【東京】小金井市ごみ処理問題:周辺焼却炉、老朽化の壁 点検で受け入れ困難 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【東京】小金井市ごみ処理問題:周辺焼却炉、老朽化の壁 点検で受け入れ困難


 ◇多摩川衛生組合、点検で受け入れ困難

 ごみ処理問題の混乱に伴う引責辞職表明から一夜開けた小金井市の佐藤和雄市長は2日、多摩川衛生組合(稲城市、狛江市、府中市、国立市で構成)の会議(4日開催)を前に、府中市の野口忠直市長を訪問するなどごみ受け入れ支援の要請に駆け回った。しかし、同組合の焼却炉は定期点検を予定しており、事実上、追加受け入れは困難と判明。搬出枠を使い切る今月中旬が迫る中、打開策は浮上していない。【中川聡子、町田結子、迫修一】

 多摩川衛生組合の可燃ごみ焼却炉は3基。完成から13年を経て、年1回の定期点検を実施して運転している。今月から順次点検に入り、フル稼働は年明けにずれ込むという。処理能力は1日当たり3基で平均300トン。年明けの整備終了までは2基で運用するため、最大でも250トン。4市の排出量は1日245トンで「余剰能力はほとんど見込めない状況」(同組合)という。

 周辺自治体でも老朽化の課題を抱え、状況は似通っている。07〜09年度に小金井市のごみ処理を受け入れてきた国分寺市。04年ごろから小金井市と新たななごみ処理場を建設し共同処理する方向で検討してきたが、小金井市の用地確保が難航し計画は頓挫したままだ。

 処理能力1日140トンの施設を抱え、市内の可燃ごみを年間約2万トン処理しているが、老朽化で16年度に耐用年度を迎える。施設再建か延命化かの判断を迫られているだけに、星野信夫市長は佐藤市長の辞職を「問題の解決にならない」と厳しく批判。「共同処理をどう実現するのか早急に示してほしい」と苦言を呈した。

 小金井市のごみを10年6月〜11年3月に計2447トン受け入れた日野市も老朽化の悩みを抱える。日量200トンの処理能力を持ち、年間約3万トンを焼却している。処理施設の余剰能力はあるものの、老朽化が進み延命化工事でしのいでいるのが現状という。馬場弘融市長は「多摩川衛生組合の動向を見ながら、受け入れを検討したい」と話した。
 ◇「二枚橋焼却場」跡地取得も困難

 小金井市が新焼却場建設予定地として計画している「二枚橋焼却場」跡地の取得問題は、依然として厳しい局面に立たされている。

 跡地は小金井、府中、調布の3市にまたがり、小金井市は府中、調布両市域も含めた全体を建設用地としている。佐藤和雄市長は2日午後に府中市の野口忠直市長に面会し、当面のごみの広域処理への協力などを求めた。野口市長は「辞職で広域処理については周辺市の対応も変わるだろう」と周辺に漏らしているが、府中市は「二枚橋問題は今回の問題とは別」とのスタンスを変えていない。

 調布市の長友貴樹市長も「市長の辞職と二枚橋跡地への新焼却場建設とはリンクするものではない」との考えを示した。

 調布市は建設反対の立場を明確にしている。府中市にしても跡地を小金井市に容易に売却はできない。跡地周辺の府中市民も小金井市民の反対署名に参加しているからだ。新焼却場建設に府中市民の理解を求めることは困難とみられる。

 小金井市が前市長時代の10年3月に発表した二枚橋計画は、調布市や府中市と事前に調整しておらず、当初から「絵に描いた餅」に終わる可能性が指摘されていた。【森下功】

ソースは
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20111103ddlk13010204000c.html

焼却場候補地で良く蛇の目ミシンの跡地の話が出るが、今から蛇の目ミシンの跡地に建てると決まったとしても、実際に施設が稼働するのは早くて5年は先なのだからその間どうするのでしょう?

ゴミ受け入れは、借金の申し入れと一緒。

苦慮して受け入れても、決して感謝されることはない。

むしろ、さっさと引き取れ・・・と小金井住民は思っている。

小金井市民の皆様はこの際、ゴミに塗れてハエが湧くまでじっくり市政とゴミ問題について考え直せば良いのではないかな。

身に染みて、心からの反省ができると思うよ。

そして、今までゴミの処理等近隣で協力してくれた方々へ感謝が出来るようになるのではないかな。

何も対策が打てない小金井市、行政にも腹が立つ。

市の運営が出来ない無責任市議や市職員は全員辞職しろ。

そしたら流石に周りも助けてくれるだろう。

今後の現実的な成り行きを予想するとこんな感じ?

ごみ受入れ先該当無しで、民間有料ごみ回収業者に市内の地区ごとに自己負担で依頼する事になると思う。

お金持ち家庭は渋々お金を払い利用する事が出来るだろうが、貧乏家庭と民度の低い住民は不法投棄場所を近隣へ探しに行き平気で不法投棄していく事だろう。

この為、周辺自治区は戦々恐々となり自衛手段に出る必要があるだろう。

不法投棄は絶対にさせてはいけない。

左翼とプロ市民は慰謝料請求先をどこにするか無駄な知恵を絞りうるさく動き出す事であろう。

ごみ代で家計を圧迫された主婦はご主人のお小遣いを減らしたり、出費を控えるような行動に出て経済も冷やしてしまう事だろう。

これはあくまで予想であり、想像である。

しかし無いとは言えないだろう。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
小金井市民の民度が低い、空き管がでた極左に染まった脳タリン市!

極左は政治を理解できないし、市民を不幸にすることが極左の願望!
Posted by カキなべ at 2011年11月26日 11:59

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。