【外食】安売り戦争はもう限界?牛丼3社が総崩れ - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【外食】安売り戦争はもう限界?牛丼3社が総崩れ

 薄利多売はもう限界−。大胆な値引き合戦を繰り広げてきた大手牛丼チェーン3社の11月の売上高が、そろって前年同月比割れした。フトコロさみしいサラリーマンにはうれしい値引きでも“常態化”してしまい、売り上げアップのカンフル剤の効果が薄れたようだ。

 吉野家ホールディングスの「吉野家」、ゼンショーホールディングスの「すき家」、松屋フーズの「松屋」の11月「月次売上高」が出そろった。

 「吉野家」は、16〜24日に牛丼並盛りを110円引きの270円としたが、前年同月比6・4%減で4カ月連続の前年割れ。客数も5・9%減で同じく4カ月連続マイナスとなった。

 11〜24日に牛丼並盛り280円を250円に値引きした「すき家」も1・3%減と3カ月連続のマイナス。17〜24日で80円引きの240円とした「松屋」も4・5%減とふるわなかった。

 3社が値引き合戦を展開した今年1月は「すき家」14・1%増、「松屋」13・5%増、「吉野家」5・4%増と前年実績を上回り、売り上げアップの原動力となっていただけに意外な印象だ。

 11月の前年割れについてゼンショーHDは「天候不良も影響」、吉野家HDも「値引きしていなければもっとマイナスだった」と説明。2009年末から本格化した値引きキャンペーンは「すき家」や「松屋」は今年すでに7回目に達しており、少ない小遣いで昼食代をやりくりするサラリーマンにとってはありがたいが、常態化で意外感が薄れている。

 牛丼好きで通る獨協大教授で経済アナリストの森永卓郎氏は「3社にはそれぞれ独特の味わいがあるため、サバイバル的な値引き合戦の末、敗退するチェーンが出るようになれば、ファンを失望させる。こうした消耗戦は、長い目で見れば消費者のためにならない」と指摘している。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20111213/ecn1112131223003-n1.htm

こうした消耗戦は、長い目で見れば消費者のためにならない。

私もそのように思う。

下手な安売り合戦は辞める必要がある。

コレになれてしまった消費者は通常価格が高いと思い足を運ぶ回数が減るかもしれない。

共倒れにならないように牛丼各社は打倒マクドナルドとか言って共闘するとかして行けば良いのではないかとシローと目から見て思った。

安い、早い、美味しいの3拍子の牛丼が無くなってしまう事だけは避けてほしい。

吉野屋、すき家、松屋の3社には頑張って頂きたい。













ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。