【裁判】「たまたま手元に4億円」…小沢氏に被告人質問 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【裁判】「たまたま手元に4億円」…小沢氏に被告人質問

 小沢一郎民主党元代表(69)の資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢被告の第12回公判が10日午前、東京地裁で開かれ、被告人質問が始まった。

 小沢被告は「私の関心は天下国家。政治資金収支報告書を見たことは一度もない」などと述べ、元秘書との共謀を改めて強く否定した。また、土地購入に使われた自身の4億円の出所について、出版した本の印税などを挙げた。

 同日午前は弁護側の質問、午後から検察官役の指定弁護士の質問が始まる。

 公判では、陸山会の土地取引を巡り虚偽記入をした同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)ら元秘書3人(1審有罪、控訴)と小沢被告との共謀の有無が最大の争点。元秘書との関係について、小沢被告は「私は政治のことに集中していた。(経理の問題に)私が干渉しては任せた意味がない」と述べた。

 指定弁護士側は、陸山会が2004年10月に小沢被告の現金4億円で土地を購入したのに、同時期に銀行から受けた融資のみを収支報告書に記載し、小沢被告の4億円は記載しなかったと主張する。

 小沢被告は、土地購入の際に4億円を石川被告に手渡した理由について、「秘書寮を建てるには4億円が必要で、全額を政治団体から払うと運営に支障を来すと言われたから。たまたま手元に4億円があった」と述べた。この4億円の出所について、これまで預金などと説明してきたが、「親から相続した不動産の売却益のほか、印税や40年以上の議員報酬などが基になった」と説明した。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120110-OYT1T00260.htm

たまたまあった4億円の現金の存在を分からなくするために、銀行から4億円の現金を担保に4億円を借りましたが、秘書とは共謀していません全て任せていたことです。

こればかりは秘書が可哀想だ。

こんな事が主人である小沢一郎氏の支持なしに出来るはずが無い。

今時その使い古されたセリフかよ…小沢さん

私は何も知らない全く関係ない
私は一切関わってもいないし知らなかった
秘書が勝手にやった事だかよ…

もはや苦しいだろう。

こんな責任の擦り付け合いとかは、世間は誰も信じてない。

こんなお決まりのセリフ。

小沢一郎という政治家には期待する部分も多かったが、このようなシラの切り方には甚だ頭に来る話だ。

政治家として生きて行く為には、これらの案件を一つも認めてはいけないと言う事は分かるが、もっとましな言い回しは出来なかったのだろうか?

政治活動にはお金が掛かる。

民主党の鳩山氏のようにお金が沸いてくる家庭ならともかく、小沢一郎氏のように最初から大金を持てる状況にない政治家には、金額の大小はあるとしても皆にある話ではなかろうか。

政治家小沢一郎は暗殺されたと言う人が居るが、まさにそれに値すると言える。

この裁判は長引きそうだ。

この裁判は誰にもメリットがない。
強いて言うなら、この小沢一郎という人間が存在していたら困ると思っている人間達が喜ぶくらいだろう。

世間的には、政治家という職業の信頼性やらなんやらが落ちて行き、政治家など信用ならんと言う風潮だけが残るそんな感じだ。

何にしても早く解決することを祈る。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。