【経営者】心に響いたスティーブ・ジョブズの名言ランキング - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【経営者】心に響いたスティーブ・ジョブズの名言ランキング

 今年の10月、アップルのスティーブ・ジョブズが亡くなったという衝撃的なニュースが世界中を駆け巡りました。アップルファンはもちろんのこと、カリスマ的な経営者として高い人気を誇っていたスティーブ・ジョブズの死は、多くの人にとってショッキングな出来事だったのではないでしょうか。自らの信念を貫き通し、“世界を変えた”と称されるスティーブ・ジョブズが発した数々の言葉の中で、多くの人の心に残る名言とは!?

 最も多くの人の心を動かしたのは《マニュアルは、小学校一年生にも読めるようにすべきだ。》というシンプルかつ核心をついた言葉でした。今年話題になった「iPhone4S」をはじめ、Apple製品には分厚い説明書はなく、分かりやすいUIで“直感的”に操作できるというのが大きな特長です。この名言は、分厚いマニュアルが必要な従来の製品への批判ともいえ、ジョブズの思想を端的に示した言葉といえるのではないでしょうか。ジョブズが徹底的にこだわり、極限までそぎ落とされたデザインがApple製品の “直感的”な操作を実現しており、そこからジョブズのこだわりや強い信念を感じ取る人は多いのかもしれません。
 1位と僅差で2位に選ばれたのは《ハングリーであれ。愚かであれ。》という言葉。これは伝説のスピーチと呼ばれ多くの人に影響を与えたスタンフォード大学の卒業式での演説の中でジョブズによって引用された言葉ですが、今ではジョブズの名言として多くの人に知られることとなりました。この伝説のスピーチで語られた言葉は他にもあり、《今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをやりたいと思うか?》など、心に残る名言がいくつも生まれています。

 シンプルかつ示唆に富んだスティーブ・ジョブズの名言は多くの人の心に強く訴えるものがあり、それゆえ彼が亡くなった後も彼の言葉によって勇気づけられる人も多いのではないでしょうか。独創性に富んだスティーブ・ジョブズは多くの人が憧れる存在であったと同時に、その完璧主義者ゆえの冷徹さや変わり者としての一面も持ち合わせており、今なお多くの人の関心を集めています。そんなジョブズの素顔に迫ったドキュメンタリー番組が『NHKスペシャル』として明日12月23日に放送されることが決定。数々の名言を残したジョブズの人生に興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

■心に響いたスティーブ・ジョブズの名言ランキング

1位 マニュアルは、小学校一年生にも読めるようにすべきだ。
2位 ハングリーであれ。愚かであれ。
3位 何かを捨てないと前に進めない。
4位 あの世で1番の大金持ちになっても意味はない。今日は素敵なことができたと思いながら眠りにつくこと。僕にはそれが重要だ。
5位 自分の居場所を自分でつくるんだ。
6位 私がこれまでくじけずにやってこれたのは、ただひとつ。自分がやっている仕事が好きだという、ただそれだけなのです。
7位 今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをやりたいと思うか?
8位 昔を振り返るのはここでやめにしよう。大切なのは明日、何が起きるかだ。
9位 即戦力になるような人材なんて存在しない。だから育てるんだ。
10位 死ぬときに子供に巨額の金を残したいとは思わない。子供の人生を台無しにするだけだからね。
11位 とにかくベストを尽くす。できなくなるまでずっと。
12位 消費者に、何が欲しいかを聞いてそれを与えているようではダメだ。完成するころには、彼らは新しいものを欲しがるだろう。
13位 オーケー、誰も助けてくれないなら自分たちでやるまでだ。
13位 この地上で過ごせる時間には限りがある。本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、2つか3つくらいしかない。
15位 探し続けなくてはならない。妥協はダメだ。
15位 改革はトップからはじめなければだめだ。
17位 仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。
17位 信じなくてはいけません。信じるものを持たなければなりません。
19位 安全にやろうと思うのは一番危険な落とし穴なんだ。
20位 キャリアではない。私の人生なんだ。

ソースは
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/014/jobs01/

1位 マニュアルは、小学校一年生にも読めるようにすべきだ。

私はやはりこの名言だと思う。

なぜなら、知識や経験だけでなく感性や洞察力を駆使した工夫を要求していると考えられるから。

専門家の肩書きを持つ人の中でも、この指示に応えられる本当の有能者はごく一握りだろう。

噛み砕いていうと『ただ歳を食っただけのオッサン』には出来ないことを要求していると考えられる。

色んな種類のマニュアルがあるが、小学一年生が読めて理解できるマニュアルが出来ればそれは万人にも伝わるという事。

製品を作る以上はその製品を理解して貰い適切に使用してもらう必要がある。

メーカーの終わる事の無い試練だと思うし、このマニュアル作りというのは相当難しいと思う。





ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。