【原発問題】東京・神奈川を含むセシウム汚染マップを公表 一部で1万ベクレル超 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【原発問題】東京・神奈川を含むセシウム汚染マップを公表 一部で1万ベクレル超

 文部科学省は6日、東京都と神奈川県の上空から9月に航空機で測定した放射性セシウムの分布を地図にまとめて公表した。東京都内では、奥多摩町の北端で土壌中のセシウム濃度が最も高く、1平方メートルあたり6万〜10万ベクレル、放射線量は毎時0.2〜0.5マイクロシーベルトだった。
96958A9C93819695E2E4E2E6918DE2E4E3E2E0E2E3E39180EAE2E2E2-DSXZZO3538412006102011000000-PB1-7.jpg

 9月14〜18日に放射線検出器を搭載したヘリコプターを使い、セシウムの沈着量と放射線量を上空から測定した。

 最も高かった奥多摩町北端の放射線量は、「ホットスポット」と呼ばれる千葉県柏市や松戸市周辺と同レベルだった。葛飾区や江戸川区の東部などでも周辺よりわずかに高い地域があった。

 23区内や多摩東部の大部分、神奈川県のほぼ全域は、セシウム濃度が1平方メートルあたり1万ベクレル以下、放射線量が毎時0.1マイクロシーベルト以下だった。

 今回で関東1都6県と福島、宮城、山形の分布図がそろった。福島第1原子力発電所から放出されたセシウムが、原発から南西方向に帯状に広がり、薄まりながら首都圏まで到達して土壌に沈着している様子が明らかになった。

 政府は航空機による東日本ほぼ全域の汚染地図作製を目指している。今後、北は青森まで、西は愛知、岐阜、福井の各県まで範囲を広げて測定する。これまでの地図は文科省のウェブサイト(http://radioactivity.mext.go.jp/)で公開している。

ソースは
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E2E4E2E6918DE2E4E3E2E0E2E3E39180EAE2E2E2


文科省の航空モニタリングは相当低く出てるから、実際には数倍だと思った方が良い。

文科省所管の日本分析センター(千葉市稲毛区・空間線量0.125μSv/h 程度)が敷地内の土壌汚染度を計測したら、セシウム134、137の合計が1uあたり15万ベクレルくらいになってる。

放射性核種の蓄積量について(5月16日)←をクリック

腐葉土→6万ベクレル位

小石まじりの土→15万ベクレルくらい

http://www.jcac.or.jp/senryoritu_kekka.html

日本分析センター(にほんぶんせきセンター)は、千葉市稲毛区にある文部科学省所管の財団法人。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

また、総放出量から見てセシウムだけで広島原爆168個分の福島はチェルノ(広島原爆90個分)を軽く超えており、チェルノで最も汚染された地域はセシウム137で1uあたり380万ベクレルだが、福島の大熊町からは同元素が1u1545万ベクレル出ている。

http://d.hatena.ne.jp/chamuchamu/20110830/1314665233(リンク先2個目の記事参照)

ヨーロッパ汚染度マップ(IAEAによる調査)1kbq=1000ベクレル

FIG_3_5.jpg


http://www.numtech.co.jp/column/20110520/(画像元のリンク・IAEA報告書(2006)抄訳: チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復)

セシウム137だけの汚染マップだが、1000キロ以上離れた南ドイツ、オーストリア、スカンジナビア半島の一部に準高濃度汚染4万〜18万5千ベクレルの地域が存在する。

チェルノを軽く超えているのに、たかだか200キロ程度でセシウム134、137の合計が6万から10万なんてのはあり得ない。

実際には1uあたり50万〜100万ベクレルだと思われる。

千葉市稲毛区にある日本分析センターによる土壌汚染度とも大きく異なるからね。

この図と前の日経の図とを見比べてほしい。

福島第一原発から漏れ出た放射能汚染ルートとタイミング
route930.jpg


政府はまだこんな小細工をしている。

普通に考えて、茨城から柏のラインの延長上、東京湾北部はもっと汚染が進んでいるはずだ。

こないだ横浜の大倉山でホットスポットが見つかったわけだし、もっとまじめに調べないとダメだ。

既に分かっているが発表をしないだけなのかもな。

『東京、神奈川は茶色だから安心だ。』 『福島は赤でマジやばいな。』という国のテクニックに騙されてるのではないか?

10K未満を全て一番ランク低い茶色で統一して、そう見えるように作られた汚染マップではないかこれは?

やろうと思えば100K未満を茶色で表示して、福島原発周辺以外は全て茶色にすることもできる。

そしたら「原発周辺以外はたいしたことないな」という印象を与える事も出来る。

そこまでやったらさすがにバレるが「10K未満」というギリギリのラインで、上手く「東京は安全だ」という印象を与える事が出来るのが、この汚染マップ。


群馬県に対しては以下のような事態も起こっている。

「原発近い」と開催中止 ロシア美術館が汚染懸念

 群馬県立近代美術館(高崎市)で開催予定だったロシア国立エルミタージュ美術館所蔵のガラス工芸品展が「東京電力福島第1原発に近い」との理由で開催中止になったことが28日、近代美術館への取材で分かった。

 エルミタージュ美術館の意向で「放射性物質による展示品の汚染が懸念される」との説明を受けたという。近代美術館は福島第1原発から約210キロに位置している。

 近代美術館によると、展覧会は6月から北海道、東京で既に開催。10月からは岡山で開かれる。高崎では12月から開かれる予定だったが、5月にエルミタージュ美術館から中止の申し入れがあった。

ソースは
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092801000466.html

お金に余裕のない人は逃げる事も出来ない。

放射能汚染に対する国の対応は一向に改善されようとしない。

今後どのようになっていくのか実に心配である。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。