【民主党】“ダメ菅”機密費が月1億円超!血税が豪華料理に消えた?鳩山由紀夫政権から月4000万円も増えたが、日本国民に恩恵無し - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【民主党】“ダメ菅”機密費が月1億円超!血税が豪華料理に消えた?鳩山由紀夫政権から月4000万円も増えたが、日本国民に恩恵無し

plt1109271554006-n1.jpg


 菅直人政権が昨年6月から今年9月までに、内閣官房報償費(機密費)を計15億3000万円も支出していたことが分かった。1日なんと約340万円、月に1億円を超える。官邸居座りを続けた「史上最悪の宰相」は、国民の税金を湯水のように使っていたのか。

 これは、新党大地の浅野貴博、共産党の塩川鉄也両衆院議員がそれぞれ提出していた質問主意書に対し、政府が27日午前の閣議で決定した答弁書で明らかになった。使途は公表されていない。

 同様の答弁書は昨年5月にも閣議決定され、鳩山由紀夫政権が毎月6000万円の機密費を支出していたことが分かっている。菅政権になって月に4000万円も増えているが、内政・外交ともに、国民が増加分の恩恵を受けた実感はない。

 それどころか、菅政権は昨年6月の発足直後、民主党が否定していた「消費税増税」に突然意欲を見せたうえ、沖縄・尖閣沖中国漁船衝突事件では弱腰外交を展開。東日本大震災後は、菅氏が閣僚や官僚を怒鳴り上げるばかりで求心力を失い、被災地の復旧・復興を大幅に遅らせた。

 菅政権で思い出すのは、菅氏の「イラ菅」ぶりと、伸子夫人や側近議員らを引き連れての、高級中華店や焼肉店、寿司店、イタリアンなどへの食べ歩きぐらいか。

 一昨年の政権交代で、国民は機密費の透明性確保を期待したが、後任の野田政権は「官房長官が使途などを検証する中で、今後検討する」との説明にとどめている。

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110927/plt1109271554006-n1.htm

内閣官房報償費(機密費)だが、菅内閣が使いすぎたわけではない。

自由民主党時代、小泉内閣で64億5130万円、安倍内閣で12億3020万円、福田内閣で12億3020万円、麻生内閣で13億8020万円(内総選挙2日後2億5000万円)、鳩山内閣1億2000万円(最初の2ヶ月間記載)

菅政権時はしかし実際に東日本大災害がらみで、人動かすのに莫大に費用が必要だった。

まあでも各政権大概は野党対策やお土産や、あと自民のネサポにも当時機密費使われたは話は有名。

まああっちもこっちも同じようにやってるのかな。

kimituhi.jpg


まあ自民も民主もバラまきまくりよ。

自党内で部下に配ったり、政治記者に配ったり、世論対策に使ったり、使い放題の金らしい。

自民時代は存在もあまり詳しく知られてなかった。

きれいごとだけで世の中動く訳ではないだろうから、機密費が駄目だとは思わないが、民主党が使ってると思うと、ロクな使い方をしていない気がしてしまう。

しかしだが、民主党は野党時代にはあんだけ公表しろって言ってたのにな・・・。

政権を取ってしまえばこんなものか、だから信用ならんと言われてしまうのだ。

原資は日本国民の血税で有る事は皆が知っている事実。

やはり非公開でこれだけのお金を使えるのは問題があるのではないかと思う。

日本国民の生活が苦しい中、何とか払っている血税である。

詳細な報告でなくとも何らかの形で報告はして頂きたい。

私たちには知る権利があるのだから。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。