【原発問題】放射能汚染水、海へ放出検討 東電、保管に行き詰まり - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【原発問題】放射能汚染水、海へ放出検討 東電、保管に行き詰まり

 東京電力福島第一原発の放射能汚染水について、東電は8日、処理したうえで海に放出する計画を検討していることを明らかにした。東電は国の基準以下で通常の運転で海に放出しているレベルとしているが、原子炉内の核燃料を冷やすために使った水が含まれている。汚染水の保管が行き詰まりつつある問題が背景にある。漁業団体から抗議の動きも出始めた。

 東電によると、1〜4号機のタービン建屋などにたまった汚染水をセシウム吸着装置などで浄化し、津波で入り込んだ海水による塩分を除いて淡水化したものを放出する。新たな浄化装置の追加も検討している。近く経済産業省原子力安全・保安院に提出する中期的な施設運営計画に盛り込む方針を関係団体に伝えた。

 処理水の保管タンクにはすでに計約10万トンたまっている。来年3月には、タンクがいっぱいになる見込み。タンクを増設する敷地は限られる一方で、1日400トンとみられる建屋への地下水流入は続いている。原発内での再利用や地下水の流入防止策も検討するものの、限度があるという。放出時期や量、処理後の濃度などは未定だとしている。

ソースは
http://www.asahi.com/national/update/1208/TKY201112080212.html

本当に通常の運転時にも放出しているレベルのものなら問題ないと思うのだが
ならなぜ保管していたのか疑問だ。

ゼオライトはセシウムに有効だが、ストロンチウムの吸着効果は無い。

情報元は小出裕章先生です。

今回の汚染水は高濃度ストロンチウム。

食品関係の企業がなにかちょっと不祥事をすれば社長を土下座ませるまで追い詰めるマスコミがまるで追い詰めない酷い話だ。

マスコミはほんとに東京電力様には手が上げられないのだな。

本来なら勝俣が土下座しているところを連日報道しているはずではないか。

何にしても日本国だけのものでない海に流すわけだから各国の反応も何かしら出て来るであろう。

大きな騒ぎにならない事を祈るだけだ。

日本人はもう放射能と暮らすしかない。

逃げ場など無いのだから。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。