【経済】TPPルール 主張困難 米「日本の参加承認に半年」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【経済】TPPルール 主張困難 米「日本の参加承認に半年」

 環太平洋連携協定(TPP)交渉について、米通商代表部(USTR)の高官が、日本の参加を認めるには米政府・議会の非公式な事前協議が必要で、参加決定に時間がかかるため「受け入れが困難になりつつある」との認識を示していたことが、日本政府の内部文書で分かった。正式協議を合わせると米議会の参加承認を得るのには半年間程度が必要な見込みで、早期参加表明しても来夏にまとまる予定のルール策定作業に実質的に加われない可能性も出てきた。

 日本に有利な条件を得るため早い参加が必要、というTPP推進派の主張の前提条件が崩れかねない状況だ。

 野田佳彦首相は、今月十二、十三日にハワイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で参加表明を行いたい意向とみられ、民主党内で調整中。表明すれば、これが最速となる。

 日本政府は、米国の承認手続きに関連し、米議会の了承には最低九十日間の協議期間が必要としていたが、事前協議には触れていなかった。日本政府関係者によると、この期間は三カ月間程度という。

 内部文書によるとUSTR高官や米議会関係者は、事前協議は「米政府と議会が時間をかけ非公式な協議を行う」とし、日本政府のTPPへの姿勢を歓迎できる見通しがついて「初めて九十日の期間に入る」と説明している。日本を受け入れるため、現在、米国やチリ、豪州など九カ国で進行中のTPP交渉を遅らせることは望ましくなく「既に参加期限は過ぎた」と明確に述べている米議会関係者もいる。

 TPP参加を後押しする経済産業省などはこれまで「早期に参加して有利な条件を獲得すべきだ」と主張。しかし、APECで参加を表明しても、交渉参加できるのは早くて来年の夏前。九カ国は来夏までの合意を目指している。日本が加わった段階ではルールの細部まで議論が終了している可能性が大きい。

 内部文書は、日本の外務省などの職員がTPPの交渉に集まった米国などの担当者に、日本参加の期限などについて質問し、まとめた。

ソースは
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011110290070328.html

日本が交渉参加できる頃には既に中身決まっているのだろう。

当然日本がいない間に他国は自分達に都合良い内容にするハズだ。

こんなのメリットなんてあるわけない。

ルールを作る側に加われないなら、参加する必要は全くない。

TPP参加は、ルールを作る側に回ることが最低条件であると考える。

アメリカとしては、今後は落ちぶれた日本は使い捨てていくという意思表示でもあるだろう。

言い過ぎかもしれないが、極端に言うと下記のように日本国はなってしまう恐れがある。

TPPとは、一言でいえば「日本がアメリカの植民地になる」ということだと思う。

TPPは農業だけの問題では無く、日本を亡国にする取り決めである。

■日本の民主主義が終わる
・日本の法律や制度がアメリカ企業の都合によっていくらでも変更させられる
・日本人の国民主権が無くなる(アメリカの指示に従う)
・日本の民主主義が完全に崩壊する

■景気がますます低迷する
・デフレが加速する
・日本国内のお金がますます海外(アメリカ)へ流出する
・景気はますます悪くなる
・日本はどんどん貧しくなる

■失業者が多くなる
・外国人労働者が多くなる(低賃金労働者が外国から入ってくる)
・日本人の給料はますます下がる
・失業者が増大する
・日本国内で働くことができず、外国まで出稼ぎに行くことが多くなる

■食の安全性が確保できなくなる
・日本の食料自給率は39%から13%に下がる
・食料輸入が途絶えて餓死者が出ることも起きる
・遺伝子組換え食品が多くなる
・食の安全性が確保できなくなる
・食の安全基準が低くなって健康への悪影響が出てくる

■病院代が高額過ぎて支払えなくなる
・アメリカのような高額医療費となる
・盲腸の手術だけで200万円かかる。歯を抜くだけで10万円かかる!
・医療費払えない人は死ぬのみ

ただのモノやサービスの関税引き下げ、撤廃交渉だったら誰もここまで騒がない。

このTPPは、交渉相手国のルールを変える事が出来たり、主権侵害の条項がいくつも散りばめられているから問題視しているのだ。

ニュースでも、TPP問題を農業に特化してるかのような偽報道。

保険や他の様々な分野でも貿易の自由化となることを一切言わない。

これでは、一般の会社勤めである人々なんて「わたしらには関係ない」と思ってしまうだろう。

日本国民よ気付いた時にはもう遅い、今声を上げねばすべてが決まってしまう。

皆でTPP反対と声を高らかに上げようではないか。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

米国で第442連隊(日系人部隊)出身者に最高勲章が送られた
Excerpt:  この時期のこのニュースは、TPP問題に関する米国の牽制の意図があるかもしれない。けれども紹介しておこう。 『【ワシントン時事】第2次大戦中、米軍に加わった日系人に米国民最高の「議会勲章」を授与する..
Weblog: 日本は危機的な状態です!
Tracked: 2011-11-03 20:28
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。