【拉致問題】 橋下市長「不法国家である北朝鮮と付き合いは一切しないという意思示せ。大阪では許さない」…政府に注文 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【拉致問題】 橋下市長「不法国家である北朝鮮と付き合いは一切しないという意思示せ。大阪では許さない」…政府に注文

 大阪市の橋下徹市長は5日、市内で開かれた北朝鮮による拉致問題を考える集会であいさつし「政府はもっとはっきり意思を示してほしい。何がしたいのかさっぱり分からない」と政府の対応を批判した。

 市長は「大阪府、大阪市では拉致問題は許さない。不法国家である北朝鮮が正常な国になるまで付き合いは一切しないという意思をはっきり示していきたい」と強調。自身が府知事時代に打ち出した朝鮮学校に対する補助金支給要件の厳格化を上げ「全国の自治体でやればできる。これぐらい国が何で指示を出せないのか」と指摘した。

 集会に先立ち橋下市長は松原仁拉致問題担当相と会談。松原氏は朝鮮学校の補助金厳格化について「他の都道府県も大阪の先例に大きく学ぶべきだ」と評価した。松井一郎大阪府知事も同席した。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120205/plc12020517010004-n1.htm

日本人拉致に関与した朝鮮学校の校長がいるのをご存知だろうか?

原敕晁さん拉致の犯人として国際指名手配の朝鮮学校校長・金吉旭。

朝鮮学校校長・曹奎聖は北朝鮮と共謀した覚醒剤の密輸で国際指名手配。

朝鮮学校の校長は朝鮮総連の幹部であり、まさに思想工作の張本人なのだ。

北は新体制&春窮でカネも食うものも全く無い。

自業自得・身から出た錆である。

朝鮮総連へのカネの無心がどんどんエスカレートしているようだ。

命令されたまま北朝鮮本国に朝鮮総連は送金しなければならないという話しがある。

朝鮮学校へ補助金が支給されれば、そのカネは「100%」北朝鮮に送金される事になる。

それが、日本人拉致の軍資金や核兵器・長距離ミサイルの開発の資金になっている現実がある。

橋下徹大阪市長の言い分はもっともだ。

このような政治家を待っていた。

今の日本に必要なのは強いリーダーシップで迅速に仕事をする政治家。

日本の国益第一に意見を言い、政策を打ち出せる政治家。

橋下徹大阪市長のように国政を行う政治家の皆様も頑張って頂きたい。

この勢いで、竹島を不法占拠している韓国にも不法占拠を止めろと発言してほしい。

メディアの取り上げ方が変わり、経済にも大きな影響を与えるだろう。

経済制裁や国交断絶とは言い過ぎだが、日本国の復活には一番の近道かもしれない。

日本国は韓国に良いようにやられすぎだ。

韓国の企業と手を結ばなくとも日本の企業には戦っていく力があると私は思っている。

技術提供などは取りやめにし、国内企業同士での共闘を願う。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんは。
今朝日本へ一時帰国致しました。
ハシモト頑張れっす。

Ps:荒らしにでも来られましたのでしょうか?

Posted by ケンケン at 2012年02月06日 18:42

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。