【政治】 韓国・李明博大統領「慰安婦問題を解決できなければ、日本は永遠に両国間の懸案を解決できないという負担を抱えるだろう」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】 韓国・李明博大統領「慰安婦問題を解決できなければ、日本は永遠に両国間の懸案を解決できないという負担を抱えるだろう」

 韓国の李明博大統領は17日午後、大阪空港着の専用機で来日した。この後、大統領は大阪市内で開かれた在日本大韓民国民団(民団)の会合に出席し、旧日本軍の従軍慰安婦問題について「解決しなければ、日本は永遠に両国間の懸案を解決できない負担を持つことになるだろう。(元慰安婦が)生きている間に解決することが両国の未来への助けとなる」と述べ、解決に向けて日本側が速やかに対応すべきだとの考えを強調した。
 野田佳彦首相と大統領は18日に京都市の京都迎賓館で会談する予定で、大統領が首脳会談で慰安婦問題をどう扱うかに関心が集まっている。
 韓国大統領府の発表によると、大統領は民団の会合で「韓国は今、慰安婦問題で国民が心を痛めている」と指摘。さらに、「この問題はいくらでも解決できる」と述べ、「慰安婦問題は解決済み」との立場を取っている日本側をけん制した。 
 今回の訪日は首脳が互いに行き来する「シャトル外交」の一環で、大統領の来日は国際会議などを除けば2009年6月以来となる。両首脳は17日夜、京都迎賓館での夕食会に先立ち、二人きりで約20分間懇談した。
 18日の首脳会談について、韓国外交通商省は慰安婦問題も議題になるとの見通しを示している。大統領が元慰安婦の賠償請求権に言及した場合、首相は「解決済み」との立場を伝え、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像の撤去も求めるとみられる。
 首相はまた、日本統治時代の朝鮮半島から日本に連れて来られた民間徴用者の遺骨を年明けに返還する方針を表明。04年以来中断している日韓経済連携協定(EPA)の早期交渉再開を呼び掛ける。北朝鮮拉致問題の解決に向け、韓国側の協力も要請する考えだ。

ソースは
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011121700229

▼従軍慰安婦問題とは?

1. 韓国の主張 → 「日本は国を挙げて韓国人を誘拐同然に連れ去り売春婦にした!」

2. 証拠の提示 → 「自称・被害者(元売春嬢)の証言」以外「一切」無し

3. その一方で → 「公に『売春嬢の求人』が行われていた物証」は続々


▼簡単なお話

@ そもそも当時は「公娼制度」――つまり現在と違い「売春が職として公認されていた」時代

A 事実「女衒」と呼ばれる売春の仲介業者(韓国人含む)が「公然と」存在

B また戦時中は売春嬢の需要が高く「売春婦は非常に高給」

C そして「カネのため売春婦になる女性」は時代、国を問わず存在

D 実際「現在の韓国」でも売春業は盛況、来日する売春婦も多い。当然「日本軍の関与」は無い


▼少し細かいお話

T 従軍慰安婦という言葉を作ったのは実は日本人、千田夏光氏

U 曰く、「挺身隊として動員された朝鮮人女性20万人のうち5〜7万人が慰安婦にされた」

V 「挺身隊」とは? → 軍需工場などへ勤労動員された者

    しかし、挺身隊員で慰安婦になれと強制された例は「一つも」確認されず

W 吉田清治氏(第2の宣伝者)曰く、「私は済州島で慰安婦にするための女性狩りを度々行った」

X この証言に対して当時の「現地の新聞」 → 「吉田証言に該当する事実はない」

Y 日本政府の調査も同様 → 「強制連行は確認されず」 「挺身隊が慰安婦にされた例も確認されず」

Z 後日、吉田氏 → 「あれは『創作』で『実は済州島に行った事も無い』と謝罪

[ ところが「日本の一部マスコミと政治家」が「日韓友好のため!」と裏づけを一切取らず「事実認定」

\ 「お墨付き」を得た韓国人と 「冤罪」と憤る日本人とで折り合うはずもなく、結果は泥沼


▼客観的事実から導き出される結論

「他の時代や地域と違い当時の韓国人売春婦だけは金目的ではない!」とは無理がある。

「身売り等で意思によらず売春婦になったケース」と混同して「日本の強制徴用!」などと主張するなら「客観的証拠」が必要。

──結局のところ、「発端を作った一部日本人」と「元売春婦と韓国政府」が「金のため売春婦になる女性(現在の韓国人含む)がいる」という現実に目を背けたまま「日本軍の誘拐!」という証拠無き自説を押し通すため騒いでいる、という話である。

慰安婦問題など存在しない。

このような国とは国交を断絶しても問題はない。

もっと強気に接するべきだ。

【送料無料】よくわかる慰安婦問題

【送料無料】よくわかる慰安婦問題
価格:1,155円(税込、送料別)



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。