【エネルギー】地熱発電 再び脚光--日本の地熱資源量は世界3位、原発20基分 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【エネルギー】地熱発電 再び脚光--日本の地熱資源量は世界3位、原発20基分

PK2011100902100011_size0.jpg

地下に十分な熱水のたまり場があるかを探る技術者ら=先月14日、北海道赤井川村の阿女鱒岳で(東条仁史撮影)


 ぬかるむ道を車に揺られて山奥へ進んだ。地元通からは「ヒグマに気をつけて」と言われた。九月中旬、北海道小樽市から南へ十数キロ離れた阿女鱒(あめます)岳。訪ねた国有林の一角では、作業着の技師らが地中の電磁波を測定する装置を使い、地下に「天然のボイラー」がないかを探っていた。地熱発電に使える熱水のたまり場のことだ。

 地熱発電は温泉と同じように地球内部の熱を利用する。温泉より深い地下一〜三キロまで井戸を掘り、二〇〇〜三〇〇度の熱水のたまり場から噴き上がる蒸気でタービンを回して発電する。

 国内では一九九九年以降、商用の地熱発電所は新設されていないが、阿女鱒岳で事業化を目指すエネルギー大手、出光興産と国際石油開発帝石(INPEX)は本気だ。出光の古谷茂継主任技師は「太陽光や風力発電に比べ天候の影響を受けず、昼と夜、季節による変動が少ない。安定的に発電できる再生可能エネルギーだ」と明快に話す。

 地熱発電は二酸化炭素(CO2)の排出量も少ない。地球温暖化を防ぐ利点があるクリーンエネルギーで、福島第一原発事故を境に、にわかに代替電源として注目を集め始めた。

 地上で進める調査は地熱発電所の建設までの第一段階。集めたデータによって地下の熱や水の流れを示す「イメージ図を作る」(INPEX担当者)ことで、どんな規模の地熱発電が可能かがわかる。出光の後藤弘樹地熱事業総括マネジャーは、結果を分析したうえで「来年度中には、次の段階のボーリング(掘削)調査に進みたい」と期待する。

  ◇  ◇

 火山が百以上ある日本では、地熱資源量は約二千三百万キロワットと試算される。世界でも米国、インドネシアに次ぐ第三位の地熱資源大国だ。原発(百万キロワット級)の二十基分以上に当たる。一九七〇年代のオイルショックで「石油が枯渇する」と危機感が生まれた。政府は当時、輸入に頼らない純国産エネルギーの地熱開発を後押しし、九〇年代半ばの開設ラッシュにつながった。

 しかし、調査用に直径八センチの井戸を一本掘ると約二億円かかる。発電所を建てるのに出力三万キロワット級の例で二百六十四億円という高い費用や、発電所が小規模で山中に分散するという特徴が開発の足を引っ張った。国と電力会社は大規模で集中立地できる原発や火力発電を優先した。国内十八カ所の地熱発電所の出力は五十四万キロワットにとどまり、国内電力量のわずか約0・3%だ。

 新設へ追い風が吹き始めた地熱発電所だが、国内では実際に運転を始めるまでに十年はかかるのが常識とされてきた。地下水や温泉、動植物など環境への影響を調べたうえ、審査や手続きも長い時間がかかるからだ。潜在力は高いのに控えの座に甘んじている背景に、乗り越えるべき課題が浮かび上がる。 (東条仁史)

ソースは
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011100902000017.html

自然エネルギーって自然を壊して作るエネルギーだよな。

街中や工業用地につくれないし、面積あたり出力小さいから山林を大きく削ることになる。

原子力を推進したくはないが、火力とか、小面積で大規模に発電できる方法のほうがずっと自然に優しい。

地熱発電のマイナス要因は、

たとえば、原子力発電では今回のような天災がなければその稼動は人智によるコントロールの範囲内にあるが、地熱発電では、いまだ「地熱」という人間がコントロールできないものに頼ることになる。

地熱発電所を長い期間と費用を掛けて建設しても、突然の地殻変動により使い物にならなくなる可能性もある。

また、膨大に発生する汚水や悪臭のガスで公害に直結する恐れもある。

しかも、その割には発電規模が小さい。

これでは、本格的に地熱発電に踏み切るには二の足を踏むだろう。

地熱発電の種類、方法で今言われているのはこんな感じ。

乾いた高温の岩に水を注入し人工温泉を作る。

『高温岩体発電』資源量は原子力発電18基くらいは有るだろうか?

井戸を2つ掘って、水を圧入して高温岩盤を水圧破砕してひび割れで注入井と蒸気取出し井をつないで回路を作る方策で研究している。

一応回路作って蒸気は出たが、ひび割れで繋いだから、圧入水の75%が地下に漏れて、25%しか蒸気で回収できなくて発電電力が僅かに注入高圧ポンプ消費電力を上回った程度で、まだ全然実用段階ではない。

今後は垂直に掘って地下で水平にまげてL字に掘った穴に二重菅を差し込んで内管から水を入れて、外管で地熱を吸収して蒸気を作って回収する方策でこれから仕切りなおしでの研究だが、財務省が研究費をあんまり潤沢につけてくれてないのじゃないか?

だから太陽と同じで「原子力や火力なみになる」まで10-20年は掛かるような進捗状況だ。

つまり科学技術研究とか植物の成長は人間の都合に合わせてはくれない。

福島第一原発事故があったからって突如実用化するもんではない。

種をまいて栽培を始めて10-20年くらいかかるよ。

投入する金や人材にもよるが、ひらめきも大事だし、何より国を挙げて事業を推進していけるかが問題である。

地熱発電の研究がイマイチ進まない原因として研究者の間で言われている事は、地熱発電が普及してしまうと、燃料タダなので電気代を上げる理由付けがしにくくなる。

それが最大の理由らしい。

やはり利権というわけだ。

日本国という国はいつまでこんな利権争いをやるのだろうか?


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。