【タイムマシン】光速超えるニュートリノ発見で「タイムマシン可能に」 専門家らも驚き - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【タイムマシン】光速超えるニュートリノ発見で「タイムマシン可能に」 専門家らも驚き

光速超えるニュートリノ 「タイムマシン可能に」 専門家ら驚き「検証を」

scn11092400300000-p1.jpg


 名古屋大などの国際研究グループが23日発表した、ニュートリノが光よりも速いという実験結果。光よりも速い物体が存在することになれば、アインシュタインの相対性理論で実現不可能とされた“タイムマシン”も可能になるかもしれない。これまでの物理学の常識を超えた結果に、専門家からは驚きとともに、徹底した検証を求める声があがっている。


 ■概念変わる?

 「現代の理論物理がよって立つアインシュタインの理論を覆す大変な結果だ。本当ならタイムマシンも可能になる」と東大の村山斉・数物連携宇宙研究機構長は驚きを隠さない。

 アインシュタインの特殊相対性理論によると、質量のある物体の速度が光の速度に近づくと、その物体の時間の進み方は遅くなり、光速に達すると時間は止まってしまう。

 光速で動く物体が時間が止まった状態だとすると、それよりも速いニュートリノは時間をさかのぼっているのかもしれない。すると、過去へのタイムトラベルも現実味を帯び、時間の概念すら変更を余儀なくされる可能性もある。

 それだけに、村山氏は「結果が正しいかどうか、別の検証実験が不可欠だ。実験は遠く離れた2地点の間でニュートリノを飛ばし、所要時間を計るというシンプルなアイデア。正確さを確保するには双方の時計をきちんと合わせる必要があるが、これはそれほど簡単ではない」と語る。

 ■新たな一歩に

 スーパーカミオカンデ実験を率いる東大の鈴木洋一郎教授も「別の機関による検証実験で、結果の正しさを確かめることが大事だ」と慎重な姿勢だ。

 鈴木氏は、昭和62年に小柴昌俊氏がニュートリノを検出した実験で、超新星爆発で出た光とニュートリノがほぼ同時に観測されたことを指摘。「両者の速度に今回のような違いがあるとすると、ニュートリノは光よりも1年は早く地球に到達していなければおかしいことになる」と語る。

 実験に参加した名古屋大の小松雅宏准教授は「実験に間違いがないかと検証を繰り返したが、否定できない結果になった。公表することで他の研究者による検証や追試が進み、物理学の新たな一歩につながれば」と話している。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110924/scn11092400300000-n1.htm

因果律の崩壊

今回の例で言えば、誰が見ても

CERN「ビーム照射するぜ!」は必ず
OPERA「ニュートリノ受け取ったぜ!」
より前に起こるということ。

もし、ニュートリノが光速を超えていると、光に近い速さで
移動している人によっては
OPERA「ニュートリノ受け取ったぜ!」
    ↓
ニュートリノがCERNへ逆行
    ↓
CERN「ビーム照射するぜ!」
という順序で物事が起こってしまう。

いずれにせよ、人文科学・社会科学が混沌の世界に叩き込まれるのは間違いない。

すべてのまともな理論が因果律を前提としているのだから。

分析的思考を放棄して直観や印象に頼るトンデモ理論が幅を利かせるようになってしまうだろう。

恐ろしや。

この夜のことは忘れられないな。

世界を数世紀にわたって揺るがす現代ヨーロッパ諸科学の崩壊が、この夜に始まったんだと。

いや、自然科学はともかく、人文・社会科学においては因果律は絶対なんだよ。

例外があればそれだけで基盤が崩れる理論はいくらでもある。

自然科学は大丈夫かもしれないが、因果律を絶対の前提として組み立てられている学問は、全部作り直しになる。

哲学、社会学、法学あたりは多大な影響を受ける。

今回発見されたのは時間が超ゆっくり流れるだけで厳密な意味でのタイムマシーンではないけど、光の何兆倍も速く移動する物質が発見されれば過去に戻る事も理屈上は可能。

今までは光より速い物質は存在しないから、それは数学上の話とされていたけどその原則が今回の発見が正しければ崩れた事になる。

アニメや漫画、映画のように本当に未来過去を行き来する事が出来るようになるのか、このような技術開発はおもしろくてたまらない。

実用化に向け頑張ってほしいです。

今目に止まったが、NASAの衛生が落下中のようだ。
こちらで移動経路が確認できる。
http://www.lizard-tail.com/isana/tracking/index.html?&target=uars

日本付近を通過するコース
これまでの結果と今後の予定

@ 北方領土  通過 AM1:54
A 中部地方  通過 AM3:27 
B 沖縄地方  予定 AM4:57 予定
C ベトナム縦断 AM AM6:30頃
D スマトラ島 AM 8:00頃
E モルディブ AM 10:00頃
F イギリス、フランス、ドイツ AM11:30頃
G スペイン、地中海、リビア以南◎本命◎ PM1:00頃
H 西アフリカ縦断 PM2:30頃

※時刻及び通過軌道は、あくまでも現時点での目安です。

大惨事にならないように祈るしかない。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

これは実験ミス、超新星爆発の時、光とニュートリノ同時着のほうを信じる。

 常温核融合の話もあまり進展ないようだし、、、
Posted by sunsun at 2011年09月24日 06:23
因果律は崩れないでしょう。遠くの反射板に光を当てて戻ってきたとき、必ず未来になりますよね。
無限大の粒子を当てたら、放出と同時に戻ってくる
つまり過去に戻すには無限大「以上」の速度が必要でしょう。
細かい話は省くけど、光が「限界速度」だというのは単に力学上の都合だと思います
Posted by jp at 2011年09月24日 14:38

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

光より速いニュートリノ
Excerpt: 読売新聞 9月23日(金) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110923-00000374-yom-sci 記事によると、名古屋大などの国際研究グループが23..
Weblog: 日本は危機的な状態です!
Tracked: 2011-09-25 00:58
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。