【電気機器】サムスン、日本のテレビ市場再参入検討 スマホ「ギャラクシー」でブランド力が高まったと判断した模様 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【電気機器】サムスン、日本のテレビ市場再参入検討 スマホ「ギャラクシー」でブランド力が高まったと判断した模様

 薄型テレビで世界最大のシェアを持つ韓国のサムスン電子が、2007年に撤退した日本の薄型テレビ市場への再参入を検討していることが3日、同社関係者の話で分かった。

 3D(3次元)やインターネット接続機能を持つ高機能液晶テレビを市場開拓の主力商品に考えているもよう。シェア2位の韓国LG電子は10年に再参入しており、日本市場で韓国勢の攻勢が強まりそうだ。

 サムスンは10日から米ラスベガスで開かれる国際展示会に、省エネ性能が高い有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビで世界最大級の55型を出品。東日本大震災後の電力不足で省エネ志向が強まる日本にもアピールする戦略とみられる。

 米調査会社ディスプレイサーチによると、11年7〜9月期の薄型テレビ売上高のシェアはサムスンが22.8%。2位のLG電子(13.1%)、3位のソニー(9.9%)、4位のパナソニック(8.4%)を引き離す。

 サムスンは02年に日本市場に参入したが、知名度不足でシェアが1%に満たず07年に撤退。スマートフォン(高機能携帯電話)「ギャラクシー」のヒットでブランド力が高まり、シェア獲得が望めると判断したようだ。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120104/bsk1201040501002-n1.htm

スマートフォンを購入する時、みんな「DoCoMo」から販売されているGALAXYとして認識、購入しているだけなのに、何勘違いしているのか?

韓国、サムスン電子製のスマートフォンを最初から狙い打ちで購入している人も少ないはずだし、GALAXYがサムスン電子の製品だと認識している人も多くはないはずだ。

DoCoMoのユーザー中にはAppleのiPhoneを使いたいが、取扱がなく似ているGALAXYの購入をしたという人も要るのではなかろうか。

iphone4-vs-galaxy-s-head.jpg



DoCoMoの後ろ盾が有ってこその現在の販売台数の維持、シェアの獲得となっていると私は考える。

仮にサムスン電子のGALAXYが他のキャリア、ソフトバンクやAUからの販売となっていたら殆ど売れはしないだろうと推測する。

スティーブ・ジョブズの考えたAppleのiPhoneはそれほどまでに素晴らしいものだと思うし、両者が同じ店頭で並んでいた場合だが、GALAXYを購入する人はまず居ないだろう。

この記事のようにそれほどサムスン電子の知名度、ブランド力は高くはない。

だいたい殆どの世帯では地デジ移行が終了して、ほぼ飽和状態にあるテレビ市場に今の段階で再参入って、サムスン電子の経営者は何を考えているのか全く理解できない。

国内メーカーである、ソニー、パナソニック、シャープ、東芝などの薄型テレビも安売りされていて好きこのんでサムスン電子製の薄型テレビを購入しようと考える人など居ない。

同じようなスペック、価格で店頭販売されていた場合の殆どでは、国産メーカーの薄型テレビを購入するのではないかと考える。

家電量販店ではなく、ホームセンターやスーパー等で、32インチ15800円ぐらいで売れば、ある程度シェアがとれると思うが、勘違いした高級価格路線では、また負け惜しみ言って逃げ出すことになると私は考える。

後は後ろ盾が問題だ。

もし仮にヤマダ電機のような大型家電量販店の後ろ盾を得ることが出来、売り場面積の確保や、各店員のアピール状況によってはもしや・・・。 

とも考えるがどうなることであろう。

この先が楽しみだ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。