世田谷の放射線、床下のラジウムから 原発は無関係 - 民家所有者「初めて見た」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




世田谷の放射線、床下のラジウムから 原発は無関係 - 民家所有者「初めて見た」

 東京都世田谷区弦巻の区道で最大で毎時3.35マイクロシーベルトと周辺より高い放射線量が検出された問題で、区は13日、隣接する民家の床下にあるビンから極めて高い放射線量を検出したと発表した。毎時30マイクロシーベルトまで計測できるメーターが振り切れたという。文部科学省の検査で放射性ラジウムと判明、放射性セシウムは検出されなかったことから、福島第1原発事故とは関係ないと断定した。

20111014k0000m040127000p_size5.jpg

世田谷区の民家床下から見つかったラジウムの入ったビン(13日)=文科省提供


 同省原子力安全課は「放射線量は民家の前を毎日通っても年間1ミリシーベルト以下になり、健康に影響はない」と説明。ラジウムの出所は不明で、今後調査する。ビンは同省検査官が鉛の容器に入れ、民家内に保管。付近の線量は毎時約0.1〜0.3マイクロシーベルトまで下がった。容器は14日にも撤去し、専門業者に貯蔵してもらう。

 同省によると、床下の箱にビンが数十本あり、中に粉末状の物質が入っていた。中身を検査したところ、ラジウムが壊れる際にできる放射性同位元素「ビスマス」と「鉛」を検出した。

 同省によると、民家には今年2月まで高齢の女性が一人暮らししていたが、現在は無人。この女性は年間30ミリシーベルトを浴びていた可能性があるが、女性に健康被害が出たことは確認されていない。約10年前に死亡した夫とともに放射性物質を扱う職業に就いておらず、家族もラジウムは「知らない」と話しているという。

 区によると、区が依頼した専門業者が13日に民家の壁面を調べたところ、最大で毎時18.6マイクロシーベルトの放射線量を検出した。このため、所有者の許可を得て敷地内を調べたところ、床下にある木箱の中に菓子箱のような箱が収められ、その中にビン類があり、計測限度を超える線量を検出した。

 木箱には高さ7センチ、直径6センチのビンが1本と、高さ7センチ、直径1センチ程度の棒状の細いビンが数本あった。いずれも泥で黒く汚れていた。

ソースは
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E3E1E2E7E18DE3E1E3E2E0E2E3E39191E3E2E2E2

20111013ax10b.jpg




− ラジウム −
1898年にキュリー夫妻が発見した放射性元素。時計の文字盤などの夜光塗料や医療用放射線源などに利用されていたが、発がん性が指摘されたた め、現在はほとんど使われていない。ラジウム226の半減期は1600年。放射線を出してラドンに変化する。

昔は工業用や医療用のラジウムが普通に出回っていて管理もいい加減だったから・・・。

かなり古い物らしいから相当前からあの場所にあったんだろうな。

断定までの、このスピード感!

他のことも、このくらいの速さでやっていただきたい。

過去のニュースだが、こんなものを見つけた。

敷地に放射性物質を放置 文科省、業者に保管命令

PN2008093001000851.-.-.CI0003.jpg

千葉県の業者の敷地で見つかった放射性物質入りのドラム缶(文部科学省提供)


 文部科学省は30日、千葉県野田市の「飯田夜光塗料」が、放射性物質のラジウム226などをドラム缶に入れたまま敷地に長年放置していたとして、放射線障害防止法に基づき、建物内で安全に保管するよう措置命令を出した。

 文科省放射線規制室は、放射線量は最大毎時5マイクロシーベルトで「健康被害は考えられない」としている。

 同社は以前、ラジウム226を時計の針や文字盤に塗る夜光塗料に使用。放射性物質の使用許可を1996年に廃止する際、文科省に残っている分は廃棄したと報告したが、一部を放置していたらしい。今年5月に関係者の通報で発覚し、文科省が撤去を指導したが資金難でできないため、建物内に移動して保管し続けることになった。

ソースは
http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008093001000789.html

今回の30マイクロシーベルト上限の計測器を振り切るってどんな物質なんだ?

偏見の目で見てしまうが陰謀説も捨てきれないと思う。

・ユーチューブなどにいくつも汚染ポイントが挙げられていたのに、ここだけ大きく報道。

・大騒ぎにしては、コーンを立てるだけの安易すぎる措置。まるですぐに撤去する事がわかってたかのよう。

・今検査機関は大混雑で、数週間待ち、数ヶ月待ちの状態なのに、調査一日で結果発表。まるで結果がわかっていたような早さ。

以上の不自然な事象から役人とマスコミがグルになった可能性も否定できない。


こういうニュースもあった。

ゴイアニア被曝事故

1987年9月にブラジルのゴイアニア市で発生した原子力事故。

同市内にあった廃病院に放置されていた放射線療法用の医療機器から放射線源格納容器が盗難により持ち出され、その後廃品業者などの人手を通しているうちに格納容器が解体されてガンマ線源のセシウム137が露出。
光るセシウム137の塊に魔力を感じた住民が体に塗ったり飲んだりした結果、合計250人が被曝し、そのうち4名が放射線障害で死亡した。

ソースは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%A2%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E4%BA%8B%E6%95%85

下手に触ると厄介だ。

この際だから、ガイガーカウンターを所持している方々隈無く調査測定し安全確保に尽力を尽くして頂きたい。

問題なのは、この世田谷安全宣言で世田谷は放射能汚染はないクリーンな地域です。

という印象付けには成功してしまった事。

福島第一原発事故による放射能汚染は確実に存在する。

このような安全宣言で闇に隠れてしまうのは問題であると感じる。

このスピード感を維持して他の場所も測定し本当に問題がないと言うのを発表するまでは安心は出来ない。

残るは横浜のストロンチウムの件だ。

ビルの屋上にはさすがに瓶は無かったで有ろうからどのように報道されるか注意が必要だ。

飽くまで推測の域を出ないが、横浜には米軍の施設がある。

原子力を動力とする軍艦が入港していた事実もある。

福島第一原発の事故による汚染もあるかもしれないが、こちらの原因もあるかもしれない。

どちらにせよ一日も早い調査報告を期待する。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。