【政治】タバコ増税の見送り検討 穴埋めは所得増税の拡大が有力 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】タバコ増税の見送り検討 穴埋めは所得増税の拡大が有力

 政府は12日、東日本大震災の復興財源を賄う臨時増税で、政府・与党案に盛り込んだ、たばこ税の増税を見送る方向で検討に入った。税制関連法案の成立に協力が不可欠な野党の自民・公明両党が反対しており、難しいと判断した。たばこ増税で賄う計画だった約2兆2千億円の財源は、所得税の増税期間の延長や増税幅の拡大で対応する案が浮上している。

 ただ、幅広く課税される所得税の負担感が高まることへの反発は必至で、調整は難航しそうだ。野党との協議が長引いた場合、月内にも召集する臨時国会にたばこ税を含む税制関連法案を提出した後に修正することも視野に入れている。

 政府・与党は所得、住民、法人に加え、たばこ税を最長10年間増税し、約11兆2千億円を賄う案を示していた。たばこ税は1本当たり2円引き上げる計画だった。

 これに対し、葉タバコ農家を支持層に抱える自民党内では、昨年10月に過去最大の増税を実施したばかりで、影響が大きいとして反対する意見が強い。13日以降、党の税制調査会を開き意見集約を図る。公明党も同調している。

 参院で過半数を持たない与党は、野党の同意がなければ、税制関連法案を成立させることができない。

 このため、安住淳財務相は「(野党が)反対されるのであれば、協議は柔軟に行う」と、野党との合意を優先する考えを示してきた。民主党の前原誠司政調会長も12日、「両党の意見を聞きながら、対応させていただきたい」と述べた。

 こうした動きを受け、政府は、たばこ増税を見送る一方で、穴埋め財源の検討に着手。財務省内では「所得税増税の拡大で調整するしかない」(幹部)との意見が強い。所得税は納税額を4%上乗せする定率増税を10年間実施する計画。1%の増税で年1500億円の税収が見込める。期間延長で対応する場合、3年半が必要で、増税幅の拡大なら5〜6%に引き上げることになる。負担増への世論の反発は避けられず、たばこ税の扱いも含め紆余曲折が予想される。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111013/fnc11101301370001-n1.htm

まず、公務員の給料下げるのが筋だろう…誰もがそう感じているはずだ。

それを行わない日本国の政治家は、どんだけ身内に甘い連中なのか?

やはり選挙の時の組織票が気になってしまうのか?

さすがの日本国民も馬鹿ではない。

しっぺ返しがくるぞ。

車で例えると税率はギアではないかと思う。

馬力はGDP、出力が税収。

ギア比を低くしようが高くしようが税収は変わらない。

但し許容範囲を超える負荷(増税)を掛けると動かなくなったり壊れたりする。

税収を多く得ようとするならGDPを増やすしかないのではないか?

タバコ増税よりも確実に取れる所から取ってしまえ、とそうなってしまったのか?

これは勝手な想像だが、昨日発表した年金改正により国民の将来への不安から一層消費が減る。

それにより消費税の税収が大きく見込めなくなってきたから所得税の増税ってな単純な発想なのではないか?

役人さん達は、日本国民の預貯金額を減らしたくはない。

日本国民の預貯金があるから国債が発行でき、日本国が破綻しないそのような構図になっている。

その為にお金を使わせる政策はしない。

最終的に日本国が立ち回り出来なくなった時は預貯金の凍結、完全徴収でもするつもりなのかもしれない。

ここからの意見には賛否両論あり遺憾に思われる方もいるかもしれないが私の意見を記した。

実態がない男女共同参画の予算約10兆円を復興支援に回せばいいのではないか?

独法の天下りと無駄な公務員にタダ飯食わせてるだけだと思う。

−男女共同参画−
男女共同参画社会実現の為に2001年、内閣府に男女共同参画局が設立された。
以降、各省庁に男女共同参画関係予算が割り当てられ、毎年度、数兆円単位の予算が費やされている(尚、男女共同参画関連とされる事業の総予算は約10.5兆円だが、そのうち9兆円弱は高齢者への福祉関連の予算として分類されており、それを除いた事業(女性の労働環境整備等)の予算は、年度あたり約1.7兆円となる)。

男女共同参画局発表 平成23年度予算総括表
http://www.gender.go.jp/yosan/pdf/23yosan-overview.pdf

そもそも男女共同の理念が私は間違っていると思っている。

男性にしか出来ない事、女性にしか出来ない事は必ずありそれを平等にする事は無理であると考えている。

日本国の少子高齢化の原因の一端もこれであると私は考える。

女性の社会進出により、一人で生きていけると過信した女性、お一人様の増加。

一人では生きていけない・・・。

気付いた時に始める婚活の為の晩婚化。

男性の地位下落。

私が思うに体力、体型に関する事以外では男性は女性に勝つ事が出来ない。

そう感じる面が多く感じる。

器用さ、感性、発想力、心遣い等、男性よりも優れていると思う。

男性は仕事を追われどんどん惨めになり、魅力を失って行く。

魅力がない、経済力がないから結婚できない。

このような負のスパイラルがあるのではないか?

旧来の日本社会がすべて良いと言う訳ではないが、「夫は外で働き、妻は家庭を守る」に一フレーズ付け加え、これからの日本社会は「夫は外で働き、妻は家庭を守り、よく遊ぶ」。

男性は働く事で経済を回し、女性は家庭を守りながら遊ぶ事で経済を回す。

これで需要と供給がバランス良く行われていくのではないか?

前にも記したが、女性には器用さ、感性、発想力、心遣い等、男性よりも優れている。

その武器を使用して夫を気持ちよく働かせ、子どもを幼稚園や学校へ送り出し、空いた時間でショッピングやランチで気の合う仲間と和気藹藹。

これが良いのではないかと考える。

税金の話とは大きくずれたような気がするが本日はこれにて。

これから1日2回のブログ更新を頑張ってみようと思います。

朝刊6時前と夕刊8時前の2回です。

今後ともよろしくお願いします。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。