【韓国】サムスンがアップルとの訴訟合戦で4連敗! 韓国内からは「これ以上の負けは致命的」との声 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【韓国】サムスンがアップルとの訴訟合戦で4連敗! 韓国内からは「これ以上の負けは致命的」との声

and_146179.jpg


韓国サムスンと米アップルが世界各地で繰り広げている特許合戦で、サムスンが次々と敗北している。オランダのハーグ地方裁判所は14日(現地時間)、サムスンが自社の特許を侵害したとして、アップル製品の販売差し止めを求めた仮処分申請を棄却した。

サムスンの敗北は、ドイツ、オランダ、オーストラリアに続く4度目で、サムスンが起こした特許訴訟では今回が始めて。サムスンは相変わらず強気な姿勢を崩していないが、韓国国内では「これ以上の敗訴は致命的」などと不安視する声が広がっている。

サムスンは9月25日、同裁判所にアップルが通信特許を侵害しているとして『iPhone4』『iPad2』に対する販売差し止めを求める仮処分を申請していた。判事長は、「アップルが使用しているサムスンの技術は“必須特許技術”であり、誰でもこれを利用することができる。今後は公正で合理的な特許使用料を支払えば良い」とした。この判決は、通信特許訴訟で勝利を確信していたサムスンにとって、衝撃的な内容だったという。

韓国メディア「ソウル経済」は今回の判決について、次のように報じている。「サムスンは通信特許訴訟に自信を持っていたが、オランダの裁判所は事実上これを認めなかった。サムスンが反撃カードを準備している『iPhone4S』販売禁止戦略も大きく狂うことになるだろう」。

また、ほかのメディアもサムスンの相次ぐ敗北を受けて、「サムスンの通信特許攻勢に赤信号が灯った」「特許戦での負けは売上減少だけでなく企業イメージにも深刻な打撃を与える」「これ以上の敗訴は致命的」などと報じている。

サムスンの関係者は、「まだ本案訴訟が残っているため、結果を判断するに至って居ない」とし、今後も『iPhone4S』の販売差し止めを求める仮処分申請を拡大するなど積極的に対応するとしている。相変わらず強気なサムスンだが、韓国国内の見方は暗い。

ソースは
http://getnews.jp/archives/146179

今話題のこの動画を見てほしい。

実に良く出来ている。



訴訟を起こすのは勝手だが、サムスン側の弁護士が3m離れたところにあるiPadとGalaxyを見分けられなかった件も有り敗訴するのは確実だと私は思っていた。

これでは到底弁護など出来ない。

ほんと日本のテレビでは全然報道されないな。

異常を通りこしている。

北朝鮮の国営放送よりも酷いのではないか?

DoCoMoのCMもいい加減やめた方が良いと思う。


彼らにはコピー文化しかないのではないか?

だからそれが国際的に通用しないことを息の根が止まるまで思い知らせてやる必要がある。

どんどん敗訴して生産中止に追い込まれてくれ。

それが正義というものだ。

野球で言えば既に

Samsung 0−10 Apple 5回表ツーアウトランナー無しって詰んでる状態でしょ…

まだ逆転狙ってるのか?

何の秘策があるのか。

訴訟で敗訴するのは必定だろう。

似たようなアコギな真似をして短期間に安値商売で会社を大きくしたが、訴訟敗訴の山は世界中で積み上がって来ているが。

経営も赤字なものを国策補填で誤魔化しているイカサマではないか。

どこにどう逃れる。

そもそもバックの国自体がまたデフォルト目前だろう。

一番頼み易い日本に前回の借金も返さずにまた金の無心のつもりだろうが生憎日本は震災復興で無駄金は無い。

さあどうする?と思っていたが、すでに布石は打っているのか?

日経や朝日が韓国との経済協力強化をなんどもうたっている。

民主党ならやる、必ずやるさ。

日本国民はちゃんと目を開けて監視しなければならない。

タイミングを見計らって、また従軍慰安婦が来るかもしれんぞ。

真面目な話、朝鮮人が反日という「自分を閉じこめるための檻」に入って安閑としているうちは、韓国が日本の真のライバルになる事は無いと思う。

朝鮮は日本のおかげで飛躍的に発展する事が出来た。

それから目を逸らし続ける事は、いつまで経っても自分たちの「本当の自画像」を描けないって事だ。

それでは自分たちの長所も短所もわからない。

それは長所も伸ばせないし、短所も改良できないって事だ。

これからはインドだ。

インドはGDPですぐに日本を抜く。

大きな敵になるのではなく、頼もしい味方にするのだよ。

経済だけではなく軍事的にも。

韓国切り、インドと接近、中国とは警戒しながらやっていく。

これが今後日本国が成長する上で一番良いと思う。


こちらも見てほしい。

今度はイタリアに喧嘩を売っている。


「ピザの起源は韓国」「イタリアは謝罪しろ!」ピザチェーン店のCMが話題に

物事の発祥や文化の起源を韓国に求めることを「韓国起源説」と言う。中には「桜は韓国が起源」「漢字は韓国で創造された」などにわかに信じ難い説も多いのだが、そんな起源説をネタにしたCMが制作され話題を集めている。

最近インターネット上で話題を集めているのは、ピザチェーン店「Mr.Pizza(ミスターピザ)」が制作した「ピザの起源は韓国にある」と唱えるCM。『The True Origins of Pizza(プザの本当の起源)』というタイトルで、先月30日にユーチューブに掲載された。

CMでは中国人の教授が、「イタリアは中国の麺を盗んでスパゲッティを作ったので、あの国(韓国)からピザを持っていくのも大したことではないだろう」と米国テレビ番組のインタビューに答えるところから始まる。テレビ番組は、ニューヨーク・ブルックリンのピザ屋の前で「マルコポーロは泥棒」だと抗議する男性をとらえ、なぜ韓国人はマルコポーロを泥棒と呼ぶのか取材を始める。映像には複数の韓国人が登場し、ある韓国人青年は「マルコポーロは、韓国の宝であるピザを盗んだ」と熱く語り、料理専門家の韓国人女性は「(ピザを盗んだから)イタリアは私たちに謝罪しなければなりません」などと主張する。

このCMは、Mr.Pizzaが米国消費者向けに制作したもので、ナレーションはすべて英語となっている。「韓国起源説」をネタにしながら、ピザの味と品質を宣伝するユーモアあふれる内容となっているのだが、現在、韓国内では「外国人に誤解を与える可能性がある」などとして批判を浴びている。

ソースは
http://getnews.jp/archives/145740




誰が考えてもイタリアが起源だという事は周知の事実。

それとこの動画には、竹島や日本海を揶揄するサブリミナル的な事もされている。

日本国は今や民主党というとんでもない組織に乗っ取られているから何をやっても許されてきたが、海外は違うだろう。

Samsung不買いの輪が世界で広まり始めている。

ジョブズ氏の死をきっかけに密かに広がる「サムスン不買」の輪

 IT業界のカリスマ、スティーブ・ジョブズの死去が全世界に衝撃を与える中、その前日に発表されたばかりのiPhone4Sは予約が殺到。未発売のジョブズの伝記も、予約段階で米Amazon第1位となっている。さらに、ジョブズが愛用していた黒いタートルネックまで売り切れ続出となるなど、ジョブズ氏にまつわる商品を対象に、"追悼買い"ともいえる現象が起きている。

 その一方で、アップルと特許侵害に関する訴訟合戦を繰り広げて来たサムスン電子の製品には、不買運動の輪が広がりつつある。

 熱狂的なMacユーザーが集まる米サイトの掲示板には、ジョブズの死後、「サムスンとの訴訟問題がなければ、アップルからもっと素晴らしい製品が世に出ていたかもしれない」というサムスンバッシングや、「ジョブズを弔うため、サムソン製品を廃絶しよう」という呼び掛けが書き込まれている。

 また近年、反韓ムードが高まっている中国ではさらに辛らつだ。中国版Twitter「微博」には、

「サムスンのアップル製品の剽窃は、病に伏せるジョブズを苦しめた。人が弱ったところに攻撃を仕掛けるとは、韓国人のやりそうなこと」

「ジョブズ氏に哀悼の意を表し、今から家にあるサムスン電子製品を残らずたたき潰す!」

 といったつぶやきが寄せられている。

 当のサムスン電子は、10月11日に予定されていた、最新版のアンドロイド「アイスクリーム・サンドイッチ」を搭載した新型スマートフォン「Nexus Prime」の発売を延期した。また同社は、ジョブズの葬儀中はアップルに対する訴訟活動を停止するとも発表した。ともに、「ジョブズ氏に敬意を表するため」としているが、密かに広がる不買運動が過熱化することを警戒した措置だったのかもしれない。

 死してなお宿敵を牽制するジョブズの存在感は、やはりカリスマといったところだ。
(文=高田信人)

ソースは
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20111012/Cyzo_201110_post_8780.html


日本国に置ける花王不買い運動とは桁や規模が全然違う。

何せ韓国企業は内需ではなく外需に頼り気っている節がある。

これがどんどん普及していけば部品を生産している日本国企業にも火の粉が飛び、火傷するかもしれない。

DoCoMoを筆頭にお付き合いをしている企業は早めの取引停止を考えて方が良いと思われる。

Samsungよ、韓国企業よ、悔しければ本当のパクリでない製品を世に送り出して見せよ。

さすれば世界各国も認めるであろう。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。