野田総理はなぜウソをついたのか、怪しい「どじょうの美談」 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




野田総理はなぜウソをついたのか、怪しい「どじょうの美談」

img_97a08922cb676baaacdc2b2e3bc2e5c448105.jpg

 どじょうは身の危険を察すると、ひょろりと泥の中に身を隠す。自らどじょうを名乗ったこの男も、やはり自分の危険を察したり、都合の悪いことが起こると、どこかに身を隠してしまうようだ。

こんなことで大丈夫?

「政治に必要なのは、夢、志、矜持、人情、血の通った政治だ。一人ひとりを大切にする政治をやり遂げたい。『どじょうがさ、金魚のまねすることねんだよなあ』という相田みつをさんの言葉が好きだ」

 民主党代表選での、野田佳彦新総理の演説に心打たれたという人は、少なくないだろう。内閣発足後初めて行われた世論調査では、日経新聞の67%をはじめ、軒並み高い支持率を示しており、支持する理由のなかで最も多かったのが「野田氏の人柄」であった。

 二世議員でもない、落選経験があり苦労もしている、演説もうまいと評判である。さらに、美談にもこと欠かない。「24年間、雨の日も風の日も駅前で辻立ちを続けた」「松下政経塾の1期生として、後輩たちの面倒を熱心に見ていた」「奥さんを立てる人で、『いまの野田佳彦があるのは妻のおかげ』が口癖」などなど、実直でマジメな政治家として語られることが多い。

 しかし、野田総理の美談に素直に心動かされていては、われわれ国民はバカを見るかもしれない。就任から1週間、早くも野田総理の美談に、ほころびが見え始めているからだ。

 たとえば「父が陸上自衛隊習志野駐屯地の空挺団の一員で、落下傘部隊が降下訓練しているのを見て育った」---野田総理はことあるごとに自身のバックグラウンドについてこう語っているそうだが、この話、どうも胡散臭いのである。

「野田氏の父は、実は空挺団には所属していなかったのではないかとの疑念がもたれているのです」

 こう話すのは、総理の地元・船橋市の市議会関係者だ。

「すでに退官された野田氏の父親の現役時代の所属について、習志野駐屯地が改めて確認したところ、第1空挺団の所属ではなく、駐屯地の管理業務を行う『業務隊』の所属であったことが分かったのです」

『日刊ゲンダイ』紙は9月5日号でこの問題について習志野駐屯地に取材を行っており、広報班が「同じ習志野駐屯地でも野田首相の父親は『業務隊』の所属でした」と回答したと書いている。ところが本誌が改めて取材すると、「この件については現在調査中です」(広報班)と、ずいぶんと見解が変わっている。野田総理の周辺から「答えるな」と圧力でもかかったのだろうか。

 空挺団と業務隊では随分とイメージが違う。野田総理はなぜこんな誤解を招く話を周囲に吹聴していたのか。野田総理の事務所に確認すると、「野田本人がそういう話をしていたかは確認できない」との回答であったが、野田総理の弟で、船橋市議を務める野田剛彦氏はこう答える。

「父は習志野駐屯地に勤務しておりましたが、厳密に言えば空挺団の所属ではありません。『父は空挺団所属』と兄が話していたかは定かではありませんが、第1空挺団を補佐する業務に携わっていた、という説明が少し複雑であるために、『第1空挺団』と説明し、それが一人歩きしているのかもしれません」

 野田総理本人の説明がない以上、その真意は測りかねるが、説明するのが複雑だから「父は空挺団に所属していた」と言っていたのであれば、ずいぶんと雑な性格ではないか。

 さらに、9月3日には野田総理の資金管理団体「未来クラブ」が、2人の在日韓国人男性から今年までに計31万8000円の献金を受けていたことが発覚。この件について野田首相側は「本人も事務所も知らなかった」と主張しているが、地元・船橋市を取材すると、どうもそうではなさそうだ。

「この男性のうち一人は民団(在日本大韓民国民団)支部の幹部。野田首相は地元で開催される民団のイベントにも積極的に顔を出しており、この男性についてはよく知っているはず。献金を受け取ったことを『知らなかった』というのは無理があるのでは」(別の船橋市議会関係者)

 9月3日、宿泊先のホテルから外出する際、記者団に「献金について釈明する気はあるか」と問われた野田首相は、無言で車に乗り込んだ。

「菅前総理と違って、野田さんは記者の取材にまともに答えてくれる人かと思っていたが、自分に都合の悪いことになると、雄弁はどこへいったのやら、まともに取り合ってくれない」とは総理番記者の野田評だ。就任直後に「福島の再生なくして日本の再生なし」と言い切った割には、就任から約1週間後の8日まで福島視察を先送りにするなど、「誠実さ」をウリにしながら、どうも対応や行動にそれが見られない部分が少なくない。

国民より財務省が第一

 はたして野田総理は国民目線に立った、過去2代のトップよりは少しはマシな総理となるのだろうか。ひとつだけはっきりと分かっていることは、少なくとも財務省にとっては、彼ほど理想的な総理はいないということだ。

「野田総理は『財務省からの内部昇格』と揶揄されていますが、内閣人事を見ても財務省の意向を相当汲み取っているのではないかと思いました。政権交代直後は官僚もひっそりと身を潜めていましたが、野田政権の誕生によって、特に財務省は大手を振って前面にでてくるようになるでしょう」

 こう語るのは、『「財務省」で何が変わるか』の著者で、官僚人事に詳しい、東京新聞編集委員の川北隆雄氏だ。「増税政権」と目されてきた野田内閣は、大方の予想どおり、財務省の意向に沿った「増税シフト」で人事を固めてきたのだ。

 まず注目したいのが、首相秘書官人事だ。これには財務省主計局次長の太田充氏が起用された。

「太田氏は昭和58年に大蔵省に入省、主税局、主計局、金融庁と本流を歩んできました。同期の財務官僚の中では一、二を争うエースとされる存在で、地方財政担当の主計官時代には、地方交付税を抑制して国の財政再建を優先すべきだと主張してきた、ガチガチの増税派です」(東京新聞論説副主幹・長谷川幸洋氏)

 そんな太田氏が野田総理の世話役に就いたのだから、狙いははっきりしている。民主党の田村謙治衆議院議員がこう説明する。

「太田氏は、現在野田総理の日程管理などを仕切っていると聞いています。日程を管理するということは、他の大臣や各省庁の役人との面会などについても誰と会うか会わないかをコントロールできるので、野田総理に無駄な雑音が入らないようにできるのです」

 続いて、財務大臣に安住淳前国対委員長が選ばれたのも、絶妙の人事と言われる。なぜ「絶妙」なのか。前出・川北氏が解説する。

「財政に精通していない安住氏なら、財務省はさまざまな知恵を吹き込みやすい。威張りたがり屋の安住氏は官僚と衝突すると予想する人もいるようですが、逆に財務官僚は洗脳しやすい大臣≠ニ考えていると思います」

 民主党代議士秘書の解説はさらに露骨だ。

「下手に自分で考えたりせず、財務省と野田首相の言うことを黙って聞く軽量級の安住さんを財務大臣にすればいいという判断でしょう。財務大臣は実際には野田首相が兼務するようなもの。安住さんは財務省のスポークスマンをやってくれればいいと考えている」

 これもまた、増税をぬかりなく進めるための重要な布石の一つなのである。

本当は勝栄二郎内閣

 さらに注目すべきなのが、内閣官房副長官の人事である。経済・外交政策を調整し、実質的に霞が関を仕切る重責を担うのが、官房副長官。このキーポストは、従来は旧内務省(主に旧自治省・旧厚生省・警察庁など)の事務次官ОBの指定席だった。ところが野田内閣では、現役の国土交通事務次官の竹歳誠氏を抜擢するという、過去に例のない人事を行い、政官界事情に通じた人々の注目を集めた。元財務省キャリアの高橋洋一氏が言う。

「この人事にはびっくりしました。一時は読売新聞に天下った前財務事務次官の丹呉泰健氏の名が官房副長官候補に挙がっていました。ただ、それではあまりに財務省カラーが露骨に出過ぎるので、勝栄二郎・現財務事務次官の盟友とも言われる、竹歳氏を国交省から持ってきたのでしょう」

 勝栄二郎氏とは、「10年に一人の逸材」「最後の大物次官」と言われる人物。「2期以上務めれば歴史に名を残す」と言われる次官の、まさに現在2期目を務めているところで、3期目も確実視されているほどだ。

「切れ者であるが、同時に気に入らない部下は、どれだけ優秀な人間であってもその芽を摘んでしまう」(財務省OB)との評価もあるが、その切れ者が狙うのが、財務省の悲願でもある財政再建・増税路線で、この勝氏こそが、野田内閣のキーパーソンなのである。

「竹歳さんの異例の抜擢は明らかに財務省人事≠ナす。国交省で公共事業を担当してきた竹歳さんは、財布を握る財務省とは気脈が通じている。特に勝氏とはツーカーの関係。財務省から見たら、竹歳さんは自分たちに逆らわない、使い勝手のいい相手なのです。野田内閣では大震災の復旧・復興が最優先になる。公共事業に精通していて、なおかつ財務省の意向に逆らわない竹歳官房副長官は、まさにうってつけの人事と言っていい」(経産省幹部)

 竹歳官房副長官の人事を野田総理に進言したのも、勝氏だと言われる。

「野田さんは内閣人事について勝氏に相談していた。その際、勝氏が竹歳氏の起用を提案したようです。慣例からいけば、今回は厚労省ОBが官房副長官に就く順番だった。でも、社会保障費が毎年1兆円ずつ増えていく状況の中で歳出削減をするには、厚労省出身の官房副長官ではやりにくい。そこで、同じ旧内務省グループの国交省の竹歳氏を持ってきた。竹歳氏なら復旧・復興を第一に考えた人事という演出≠ノもなるし、財務省の意向も通せる。勝氏のアドバイスを聞いて、野田さんは『それは妙案ですね』と喜んだらしい」(全国紙政治部デスク)

 勝氏の関与は、官房副長官人事にとどまらない。元財務相で野田総理の師とも言われる藤井裕久氏を介して、野田内閣の人事にも深く関与したというのだ。

「財務副大臣時代の野田さんに、財政のレクチャーを行ったのも勝氏なら、野田さんに経団連の米倉弘昌会長や、新日鉄の三村明夫会長ら経済界の重鎮を紹介したのも勝氏。内閣人事においても、要所要所でアドバイスを施しています。そんな力関係ですから、野田内閣が誕生した瞬間、財務省幹部らが集まって『祝勝会』が開かれました。これで日本の政治が、財務省の思い通りに動かせる、という喜びの気持ちからでしょう」(前出・政治部デスク)

役人がつっつく「どじょう鍋」

 こうした内閣人事を筆頭に、野田総理は完全に藤井氏と勝氏の意のままに動いている。それは、次のエピソードからも明らかだ。

「代表選前にも、野田さんは藤井さんにアドバイスを求めているんですが、そのとき藤井さんは、『ズバリ、大平内閣を目指せ』と助言したそうです。大平内閣は財政再建と一般消費税を目指した。野田政権も、それを目指せということです。このアドバイスを受けて、野田さんはさっそく故・大平正芳元首相の娘婿で元運輸大臣の森田一氏を訪ね、大平内閣に関する資料をごっそりもらって帰ったのです」(民主党幹部代議士秘書)

 さらに野田総理は、月刊誌『Voice』10月号に「わが政治哲学」という政策論文を寄稿。「これ以上の借金を将来の世代に残さない」と「増税」の必要性をこれでもかと説いているが、ここで展開されている政策論は、野田総理によって書かれたものではなく、なんと財務省官僚によるものだというのだ。

「書いたのは財務省の3人の課長クラスで、監修者が藤井裕久氏です。財務省のメッセージに、野田さんの浪花節をまじえて作り上げたものです」(前出・財務省OB)

 官僚の作文を、自分の名義で発表するとは、まるで自民党時代の大臣とソックリ。野田総理はあえて時代に逆行しようとしているのか、官僚厚遇のための新ポジションの創設まで企てているというから驚きだ。

「民主党政権誕生以降、官僚の天下り先がどんどん減らされていきましたが、野田さんは天下り先のない窓際官僚の受け皿となる『高位スタッフ職』というポジションを設けようと画策しています。代表選のときに作成した野田さんの『政権構想』の中にも、この高位スタッフ職の創設が、さりげなく盛り込まれているのです」(前出・政治部デスク)

 野田総理の官僚厚遇はこれだけに留まらない。事業仕分けで凍結されていた埼玉県朝霞市の13階建て国家公務員宿舎建設工事が、先日再開されたのだが、この再開を承認したのは、財務大臣時代の野田総理。あんなに熱心に事業仕分けに取り組んでいた張本人が、官僚のための豪華宿舎建設にゴーサインを出したのだ。

「そもそも官舎はすでに余っている状態なので、新たに建設する必要はない。国家公務員の官舎の管轄は財務省が行っており、官舎を減らすと財務省の権限がなくなるので、工事の凍結に財務省は大反対でした。野田さんがこの建設工事再開にゴーサインを出したのなら、まさに財務官僚のいいなり、と見られても仕方がありません」(ジャーナリスト・若林亜紀氏)

 野田総理は、どうやら「官僚天国」を作り上げようとしているようだ。元経産省官僚の原英史政策工房社長はこう指摘する。

「野田内閣の閣僚人事は党内政治をにらんだ派閥均衡の『適材適所』であって、能力による『適材適所』ではない。これでは『大臣はお飾りで、実際の仕事は官僚任せ』という古い自民党政権への回帰そのものです。それがわかっているからこそ、霞が関はこぞって野田内閣に強い期待感をあらわにしているのです」

 野田総理は前述した『Voice』誌で、「『この日本に生まれてよかった』と思える国をいかにつくるか」、それが自分の使命であるとの決意表明をしている。しかし、彼が作ろうとしているのは、どうやら「役人になってよかった」と思える国のようである。


「週刊現代」2011年9月24日・10月1日号より



この記事を読む限り一般の日本国民は役人の為に生きるような感じになってしまうと言う事なのだろう。

どじょうは身の危険を察すると、ひょろりと泥の中に身を隠す。

自らどじょうを名乗ったこの男も、やはり自分の危険を察したり、都合の悪いことが起こると、どこかに身を隠してしまうようだ。

野田総理よ、彼方は本当にこのようなお考えか?

内閣の大臣達の顔ぶれを見ると確かに『大臣はお飾りで、実際の仕事は官僚任せ』と言うような感じがしてしまう。

自民党政権から民主党政権に変わってから良くなった事があったのだろうか?

野田総理就任直後は期待をしていたが、今となっては全く期待も出来そうになさそうだ。

止まるとこを見せない円高、必ずと言っていいほど上がってしまう税金。

日本国民はどのように生きていけば良いのだろう?

円高に苦しむ企業が国外へ出て行ってしまった場合ついて行く社員も入れば、ついて行かない社員あるいはついて行きたいが、連れて行ってもらえない社員。

そんな事も沢山出てくるだろう。

働き口がなく、給与がもらえず、税金だけは上がっていくそんな時代になってしまう。

一般人にはまるで地獄絵図のようだが役人は厳重に保護され天国のような生活になって行く・・・。

私が感じる事だが、あまりにも政治に無関心の人が多すぎる。

何をしても変わらない。選挙に行っても意味がないとか言ってる場合ではない。

それこそ思うつぼなのだと言う事を良く知っておいた方がいい。

今のシステムでは選挙でしか意見を言う場がない。

いっその事『マイナス票』もシステムとして有れば良いと思う。

政治家にしたくない人の名前を書き、書かれた人はその人数分を得票数からマイナスするそうすれば民意がよりダイレクトに伝わるのではないか。

それにしてもここまで政治が信用できない国の一般の国民は地獄でしかない。

そう感じて仕方ない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。