【毎日新聞】 与良正男「田中防衛相に対する質疑を聞いていて、これほど暗たんとした気持ちになるのはなぜだろう」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【毎日新聞】 与良正男「田中防衛相に対する質疑を聞いていて、これほど暗たんとした気持ちになるのはなぜだろう」

熱血!与良政談:再び政治の劣化について=与良正男

 悪い予想だけはよく当たる。

 先月の本欄で田中直紀氏の防衛相起用についてこう書いた。「野党は来週から始まる国会で格好の標的とするだろう。『田中さん、○○を知ってますか』と、最近流行の能力判定テストのような質問に多くの時間が費やされるのは目に見えている」と。

 予想を超える悲惨な状況である。憲法と自衛隊の関係といった基本質問に答えられない。野党の質問者が「硫黄島」をどう読むか、聞く。秘書官が「いおうとう」と書いたメモを田中防衛相に渡そうとすると、質問者は「メモを渡すな」と叫ぶ。もはや、見るに堪えない。

 実際には衆参の予算委員会は、自民党や公明党などの中堅どころが質問に立つ際には、消費増税や年金問題など、相当突っ込んだ質疑もされている。それをあまり報じないマスコミもいけないが、国会質疑を本筋に戻すためにも、田中氏は一刻も早くお辞めになった方がいい。

 言いたい話はここから。先月の本欄では資質を問われる閣僚は当選回数を重ねたベテランが多く、それが深刻だとも書いた。実はこの時「当選させ続けた有権者にも責任があるかもしれない」と付け加えようとしてやめた。第一に本人の責任だし、その人を候補者にする政党の責任だし、まして閣僚となれば、今回の野田佳彦首相に見るように任命者の大きな責任だからだ。

 マスコミの責任もある。私たちは何か問題が起きない限り、「その人は能力がない」とは書かない。役職に就かなければ、その人が日ごろ、どんな議員活動をしているか報じる機会も少ない。さらに新人候補となると、有名人は別として、その人となりを伝えるのは難しい。有権者の判断に足る情報を提供しているとはいえない。そんな反省もある。

 でも、それが分かっていても、田中防衛相に対する質疑を聞いていて、これほど暗たんとした気持ちになるのはなぜだろう。それは選んだ国民自身がおとしめられているような気持ちになるからではないかと、堂々めぐりのように考えるのだ。

 1月6日の朝日新聞に掲載されたインタビューで作家、半藤一利氏は「政治家が劣化するのは国民が劣化しているからだ」と厳しく断じたうえで、「国民のレベルが上がれば政治家も上がる」と語っている。

 私にはなかなか言えない言葉だが、私もそう信じたい。(論説副委員長)

ソースは
http://mainichi.jp/select/opinion/yora/news/20120208dde012070009000c.html

自民党から民主党への政権交代は、あきらかにテレビがつくりだした。

ワイドショーやニュースは麻生政権のバッシングに躍起になり実際の政策よりも、 麻生首相が自腹でホテルのバ―に通っている事や、漢字を読み間違えただの、カップ麺の値段を200円かそこら間違えたのは庶民感覚がないだの、本当にどうでもいい話題だけをくり返し、支持率の下落をはやし立てまくった。

民主党には、金権政治とは無縁なクリーンな政党で、自民にかわる 「 新たな保守の受け皿 」 として視聴者が受け入れるような演出ばかりしてきた。

そして国民は洗脳状態に陥り、民主党への政権交代を実現させてしまった。

最初は日本国民全てがこれで良い方向へ行くとみんな思っていた。

しかし、実際は全く違い、苦悩の日々へと変わったしまった。

記事のこの部分が全てで有ろう。

マスコミの責任もある。私たちは何か問題が起きない限り、「その人は能力がない」とは書かない。役職に就かなければ、その人が日ごろ、どんな議員活動をしているか報じる機会も少ない。さらに新人候補となると、有名人は別として、その人となりを伝えるのは難しい。
有権者の判断に足る情報を提供しているとはいえない。そんな反省もある。

マスコミが全てこのような考えになり、もっと良質な報道をすれば、選挙に行く日本国民も増え、選挙で選ばれる人物にも変化が表れたりたりして良い方向へと進んで行くのではないかと思う。

今日も国会審議でいろいろやってくれたらしいよ。

田中防衛相。

あまりにもグダグダの答弁にゲンバ外相がしびれを切らせて、替わって答弁をしようとして「所轄が違う。ダメダメ!そりゃまずいだろうが!」って石井委員長が怒りだす始末。

テレビでやっているお笑い番組よりよっぽどおもしろいし、こんな人間が国会で私たちの将来を決めているのかと思うと正直辛い。

国家の安全保障がこれほど重要課題になっている時期にも関わらず、基本的な知識もない田中直紀氏を防衛大臣に任命した野田佳彦首相は異常だとしか考えられない。

こんな民主党政権が後どれくらい続くのだろうか?この民主党政権は未来では失われた4年間とでも言われているのではないかと私は思う。

それほど自民党から民主党への政権交代は意味が無く、日本国後退への大きな舵をきってしまったそんな感じだ。

次回の選挙時には国民一人一人がキチンと勉強し、本当に日本国を変えようとしてくれる人物に投票するようになれば良いとそんな風に思った。

期待するのは大阪維新の会の橋下徹氏。

橋下徹氏には期待を裏切らないように頑張って頂きたい。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんにちは。
本当に、国会議員のレベルが低下をしていますよね。全く同感いたします。
ただ、橋下大阪市長の国政進出は、あの小泉元総理の時のように、国民を裏切る行為とならないでいただきたいと思います。聞くところによると、橋下氏は外国人参政権とTPPに賛成しているようですし、彼の思想がまだよく分かっていないのに、人気が出ているのも非常に危険です。小泉人気は、アメリカがマスコミを操作して国民を騙したのですから。今回も十分に橋下氏の思想を見極めた方がいいと思います。
Posted by obachan at 2012年02月09日 09:32
obachanさんコメントありがとうございます。

橋下徹大阪市長の今後の政策実行次第で評価がまた変わると思います。

確かに思想を注意深く見極める必要があると感じます。

大飯原発の稼働問題でどのように橋下徹大阪市長が動くかが最初の見せ場かなと私は思っています。

今後に期待していきましょう。
Posted by トモくん at 2012年02月09日 22:34
マスコミが反日左翼や在日朝鮮人や創価学会や特亜の工作員などに支配されていることは事実です。
問題は、テレビや新聞はめったに嘘を吐かないと思い込んでいる国民です。
国民は、テレビや新聞が嘘ばかり吐いていることを知り、肝に銘じるべきです。
Posted by coffee at 2012年02月10日 01:02
与良さんなんて 何の説得力もない。
毎回毎回 マスコミはいじめのターゲットを見つけたりと、攻撃を始めただけ。
いじめの お手本を毎回見せられているみたい。

橋下さん 誰だって期待するでしょ。
出来なくても 対決してる。

普通 会社が借金まみれでつぶれそうなら 給与半額でも仕方がない。公務員は給与も
退職金も年金も民間並みに引き下げるのが
普通。労働組合がどんなに強くても。

財務省は本当に消費税を引き上げたければ、まず先頭に立って霞が関の身を切る姿勢を示さねばならなかった。人事院も説得すべきだった。これは 毎日毎日テレビでとりあげるべきだった。消費税上げてもしょうがないと思っていた私も、これだったら税金も年金も払いたくないになる。
マスコミは社会正義が無さすぎる。

Posted by lplp at 2012年02月10日 15:38
lplp さんコメントありがとうです。

マスコミは社会正義が無さすぎる。

これに尽きますね。

また来て下さい。
Posted by トモくん at 2012年02月10日 18:03

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

GKB続報とAKB母淫行・自殺対策「GKB47」撤回=ポスター廃棄、300万円無駄に・蓮舫と秋元康が画策!AKB48起用も・電通?岡田克也謝罪なし・AKB高橋みなみ母が淫行容疑で逮捕された!相手は15歳の少年だった
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 自殺対策「あなたもGKB47宣言!」やはり変更に(2月7日夕方「スーパーニュース」) 蓮舫と秋元康が画策!AKB48..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-02-10 01:02
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。