【軍事産業】FXにF35を選定 最新鋭のステルス戦闘機 42機を調達 国内防衛産業が製造過程に関与できるのは限定的か - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【軍事産業】FXにF35を選定 最新鋭のステルス戦闘機 42機を調達 国内防衛産業が製造過程に関与できるのは限定的か

 政府は20日午前、老朽化で退役する航空自衛隊のF4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機(FX)に、米英などが共同開発する最新鋭ステルス戦闘機F35ライトニング2(米ロッキード・マーチン社製)を採用することを決めた。首相官邸で開いた安全保障会議(議長・野田佳彦首相)で決定し、閣議了解した。

 今後、42機を調達する。政府はF4の運用が限界を迎えるとされる平成28年度末までの完成機引き渡しを求めているが、機体の不具合による開発の遅延が指摘され、間に合うかは不透明だ。F35の配備が遅れることになれば、空自戦闘機の配備体制に影響が生じかねず、懸念を残したままの選定となった。

 F35は、敵のレーダーに捕捉されにくい高度なステルス性と、味方同士で敵機の情報を共有できる「データリンクシステム」を搭載し、今回のFX候補で唯一の「第5世代戦闘機」に分類される。

 政府は、日本領空への接近を繰り返し、第5世代機の開発を急ぐ中国やロシアに対する「抑止力」には、高性能のF35の導入が不可欠と判断した。また、米空軍もF35を1763機調達することから、同機種の最新鋭機を選定することによって日米間の相互運用性(インターオペラビリティー)の向上が見込めることも選定に有利に働いた。

 今回の選定で、防衛省は(1)性能(2)経費(3)国内企業の参加形態(4)納入後の支援態勢−の評価基準を設定し、候補機を評価した。性能面で圧倒的な強みを見せたF35だが、他の2機種と比べて生産技術の情報開示部分が少なく、国内防衛産業が製造過程に関与できるのは限定的になりそうだ。

 将来的な戦闘機国産化を見据えるためにも国内の防衛産業をどう育成するかが今後の課題として残る。開発遅れによる開発費の高騰で、他機種より高額の機体価格がさらに上昇することも懸念されている。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111220/plc11122011030007-n1.htm

こうなる事は予想できていた。

どうせ買うのならばF-22ラプターの方が良かったが、アメリカが売ってくれそうにない。

F-22とF-35の比較を下に記した。

img_1587873_40979015_0.jpg


殆ど変わらないように思えるが、一番の違いはエンジンである。

F-22の方は双発エンジンに対してF-35は単発エンジンだ。

これにより速度に大きな差が出てしまうし、有事の際に単発エンジンでは故障するとどうにもならない。

双発エンジンならばかろうじて飛行する事は可能だ。

例えが適切であるかは分からないが、F-22ラプターはガンダム、F-35ライトニングは陸戦型ガンダムであると言える。

見た目にはたいした差がないが、ガンダムは地上、宇宙何処でも戦え、武装や脱出機構なども備えている。



対して陸戦型ガンダムは名前の通り宇宙では戦えないし、色んな武装を選択できるが出力の物が扱えないし、大した脱出機構さえない。



いわゆる量産型という奴だ。

現在の日本国の主力機F-4をたとえるならばボールだろう。



見るからに弱そうである。

これでは日本国の空を守る事は出来そうに無い。

北朝鮮の今後の動向、中国、ロシアを牽制する為にも新型の戦闘機の配備は必ず必要な事だ。

しかし、42機では少なすぎる感があるし、そもそも開発がまだ終わっていない。

今後の納入日程がおくれる事がない事を祈る。

納入日程が遅れるという事は日本国の空に穴が開くのと同じだ。

それだけはなんとしても避けなければならない。

最悪の事態はEUのユーロファイターも再度検討する必要がありそうだ。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。