【経済】借金1000兆円の日本。若い世代のためにも「早くデフォルトしたほうがいい」という意見 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【経済】借金1000兆円の日本。若い世代のためにも「早くデフォルトしたほうがいい」という意見

今年度末には国の借金が1000兆円を超える日本。年間の税収40兆円に対して、支出が80兆円、毎年払う国債の利子だけで10兆円という財政状態は、いつギリシャのようにデフォルト(国債の債務不履行)してもおかしくない。

実際のところ、日本の財政はいつまでもつのか。元日本経済新聞記者で、『マイニュースジャパン』編集長の渡邉正裕氏はこう語る。

「現状ではすぐに破綻するとは言い切れない部分もあります。というのも、国際的に見ると日本の消費税率は非常に低い。20%前後が当たり前の欧州と比べれば、日本はまだ増税の“伸びしろ”があるともいえる。1%で税収は約2兆円ですから、一気に20%増税すれば単純計算で40兆円。今は毎年40兆円ずつ国債を発行しているので、プライマリーバランスを黒字にすることはできます。あくまで理論上は、ですが」

だが現実には、そう計算どおりにはいかないと渡邉氏は言う。

「実際には増税すると消費が減ってGDPが落ち込み、税収は増えない。すると、ますます増税しなきゃいけない。どんどん税率だけが上がって最悪の経済状態を迎え、重税国家になってしまう。結局、破綻が先延ばしになるだけです。それはつまり、現役世代ばかりに負担を押しつける“老人勝ち逃げ国家”ということ。若者は苦しい生活を送り続けるしかありません」(渡邉氏)

そのため、あえて早くデフォルトした方がいいという声もある。経済ジャーナリストの須田慎一郎氏はこう話す。

「デフォルトしてIMFが管理に入れば放漫な財政は許されない。いかに破綻した国債の残債を返せるかどうかですから、国のお金を厳しく監視されます。例えば、年金はこれぐらいカットしなさいとか、国民皆保険なんてとんでもないとか、生活保護をこんなに出してどうするとか。要は箸の上げ下ろしまですべてコントロールされるということ。もし日本政府が国債クラッシュ回避の道筋を示せないのなら、デフォルトは早いほうがいい。その分、傷も浅く済みますから」

デフォルトという“Xデー”がいつか来るのなら、無駄な延命措置は若い世代への重荷にしかならない。はたして、“特効薬”をいつまで探し続けなければならないのか。

ソースは
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/12/12/8583/

今の日本国の状況は自分家で借金回しているだけなのにどうしてデフォルトできるのかこの記事には不明なところが有るし、日本が多額の金を拠出しているIMFに助けてもらうのかも分からない。

例えばだが、個人だとまだ破産認められないレベルだろう。

資産もそこそこあるし円と言うお札をどんどん発行してインフレになって、もうどうにもならなくなってからが本当の危機と言う事になると思う。

このまま状態が続けば日本が破綻するのは既定路線だが、IMFが金を出してくれる訳ない。

ギリシャとは金額の桁が天文学的に違う。

最終的には放置されて終わるだけになってしまう事だろう。

1000兆円も借金があるのに公務員にはボーナスもでるしボーナス増えている現状が異常な事態だとは誰も思わないのか?

民間企業ならば到底考える事の出来無い状況である。

まずは歳出削減で公務員の給与を減らす事が一番先に考えなくてはならない。

国会審議を先送りにして閉会しているような余裕はもうこの日本国には無い。

政治家の皆さんにはまだ分からないらしい。

増税も必要だが、まずは自分たちの利権を手放す事が優先である。

【送料無料】増税が日本を破壊する

【送料無料】増税が日本を破壊する
価格:1,680円(税込、送料別)



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。