【検証】女性はなぜ出世しないのか――悪いのは男? 女? - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【検証】女性はなぜ出世しないのか――悪いのは男? 女?

 男女雇用機会均等法の施行から25年。新卒採用では、男女が区別なく競い合うようになった。だが、女性が昇進し、男性と対等な地位を確立したわけではない。日本の女性管理職比率は約10%。これは韓国と並び世界最低レベルだ。

 なぜ日本では、女性の管理職がこうも少ないのか。

 大きな理由は、そもそもの母数が少ないという点にある。均等法第1世代は現在、40代後半。この世代が入社した1980年代、女性総合職の採用は極めて少なかった。

 たとえばヘッドハンターの岡島悦子・プロノバ社長は、均等法3期生として三菱商事に入社したが、当時の同期150人のうち、女性はわずか2人にすぎなかった。「女性が出世できないのは、そもそも役員になるための母集団にいないことが大きい」(岡島氏)。

 しかも、その後のいわゆる「氷河期世代」では、男女問わず総合職の採用数が少なかった。つまり、そもそも管理職候補となる30代以上の女性総合職が少ないのだ。

男性中心社会が女性の意識をくじく

 ただし、問題は女性社員の数だけにあるとはいえない。それ以外にも女性の活躍を阻んでいる要因がいくつもある。

 まずは女性の意識の問題だ。日本生産性本部が3000社に行った調査によると(有効回答129社)、女性活用を推進するうえでの課題として、7割以上の会社が、「女性の意識」を挙げている。

 その具体例の一つが、女性社員の昇進意欲の乏しさだ。出産・育児とキャリアとの両立の難しさ、ロールモデルの不在などもあり、女性にとって、今の職場環境で出世することは魅力に欠ける。昇進チャンスがあっても、断る女性も多い。

 また、女性の「専門職志向」の強さも、昇進のネックとなっている。

 女性の課長職相当割合が16%に上り、女性進出で日本の先頭に立つリクルート。同社が女性の登用を進めるうえで直面している課題の一つは、女性管理職候補の不足だ。

 「管理職として昇進するためには、幅広い分野の経験が必要。ただ、女性は専門職志向が強く、その条件を満たしている候補がまだ少ない」と人事支援室・グループ人事部の花形照美エグゼクティブマネジャーは指摘する。

 ただし、こうした女性の意識は、男性中心社会が生み出しているともいえる。

 中でも悪影響が大きいのは、長時間労働だ。女性にとって体力的にハードなうえ、既婚女性にとっては家事や育児の負担もある。帰宅が遅い男性側も、家事・育児に時間を割けない。日本の男性が家事・育児に費やす時間は1日当たり1時間にすぎず、ほかの先進国に比べて突出して低い。「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という役割分担の考えが日本には色濃く残っている。

 若い世代になるにつれ、共働きへの理解、夫の家事・育児参加は高まっているが、その壁になっているのが、社会インフラの不備だ。

 その筆頭が、保育所の不足。保育所に入れない待機児童は、約2万5000人。実際はこの数字を上回るといわれる。待機児童のうち、8割以上は都市部に集中。ここ数年は、会社のオフィス内に託児所を設ける企業も増えているが、子どもをオフィスまで連れていくのが難しく、ほとんど使用されていないというケースもある。

クオータ制を真剣に議論するとき

 女性の政治参画という点でも、日本は遅れている。日本の国会議員の女性比率は11・3%。これまた世界最低レベルだ。これでは女性の意見も反映されにくい。

 日本の後塵を拝していた韓国の国会は、2004年に比例代表制での女性枠を定めたクオータ制を導入。これをきっかけに、10年時点の女性議員比率は14・7%に達し、日本を上回る。今や、政治分野におけるクオータ制がない主要国は日本と米国、中国のみとなっている。

 クオータ制導入の波は企業社会にも広がっている。

 女性活用でトップを走るノルウェーでは、上場企業の取締役会において、男女いずれの性別も4割以上とする4割ルールを03年に制定。当時1割以下だった取締役会の女性比率は、09年には40%にまでアップした。ノルウェーの動きに、EU各国も次々と追随。今年7月にはEUが主要加盟国に対し、上場企業における女性取締役比率を15年までに30%、20年までに40%へと引き上げるよう要請した。

 日本でもクオータ制について真剣に議論する時期かもしれない。内閣府の男女共同参画会議で議員を務める勝間和代氏は、「クオータ制は企業にとって方向づけとして必要。何年後に女性管理職比率10%というような実現できそうな目標を作り、いったん流れに乗ったら、やめればいい」と提案する。

 クオータ制に対しては、役職に見合う能力を持った女性の不足や、導入後の現場の混乱を危惧する声も強い。ただ、クオータ制の支持者がそろって口にするのは「地位が人を作る」ということだ。「責任と権限を与えれば、優秀な女性が出てくる。最初は混乱があっても、まもなく的確な選抜ができるようになるはずだ」とトリンプ元社長の吉越浩一郎氏は強調する。

 労働人口の減少、男性の所得減少による共働きニーズの増加、女性の登用による多様な視点の獲得など、女性活用が不可欠となっている。
 
 『週刊東洋経済』2011年10月15日号の特集「女性はなぜ出世しないのか?」では、女性活用を阻むものは何かを、女性と男性、そして社会の観点から探る。

ソースは
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/2c69b242c748de6526a5105ee3c959f6/page/1/

生涯独身の女性も増えているが、就職する時点で結婚出産育児を全く視野に入れない女は少ない。

出産すれば退職か休職、保育所に入れても男性並みに残業していたらお迎えにすら間に合わない。

それらを踏まえた職選びをすれば出世コースには行けない。

出世の可能性が高い高学歴の女性ほど教育ママになるという傾向があるようで、会社から復帰を望んでも復帰が遅れがちになるようだ。

結局は男に認めてもらいたい、男に認めさせたいというのがフェミニストの本質。

男性社会だというならなぜ女のできることを放棄して男のする仕事や価値に自らの価値の基準を置くのか?

彼女たちが一番「性」に憑りつかれており、男性の価値やこれまでの彼女たちの言う男社会というものに最高の価値を置いているから、同じ場所に立とうとするのではないか?

女性にできること、女性にしかできないことに対して価値を感じていないのだ。

そして女性にしかできないことを男性の仕事の価値の下に置いているのは彼女たち自身であることをもう少し自覚すべきだと思う。

女性の方々、もう一度、女性にできること、女性にしかできないことをよく考えてほしい。

そもそも何割かを女性に割り当てるって考え方がおかしい。

クオータ制についてもヨーロッパでも問題になっている。

結局、実力のある女性ビジネスパーソンって少ないし、無能な人間を無理に役員にさせたらその会社にはマイナスになる。

「地位が人をつくる」と言う言葉は実力のある人に適用される言葉。

日本の女性政治家にしても、人目につく政策はやりたがるけど地道な仕事はしたがらない人が多い。 蓮舫氏とか・・・。

やる気や才能のある奴なら男性でも女性でもチャンスがあるってのが本来の平等だろ。

その意味で日本の現状は正しい。

いつまでもこのようなこといってないで女性に安心して子供産ませる方法を考えるべきだ。

こっちの方がよっぽど重要だし待った無しの状態だと思う。

女性が安心して子供を産める世の中になればすべての事が解決すると思うのだが、なぜ日本国は政策展開しないのだろうか?

安心して子供が産めるという事は、心にも、お金にも余裕が出来将来にも希望が持てるという事。

少子高齢化問題もなくなり消費も増え経済活動も良くなると思う。

政治家の皆様方、増税やら年金支払い延長やら議論している内に取り返しが付かなくなりますよ。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
日本のオトコって、勝手なこと言ってるよね。
クウォーター性なんて止めとけって言うのは賛成するけど、日本は男女不平等(逆差別も含めて)おおありでしょ。
まぁでも、オトコの稼ぎが目減りしてるために、オンナも働かなければならないというところから、両方の社会参加という風に変わってゆくんでしょ。
大正時代以前は、役割分担があっても、家庭が活動の中心でも、日本の女性は昔から働き者で、家族は、今のような密室的核家族とは違い、地域と密接に関わって暮らしてきました。近代化が女性の法的権利を奪い、社会構成が変わって今日の状態なんだと思いますよ。
武家は制度上男尊女卑にならざるを得なかったけれど、人口の10%でしたし、明治維新が実質上の日本の男女不平等を拡大したんだと思うよ。
それ以前は武家を含めて、形式上男女不平等でも、実質には女性にはかなりの権限があり、欧米社会より本質的に、男女よく助け合って来た国だったんじゃないかな〜。
Posted by ap_09 at 2011年10月14日 12:46

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。