【TPP】 日本の交渉参加と同時に、各国も雪崩式にTPPへ…カナダ、メキシコ、台湾も参加方針 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【TPP】 日本の交渉参加と同時に、各国も雪崩式にTPPへ…カナダ、メキシコ、台湾も参加方針

 野田佳彦首相は13日、米ハワイで閉幕したアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加を表明した。カナダやメキシコも参加の意向を示した。すでに交渉入りしている米国やオーストラリアなど9カ国は、市場の相互開放に向けた大枠を確認した。米国が目指す来年の交渉妥結に向け各国の協議が加速しているが、参加国が一気に拡大すれば各国の利害調整は難しさを増す。

 【ホノルル=原田逸策】野田首相は13日のAPEC首脳会議で「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入ることにした」と述べた。そのうえで「TPPはアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の基礎となる」と強調した。各国首脳は日本の交渉参加を歓迎する意向を表明した。

 FTAAPはアジア太平洋地域全体を包括する自由貿易圏の構想。首相は「さまざまなアプローチでFTAAPに向けて主導的な役割を果たしたい」と表明した。

 これに先立つ12日、米国やオーストラリアなどTPP交渉に参加する9カ国はホノルルで首脳会合を開き、大枠合意に達した。公表した合意内容では「一部で法的文書はほぼ完成した」と明記したが、それ以外は今後も作業が必要だと指摘。市場開放の例外の扱いについて議論があることも示唆した。オバマ米大統領は12年中の交渉決着を目指すと述べた。

 12月上旬の次回交渉で12年中の交渉日程を決める。「TPPへの参加を希望するアジア太平洋の国と議論を続けていくことを指示した」とも説明した。野田首相はTPP首脳会合への参加意向を示していたが、実現しなかった。

 一方、カナダのハーパー首相は13日、オバマ米大統領と会談し、TPP交渉参加に意欲を示した。米ホワイトハウスが会談内容を発表した。オバマ氏は歓迎の意向を表明。両首脳は貿易自由化のため高い基準のTPPの重要性についても議論した。

 米通商代表部(USTR)によるとメキシコ政府も参加を表明した。現地報道などによると、フィリピンとパプアニューギニアも強い関心を示したという。

 日本の交渉参加と同時に、これまで参加に慎重な姿勢を示してきた各国もTPPに雪崩を打ち始めた格好だ。ただカナダは日本と同様に一部農業分野の保護を求めており、全分野の関税撤廃に反対する意向を示してきた。米国とニュージーランドはカナダの参加に反対してきた経緯がある。

 交渉参加国が一気に拡大した場合、市場開放を巡る各国の利害調整は複雑さを増す。米国が目指す12年中の妥結に向けたハードルが高まったともいえる。

ソースは
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3E6E2E2828DE3E6E3E3E0E2E3E39F9FE2E2E2E2;at=ALL

TPP参加には反対だったが、今となっては野田首相が参加表明してしまった事からもう日本国は引き返せないと言う事が分かった。

今後は以下に日本国が有利になるか考えて行きたい。

相対的にアメリカの影響力削った方がいいから参加国増えれば増える程いいだろう。

今の日本政府はどうせろくに交渉できないと言う事は分かっている。

メキシコが入るのはアメリカ的にどうなのだろう?

南部の不法移民が、合法移民に一気に化ける上に、さらにどんどん流入してくると言う事になりそうだ。

南部の失業率がおそろしいことになり、笑い事ではないが、また戦争始まるんじゃないかなんて思ってしまう。

カナダ、メキシコってアメリカの餌食にされてきた国だから日本に期待しているのもあるだろ。

日本と組んでアメリカとの交渉有利にしたいと言う事じゃないかな。

台湾は元々日本を信頼しているとこあるようだし。

ここで日本が新規参加組をまとめあげて、既存参加組との交渉を有利に進めてくれればなぁ・・。

まともな交渉力があれば、それが普通ではないか?

国力からしてもそれが本来なら出来るはずだ。

金融とか医療関係でも入り込めるからかな?

今だって外資の生命保険や自動車保険も多いし、日本は保険大国だから自国よりも旨みが大きい市場だと言う事も考えられる。

欧州のユーロ圏もやばいし、日本入るならTPP参加しといたほうが貿易安定と見てアメリカばかり、うまい汁吸わせまいと各国が参加表明してきたのかもしれない。

でも、一番言える事は日本の参加表明(事実上)で、世界が動揺していると言う事だろう。

アメリカとしては、日本相手に出来るだけ有利な交渉に持ち込みたいと言うのが本音であろうから、その他大勢の諸国については、はっきり言って本音ではどうでもいいと思っているかもしれないし、交渉に対しては譲歩迫るだろうね。

そこで、日本が上手くやれるかが焦点になってくるのだが・・・。

こうやってTPP参加国に先進国が加わるとアメリカの思い通りってワケにも行かなくなるかな?

だとしたら日本が損をするばかりじゃない展開も出てくるかもしれない。

むしろそれに期待しようと思う。

アメリカや先行でTPP加入予定だった国だった同士の貿易取引額は世界規模で見たらたかがしれているけど、そこに日本が加われば日米取引のとんでもない額も上乗せされて規模が桁違いに上がる。

カナダメキシコも加えて総計すれば、規模的には世界貿易の3分の1以上になって来ると言う事ではないか。

多少景気が良くないとはいえ、GDP世界1位と世界2位の国がペア、言葉悪いが金魚の糞みたいなものだが・・・。

そりゃ他国も乗りたくなるってことだろう。

今後も参加表明国が増え少しでも日本国にとって有利に交渉が出来ていける事を私は願う。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。