【政治】 石原新党の基本政策判明 「国軍保持」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】 石原新党の基本政策判明 「国軍保持」

 東京都の石原慎太郎知事が、たちあがれ日本の平沼赳夫代表らとともに結成を目指す新党の基本政策の草案が2日、分かった。「国のかたち」「外交・防衛政策」「教育立国」など7分野で構成され、憲法9条改正や、首相公選制−を明記。保守色を前面に押し出した内容となる。

 基本政策は、7分野29項目あり、項目ごとに具体策を明記。前文では「グローバリゼーション」や「地球市民社会」などを幻想と断じ、「一国家で一文明」の日本の創生を訴える。

 憲法改正に関しては、9条改正による国軍保持▽国会一院制と大選挙区制導入▽改正手続きを定めた96条の改正−を掲げる。

 外交・防衛分野では「自立日本」を掲げ、日米同盟の深化▽防衛産業の育成▽「南西防衛戦略」推進▽核保有に関するシミュレーション−などを明記する。

 経済・財政政策は、100兆円規模の政府紙幣発行、国の財政の複式簿記化−など。エネルギー政策としては2040年までの原子力エネルギーゼロを掲げる。このほか、国家公務員3分の1削減▽平成版教育勅(ちょく)語(ご)起草▽フラット税制−なども盛り込まれる。



これからの日本国は超高齢化社会なので、働き世代の徴兵は労働力を必要とするので社会経済的にも現実的ではない。

ただし、有事の際に国軍に労働力を集中させる為には絶対に考えておかなければならない事である。

平時は志願制の軍でよいが、いざという時の為に身体検査くらいはやっておく必要がある。

常備軍もいざという時の急拡大に備えた編成にしておく必要があると考える。

さすがに核武装と徴兵制を持ち出したら選挙には勝てないというのが現実の日本社会だろう。

公明党が関わってくるとしたら、自公政権時代から公明党は徴兵には反対だからなおさら辛い選挙になりそうだ。

しかし、今の日本国を変える、変革をもたらす為には徴兵制度も良いのかもしれない。

精神と肉体を鍛えるという面では最高の場所だ。

今の若者は、私が思うに権利ばかりを主張し、義務を果たさない。

そのように感じてしまう。

これには賛否両論がありそうだが・・・。

ニートという存在事態がおかしい。

先ずは社会に出て働くと言うことをするべきだ。

働き口が無いと主張する人が多いが実際にそうなのだろうか?

選り好みしすぎなだけでは無いのだろうか?

就職しても自分に合わないからと2、3ヶ月仕事を辞めてしまう若者が多すぎる。

これらの層が頑張る人材になるだけで日本国が劇的に変わるのでは無いかと私は思っている。

夢を追うのも良いが、現実を見つめ、夢を諦める決断も必要と私は考える。

万人が皆夢を叶えられるそれは不可能なのだから。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
>さすがに核武装と徴兵制を持ち出したら選挙には勝てないというのが現実の日本社会だろう。

そこを打破しないと日本はどんどん駄目になります。
実際には、今の日本に徴兵制は不要です。
ただし、核武装は必要不可欠です。
石原新党は、堂々と核武装を公約に掲げて選挙を戦うべきです。
Posted by at 2012年02月05日 12:36

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

石原新党、核保有、国軍、男系存続、政府紙幣、エネルギーなどに関する基本政策・日本国憲法は改正するより無効化すべき・核武装は実現を急ごう・原子力エネルギーゼロには疑問・「維新政党・新風」との差異
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120203-00000084-san-pol..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2012-02-05 12:36

ネット新党「富国日本党」立党
Excerpt: ロベルトは、2012年2月1日にネット新党「富国日本党」を立党しました。 同時に立東徹氏との共同代表に就任しました。 皆様、宜しくお願いします。 キャッチは、以下の通りです。 ..
Weblog: 政治の本質
Tracked: 2012-02-05 21:17
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。