【政治】デタラメTPP議論「もう許せない!!」専門家が本気で怒る政府のウソ・インチキ・ゴマカシ・詐欺の数々 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】デタラメTPP議論「もう許せない!!」専門家が本気で怒る政府のウソ・インチキ・ゴマカシ・詐欺の数々



<京大准教授もTVでブチ切れ>

c189b1d93f83bec26f52c977b4a3634a.jpg

「アメリカは輸出倍増戦略を国是として掲げている。だから今、円高なんです。TPPで日本は輸出できません! アメリカが日本の市場を取るという話なんですよ!」

 いや、すごい迫力だった。27日、朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ)に生出演した京大大学院准教授の中野剛志氏(40)。政府が突っ走るTPPを痛烈批判し、怒りをブチまけたのである。そのけんまくにスタジオは凍りついていたが、こうした映像を見れば、日本人も目が覚めるのではないか。とにかく、TPPを巡る議論はウソとインチキがテンコ盛りなのだ。

 まず、最大のイカサマがTPPで日本の工業製品の輸出が増えるかのような論法だ。経産官僚でもある中野氏は「自動車の関税はすでに2.5%、テレビは5%しかない」と指摘。「加えて円高で企業の6〜8割の工場がアメリカにある。もう関税の向こう側にあるんだから、関税を撤廃しても意味はない」と切り捨てた。

 米国と2国間FTAを結んだ韓国の失敗事例をズラリと挙げ、「アメリカの雇用が7万人増えたということは、韓国の雇用が7万人奪われたということです!」と畳みかけた。

「TPP経済効果2.7兆円」という政府試算もインチキだ。中野氏は「これ、10年間の累積ですよ!」と声を荒らげ、「でも、どこにも書いてないじゃないか!」とペンを机に叩きつけた。

 よく分かっている専門家に言わせれば、政府が喧伝するTPP効果なんて、国民を騙す詐欺以外の何モノでもないのである。

 TPPの危険性については、ほかの専門家も次々と怒りの警告を発している。東大教授の鈴木宣弘氏もそのひとりだ。26日に都内で開かれたTPP反対集会で、政府への憤りを爆発させた。

「震災直後、官邸からはこんな声が漏れ聞こえてきた。『11月のAPECに間に合えばいいのだから、それに滑り込ませればいいではないか』と。ギリギリまで情報を出さず、国民的な議論もせずに強行突破をしようとしている姿勢は、もはや民主主義国家としての体をなしていません!」

 実際、野田政権は今月になって突然、重要情報を出してきた。外務省が作成した「TPP協定交渉の分野別状況」と題する79ページもの分厚い資料がそれだ。ジャーナリストの横田一氏が言う。

「この資料からは、政府がTPP参加を大前提に、アメリカと事前協議をしながら、周到に計画を進めてきたことが分かります。3月の震災後、ホトボリが冷めるまでヒタ隠しにしてきたが、TPPに参加表明する11月から逆算して、批判をかわして逃げ切れるギリギリのラインでの公開に踏み切ったのでしょう。あまりに汚いやり方です」

 これ以上、連中のウソ、インチキを許したらダメだ。

ソースは
http://gendai.net/articles/view/syakai/133413


前原氏の暴言からGDP2.7兆円アップ詐欺でぶち切れたんだよ。

その前の関税の説明もテレビや自動車に100%の関税がかかっているみたいな大嘘ホザいているし、そりゃぶち切れて当然だわ。

この動画を見てほしい。

この日本国が危ないと危機感を募らせる熱い思い伝がわって来るのが分かると思う。



昨日コマツの会長=経団連副会長が夜のニュースに出ていたが、しきりにTPP推奨していたけど、精神論、感情論だけで、メリットは何も説明出来ていなかった。

メリットは無いのだと言う事が良くわかった。

小売はアマゾンみたいに 倉庫だけ置いて 会社はアメリカ、日本への法人税はビタ一文納めません。

こんな事があたりまえになってしまいそうだ。

一番いいのはどっちにも着かないで行く事だろう。

参加するように仄めかしをしつつEUや中国をけん制して行く。

日本の狙いはどっちかと言えば対米じゃなくこっちを重視した方が良い。

米国へは既に多くの企業が進出していて、ここに新しいシェアの獲得など期待してないし出来ない。

TPPは関税ではなく自主権がなくなるのが問題なのだが、保険、雇用についても国内に問題だから辞めようという話になっても韓国、メキシコ、カナダと同様の内容とした場合国内の政治では決められなくなる。

例えば国民保険、非関税障壁だから解体しろと言われた場合、普通の国なら選挙、政治で決める。

ところがこれを結ぶと国際投資紛争解決センターが決める。

しかも障壁になっているか、なってないかで決めるから、日本人の暮らしがどうなろうかなんて考慮しない。

韓国はもう共済関係の保険の解体が決定。

メキシコは土壌汚染をしたアメリカの会社を訴えたらアメリカの会社は国際投資紛争解決センターに提訴、最終的にメキシコ政府が賠償金を払わされた。

これでもグローバルでいい国なると思う?

結論から言えば私はTPPは参加する必要がないと考えている。

このTPP参加の話も野田総理からオバマ大統領への単なるプレゼントに過ぎず何も考えてはいないのはよく分かるし、参加ありきでデータを集め国民に提示しているようにしか見えない。

反対派の言うことは根拠に基づく正論に聞こえるが、推進派の言うことは開国だの(超円高なのに)輸出増だの意味不明な精神論ばかり。
本当に日本国の事を考えているのはどっちなのかよく考えて貰いたい。

もう失敗は出来ない。

2009年衆議院選挙前夜

騙されて、乗せられて、取り返しのつかない失敗を経験したのに、また失敗しようとしているのか・・・。
ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。