【社会】要介護の老親と収入が不安定な子、“シングル親子”の苦境 親の年金頼りの世帯が多く「親子共倒れの恐れも」  - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【社会】要介護の老親と収入が不安定な子、“シングル親子”の苦境 親の年金頼りの世帯が多く「親子共倒れの恐れも」 

 要介護の老親とその息子や娘が同居する世帯の苦境が、深刻になっている。子がワーキングプアで経済状態が厳しく、介護サービスを削って親の健康を害しているケースが、県内でも目立つという。親の年金が頼りの世帯が多く、介護関係者は「介護分野の支援だけでは救えない。親子共倒れの恐れもある」と心配している。 (五十住和樹)

 県西部にある訪問介護などの事業所によると、約百十件担当している世帯のほぼ一割に当たる十件が、要介護の親と収入が不安定な子の世帯という。

 一人息子(53)と暮らす母親(86)はひざを手術して、七段階の四番目に重い要介護2。週一回のヘルパーによる家事援助を受けているが、入浴介助を受けると利用料の二百六十円が四百円になるため、シャワーで済ます。

 世帯月収は、母の年金約八万円と息子のアルバイト十二万円。対人関係が苦手な息子はパートや期間従業員など職を転々とし、現在の仕事は雇用保険もないという。

 家賃は七万円で、母は介護サービス利用を控えている。配食サービスの弁当を親子で二日に分けて食べることも。介護事業所の担当者は「息子が経済的に自立しない限り、母は十分なサービスを受けられない」と話す。

 要介護3の認知症の八十代父親と暮らす四十代前半の息子。精神疾患のため荒れることがあり、ヘルパーは父の介護で暴力を受けた形跡を見つけた。介護保険では息子のケアまでできないが、週二、三回の家事援助では、こっそり二人分の食事をつくるという。

 この介護事業所は「介護保険だけでは何ともならない深刻な事例が、ここ数年増えている」と指摘。「長引く不況で、独り立ちできる仕事を得られない子が、親の足を引っ張っている」とする。

 介護分野では、独居高齢者のケアや、高齢の子が老親を介護する「老老介護」が支援の課題とされてきた。あるケアマネジャーは「要介護の親と子の同居世帯は、福祉制度の谷間に落ちている」と言っている。
◆介護保険制度にも問題

 認知症の親を子が介護する同居世帯では、徘徊(はいかい)などで目が離せないと子は仕事を辞めざるを得ず、経済的苦境に陥るケースも多い。介護保険が細切れのサービスしか提供しないためで、働こうと思っても親が通所介護(デイサービス)に行っている間しか時間がない。立教大の服部万里子教授(高齢者福祉)は「家族の介護を前提にした制度設計が原因。常時見守りのような連続的なサービスを、盛り込む必要がある」と指摘している。

 来年四月から二十四時間対応の訪問介護が始まるが、服部さんは「認知症の人が使えるようなサービスではない」とみている。

 服部さんは「年金や健康保険に入らず親と暮らす子も多く、親の年金頼りとなる“予備軍”だ」と言う。「親が元気なうちに子を自立させる努力が必要。家族だけでは解決できない場合も多く、自治体は支援に入るべきだ」と話している。


ソースは
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20111023/CK2011102302000053.html

これからどんどんこんな家庭が増える。

金持ってなくて、かつ、要介護者を抱える家庭に対する議論を早急に推し進めるべき。

国や自治体に無限に金があるわけではないだろうに、世代間扶助の限界だ。

金持ちの老人から金を取って貧乏老人に金を回す。

そのように代えていくしかない。

現役世代にも限界がある。

「ひとり立ちできない子供が悪い」か。

大卒すら就職できないような現状で、職に就けない人間が出るのはあたり前だと思うのだが・・・。

あたり前をまるで異常者みたいに扱う社会って、どこか病んでいる?

年金をたくさん貰える親の方が経済力と言う力があるのだからこういう家族が増えるのも当然といえる。

親は子が惨めな状態になるのは見たくない。

無理に追い出すこともできず、永遠にこないであろう?子のやる気を起こすのを信じている。

生涯未婚率は1990年5.6%であったのが2000年は12.6%そして2010年は19.1%とわずか十年で3.5倍に跳ね上がっている。

今後も2020年26.0% 2030年はなんと29.5%まで上昇すると予測される。

親子共倒れ世帯の急増は、もう確実に日本社会のリスク要因であり構造的問題だ。

日本国は今後現役世代の負担をどれだけ減らせるかが一番のポイントであると考える。

経済力、育児、介護どれも現役世代を苦しめる。

育児と介護ぐらいは心配しなくても生活できる。

そんな国にしていかなければならない。

もう既に待ったなしだ。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。