【政治】 大阪維新の会の教育基本条例案 「知事にその職務権限はない」…政府答弁 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】 大阪維新の会の教育基本条例案 「知事にその職務権限はない」…政府答弁

 橋下徹次期大阪市長が率いる「大阪維新の会」が大阪府議会などに提出した教育基本条例案について、政府は16日、「教育目標の設定は、地方教育行政法で定められた場合を除き、教育委員会の職務権限に属するもので、首長にその職務権限はない」との答弁書を決定した。みんなの党の渡辺喜美代表が出した質問主意書に答えた。

 同条例案は、知事が教育目標を定めると規定。だが、地方教育行政法は、教育に関する首長の職務権限を私立学校やスポーツ、文化などに限定している。答弁書は、「職務権限の分担を条例で変更することは許されない」と指摘した。

 答弁書の内容について、維新幹事長の松井一郎知事は同日、記者団に「教育目標を知事が設定することが条例の目的ではなく、教育を受ける側の立場に立った教育現場に変えることが大事。専門家を交えて(知事提案の)条例案をつくりたい」と述べた。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111216/osk11121620300018-n1.htm

この程度の話、知事に職務権限与えればいいのだよ。

全国一律のほうがよほど気味悪い。

権限の確認訴訟を起こしたら、果たして政府の見解どおりになるのか?

こんなこと言ったら橋下氏を国政に向かわせる大義名分を与えるようなものではないのかと思う。

しかし、現行法の条文を読む限り政府見解が正しい。

だから、法改正をする必要がある。

みんなの党が法案を出すとかの展開があれば面白いのだけど。

どうなる事やら。

この案件も含めて国政に向けて議員擁立するのだろうね。

大阪維新の会が民主党や自由民主党に変わって第一党になる日も来るかもしれない。

全てはこれからの橋下大阪知事の行動が大事だ。




ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。