強い」「何故貯金持ってないの、おかしいでしょう」「今まで税金払わないで何考えて生きて来たのか!?」「マスコミは(若者に)過保護すぎる」と発言した。

渡辺は、自社ビルの高層階での会議で部下を叱責する際、「ビルの8階とか9階から、『今すぐここから飛び降りろ!』と平気でよく言う」「どれだけきつく叱っても大丈夫かというのが信頼関係のバロメーター」という趣旨の発言を雑誌「プレジデント」でのインタビューで述べた。そして、部下を暴行するなどし退職に追い込んだエピソードを美談の一部として紹介している。インタビュー内容はロイター通信社のウェブサイトにも掲載された。

テレビ東京の番組『日経スペシャル カンブリア宮殿』にて近年の若者の態度を批判して「よく『それは無理です』って最近の若い人達はいいますけど、例え無理な事だろうと無理矢理にでも1週間やらせれば、それは無理じゃなくなるんです」「そこで辞めてしまうから『無理』になってしまうんです。全力で走らせてそれを1週間続けさせればそれは『無理』じゃなくなるんです」と述べている。

ソースは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E9%82%89%E7%BE%8E%E6%A8%B9

「ワタミ」が一方的に悪いのかどうかは、冷静に考えないといけないが、人命が一つ失われ、労災であると判断された事を大きく受け止める必要がある。

逃げられる人間なら、始めから追い詰められる数手前でこうなることを予期して先手を打って辞めている。

残っているのは、「辞めてしまうとなかなか再就職にありつけない」「どうせ他の会社に行っても同じ」と思い込んでしまって行動に移せないでいるうちに追い詰められていく。

人間の心理だ。

渡邉美樹氏の発言は危険とも取れるものが多く、心理状態によっては真に受け心の病に陥る事もあるのでは無いかとも感じられる。

発言を受ける本人の精神状態を見極め言葉を選ぶ必要があると私は感じる。

超一流企業のAppleはこのように謳っている。

Appleは人権や環境問題といった分野の専門家と連携しながら、サプライチェーンの内部に踏み込んだ包括的な現場監査を主導しています。
こうした監査によって問題が明らかになった場合は、ただちに是正のための措置を講じるよう、そのサプライヤーに直接働きかけます。
http://www.apple.com/jp/supplierresponsibility/auditing.html

ワタミほどの企業となればこの程度の事は本来してこなくてはならなかったのではないか?

渡邉美樹氏は自分の会社の社員が自殺し、世間的に労災認定がでたという事実を重く受け止め今後に生かしてほしい。

経営者の皆様方、ちゃんと現場を見て下さい。

現場で働く一人一人を大事にしていかなければこの日本国は衰退して行ってしまいます。

なぜなら、労働者=消費者この関係は変えられないのです。

内需が崩壊すれば日本国は立ち上がる事も出来なくなるのです。

賃金や労働環境を改善し、社員に余裕を持たせる事で消費が始まり、経済活動がスムーズに進むと考えています。

経営者の皆様だけが私腹を肥やす時代は終わりにして下さい。

自殺された女性のご冥福をお祈り申し上げます。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
これは、どっちも駄目だと思います。
渡辺もやり過ぎで、残業が多いことが良いわけがない。
自殺者も、何も自殺することはない。
Posted by coffee at 2012年02月23日 21:49
はじめまして、お邪魔致します。

深夜というより、朝まで開いてなければならないのでしょうか?飲み屋でしょう?
卸売り市場の食堂ならわかりますけど・・
眠らない夜なんてバブル時代じゃないですし。
雇用の多様化・多種化の甘言の元に、過酷な労働を強いられている人がいるのを改めて思い知らされました。
Posted by せん at 2012年02月25日 10:48

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

再びロートに電凸!竹島の日の前日にCM発表イベントを予定していたが中止・ロート製薬「キムテヒのテレビCMは未定です」・「竹島の日」の式典、閣僚・民主役員の出席ゼロ・日本は韓国に制裁と自衛行動を!
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 竹島不法占拠正当化運動を推進する反日活動家女優キム・テヒを応援する花王やロート製薬を許すな! 2月22日は「竹島の日..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-02-23 21:50
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。