【経済】「私たちは悪くない」--"劣等生ギリシャ"国民の意外な本音 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【経済】「私たちは悪くない」--"劣等生ギリシャ"国民の意外な本音

「劣等生ギリシャ」国民の意外な本音

経済破綻を避けるためギリシャ政府は緊縮財政の強化に必死だが、労働環境の悪化や増税に苦しむ市民の不満は爆発寸前

webbiz070911.jpg


 デフォルト(債務不履行)の危機にあるギリシャでは今、一般の国民は途方もないプレッシャーにさいなまれている。ギリシャに疑いの目を向ける支援国に対して、支出削減と歳入増加をきちんと達成する、と政府が必死に説得しているからだ。

 EU諸国とIMF(国際通貨基金)からの追加融資がなければギリシャ経済は崩壊し、ユーロ圏だけでなく世界経済までも脅かす事態になる。

 2010年5月に決定された1500億ドルの救済を継続して受け取るために、ギリシャ政府は緊縮政策の強化を迫られている。今年の予算目標の不足分28億ドルを穴埋めするために、新たな固定資産税の導入も発表された。この固定資産税は電気料金を通じて徴収し、未払いの場合は電気を止められる。今週にも議会採決が行われる予定だ。

 そんななか、ギリシャ市民の不安や不満は高まる一方。先週は労働組合のストで電車やバス、タクシーが運行を中止し、今週も大規模な交通ストが予定されている。

 国営電力会社の労働組合は以前から、電気料金を通じての固定資産税の徴収を拒否すると、声高に叫んできた。それでもエバンゲロス・ベニゼロス財務相は先週、当初は2年間の暫定措置としていた固定資産税がもっと延長される可能性があると発言。さらに、財政改革を行わなければギリシャは2000年に経済破綻したアルゼンチンのような危機に陥ると警告した。
「大企業と銀行が作った借金だ」

 しかし公立病院の小児科医クリストス・アルギリス(32)は、政府の要求は行き過ぎだと言う。「私たちは金持ちじゃない」とアルギリス。彼は「週100時間」働いているのに、年収は約3万2000ドルだという。「公立の病院には医者がほとんどいない。政府は銀行にカネを回すために私たちの月給を300〜400ユーロも減らしている」とアルギリスは言う。「だから私たちの答えはノーだ。債務なんて知ったことか。私たちが作った借金じゃない。資本主義の大企業と銀行が作った借金じゃないか」

 首都アテネ郊外のガラッシの市場で花売りをするテオという名の男性は、ストがもっと起きればいいと言う。「首根っこをつかまれたような状態で、一体どうしろっていうんだ。ただ座ったまま、死ぬのを待てって? そんなわけにはいかないさ」と、彼は言う。

 テオの妻は1年前、ビジネスコンサルタントの職を失った。所有していた車2台のうち1台を売って狭いアパートに引越し、2人の子供が通っていた私立幼稚園も辞めさせた。

「ギリシャはとっくに破産していて、政府がそれを公にしていないだけじゃないかと、みんなびくびくしている」と、テオは語る。「でも、政府が言うほど悲惨な事態になるとは思わない。恐怖を煽るのは、人々をコントロールする効果的なやり方さ」

ソースは
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2011/09/post-2274.php

ギリシャ人は昔からそうだよな。

約束を守らない、自分の義務を果たさない、責任を認めない。

問題が起こると常に他の誰かのせいにして、自分だけは損害を免れようとする。

だから地中海の覇権がギリシャからローマに移ると、ローマ人はギリシャの歴史と文化を敬し愛しつつも、同じ時代に生きているギリシャ人のことは心の底から軽蔑し信用しなかった。

二千年前からずっとこんなこと続けてる連中。

お前らの政府だろ! 責任もって自分たちで何とかしろよ!

公務員栄えて国が滅ぶ。

ギリシャの破綻は日本の近い将来の姿ではなかろうか?

まあ、でも普通の人間の感覚ならそうだろう。

でも、粉飾決算とか、公務員だらけとかあまりにも国家として無茶苦茶しすぎた政府を支持していた事は、見つめて欲しい。

私も民主党政権を作ってしまった事は、真摯に見つめているから。

日本も破綻したら「俺たちは悪くない団塊が悪い」ってみんな言うだろう?

団塊は団塊で「ゆとりの若者のせい」って言うだろう?

そんなもんじゃないかな。

殆どの人が、仮に日本が明日倒産したら同じ事言うと思う。

「俺普通に働いていただけなんだけど・・・」って

誰が悪いって言っても政治を監視して来なかった国民の自業自得であり連帯責任なので・・・。

明日のギリシアにならない為にも公務員の皆さん少しは一般人と同じレベルになって下さい。

20110923-6.jpg


詳しくはこちら
http://www.a-bank.jp/contents/guide/businessreport/e-topics/2011/keizai409.pdf

別に公務員叩きをするつもりはないが、日本の税収40兆円のうち公務員給与32兆円というのではまるで公務員給与を払うために納税してるようなモノだ。

残りのたった8兆円でまともな行政サービスなどできるわけがない。

かといって、ハードランディングでクビ斬りでは彼らもたまったものではない。

まずはお手盛りな公務員給与の削減で生き残りを図るべきだ。

そうすれば日本国民の殆どが増税に納得でき財政再建へと大きく進行できる事であろう。

野田総理よ、増税の話ばかり進み、自分たちは何も痛みを出さずに100億もかけて公務員宿舎を建てているような公務員を改革せよ。

ドジョウのまま沼深くに潜っている場合ではない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。