【統計】出生数戦後最少105万人 人口減少過去最多の20万人 厚労省人口動態統計 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【統計】出生数戦後最少105万人 人口減少過去最多の20万人 厚労省人口動態統計

 厚生労働省は31日、平成23年の人口動態統計の年間推計を発表した。出生数は出産適齢期の女性の減少などで105万7千人となり、昭和22年の統計開始以来最少となる見通し。死亡数も東日本大震災の影響もあって126万1千人と過去最多に拡大し、日本在住の日本人の人口は、20万4千人減少することになる。

 20万4千人の人口減少は初めて自然減が10万人を突破した前年(12万5千人)を大幅に上回り、戦後最大の減少幅となる。厚労省は人口の高齢化で今後も毎年、自然減の拡大が続くと予測しており、本格的な人口減少社会の到来がデータの上からも裏付けられる格好となった。

 人口動態統計の年間推計は、1月から10月までの速報値を基に1年分を推計した。婚姻件数は前年より約3万組減り、過去最少の67万組に低下した。厚労省によると、平成23年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の平均数の推計値)は前年(1・39)と同程度となる見通しだ。 

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120101/plc12010105010004-n1.htm

日本以外のほぼすべての国では、人口が増加している現状があるのに、日本国は現象の一歩を歩んでいる。

少子化対策を放置してきたツケという奴だろう。

少子化担当大臣は仕事をしているのであろうか?

なんの手も打たずにただ見ているようにしか思えない。

所詮民主党には無理なのであろう。

このようなデータも有るので見てほしい。

c00140fa-s.png


2005年(平成17年)までの統計しかないがこちらも異常な状態であると言える。

人工妊娠中絶数が30万件、数字的には年々改善されているように見えるが、まだまだ許せるレベルではない。

昔よりは色々と教育が進み望まない妊娠は減ってきてはいるのだろうが、これでもまだ多すぎると私は考える。

年間100万人の出生数に対して30万人の人工妊娠中絶、これを改善できれば少子化対策は一気に、革命的に改善されることであろう。

人工妊娠中絶を行う本人達の気持ちなど分からないが、望んでも妊娠できない人たちも居ると言うことをよく考えてほしい。

安易な性交渉だけは避ける事が必要だと思う。

最後に極論だが、こればかりは批判が多いと思うが気分を害された人はスルーでお願いしたい。

私はやはり女性には女性の、男性には男性のと言うようにそれぞれにしか出来ない事があるという事を再認識し、女性の社会での労働をある程度禁止する必要があると考える。

子供を産むと言うことは男性にはする事が出来ない。
女性にしか出来ない事である為に、女性に子供を産んでもらうしかない。

これが必ずしも良いとは言えないが、結婚して子供産まなきゃ生きていけない戦前の体制。

女性の労働者が減り、男性の雇用の安定化にもなり、男性の経済力が増し子育ても順調に進む・・・一石二鳥の策。

今の世の中ではなかなか難しい案件だが、極論はこれしかないのではないか。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。