【論説】 「『フジは売国奴』と韓流推しに対するデモが起きた。海外番組に規制のない日本。さらに海外番組は増えるのか」…朝日新聞 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【論説】 「『フジは売国奴』と韓流推しに対するデモが起きた。海外番組に規制のない日本。さらに海外番組は増えるのか」…朝日新聞



韓流番組、なぜ増えた? TV局「自前より安い」・韓国「輸出」に力

TKY201109200103.jpg


 日本のテレビでも、すっかりおなじみとなった韓流コンテンツ。ドラマに音楽に存在感を増す一方、一部で批判もあがりはじめた。国外では「規制」に向けた動きまで出てきた。

 「もっと日本のドラマをみたい」「フジは売国奴」

 先月7日、東京・台場のフジテレビ周辺。韓国の番組や音楽を多く流し偏っていると数百人が練り歩き、訴えた。同21日は5千人以上。その後もデモが続く。

 たしかに韓国番組は増えている。7月の番組表(関東地区)を調べると、フジが韓国ドラマを放送した時間は約38時間で民放の中で最も多い。続くTBSの約19時間の2倍だ。NHK放送文化研究所の2009年の調査では、韓国を含む外国番組の衛星放送への移行が進み、地上波では「減少傾向にある」。だが「昨年辺りから増えている」(同研究所担当者)という。

 理由は「安さ」だ。景気低迷などで広告費は減少。「自局で制作するより、他国から安く買う方がいい。韓国ドラマは視聴率をそこそことる」と、在京民放キー局関係者は言う。テレビ業界の課題である、制作費の切り詰めにもつながる。

 ただ、総世帯視聴率が高いゴールデンタイムで放送される例は少ない。民放で近年放送されたのは「アイリス」(TBS)くらい。フジやTBSが主に流すのは平日朝や昼だ。

 韓国番組の普及の背景には韓国の「戦略」もある。1997年の経済危機を機に大手企業がグローバル戦略を強化。人口が日本の3分の1で市場規模も小さいなか、国外市場を意識した作品づくりを本格化させた。国も後押ししている。

 NHKが「冬のソナタ」を放映した03年に628万ドルだった韓国ドラマの日本への輸出額(契約時)は、10年に8162万ドルと急増。総輸出額のおよそ6割が日本だ。ベトナムやマレーシアなどアジア各国にも広がる。

 韓国の政府系機関「韓国コンテンツ振興院」のキム・ヨンドクさんは「アジア各国に輸出しているが、文化的に近く市場規模も大きいことが、日本進出につながっている」と話す。

 海外番組への規制はないのに国産番組ばかり――。「日本は市場競争だけで、海外作品を排除してきた。国際的にも珍しい」と砂川浩慶立教大准教授(メディア論)は指摘する。

 欧州連合(EU)では、EU外の番組放送時間に厳しい制約がある。EU指令(法律)は報道やスポーツ中継などを除いたテレビの放送時間の半分以上を、加盟国内制作の番組にするよう義務づけている。

 近年、韓国ドラマが急速に浸透する台湾では「規制」の動きが起きた。現地紙「中国時報」によると、政府機関「独立規制機関(NCC)」が、大手テレビ局「東森」に、韓国ドラマの比率を下げ、経営計画通りにするよう指導した。

 事の発端は、国会にあたる立法院で今年1月、野党・民進党の議員が同局を含めた3局のドラマ専門チャンネルのほぼ100%が韓国ドラマ、と問題視。「台湾文化を守るため規制を強化するべきだ」と主張したことという。

 日本は戦後、米国から多くの海外ドラマが輸入された時期はあったが、視聴率を稼いでスターを生み出してきたのは国産番組だ。言葉の「壁」に加え、国を挙げて経済成長を進める際、自国の番組で一体感を強めてきた背景がある。外貨を稼いだ自動車や電機メーカーがスポンサーとなり、制作費をかけた良質な番組を作れたことも一因だ。

 河島伸子同志社大教授(文化政策論)は「EUの規制の背景にはお茶の間に入り込むテレビ番組が文化や民主主義を支えるという意識がある」と指摘する。

 番組制作環境が厳しさを増すなか、日本でも海外番組がますます増えるのか。

 砂川准教授は「日本の番組の質はまだ高い。規制より海外への展開を後押しする方法を考えるべきだ」と話す。(高久潤)

ソースは
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201109200107.html

 アメリカのCG事情



 ドラマでこのレベルさすがとしか言いようがないですね。

 この記事の報道内容の趣旨は少しずれている気がしますが、報道されるという第一歩にはなったと思います。

嫌ならフジテレビ見なければ良いと言った発言がありましたが、

 フジテレビが嫌なら見なけりゃいいで済まない理由として私は以下の事を考えます。

 現在、韓国は日本から多額の借金中(日本が貸している金の元手は、もちろん日本国民の税金)その借金で大韓民国ブランド委員会を運営、韓流コンテンツに多額の補助金を捻出。

 フジテレビ、電通は視聴率が悪くても韓国からの補助金が貰えるのでますます韓流押し。

 異常に安い韓流コンテンツの流入でベテラン制作者がリストラ→日本人制作の番組がつまらなくなる、または無くなる。

 ちなみに、韓国が日本からしている借金は全額踏み倒し中。

 つまり韓流を野放しにすると、日本はますます不良債権を押し付けられることになる。

 電通 に支配されるテレビ局、そのテレビ局と資本関係にある新聞社。

 この「クロスオーナーシップ」制度が放置されているため、テレビ局に不都合なことは新聞社は書かない。新聞社に不都合なことはテレビ局は放送しない。韓流に不都合なことは、電通 の影響力でテレビも新聞もその他息のかかったほとんどのメディアは報道しない。

 NHKを含め、ほとんどすべてのメディアがスクラムを組んで報道統制。

 まるで全体主義国家のようなあり様。日本のマスメディアは、今や隣国がコントロールする洗脳機関に成り下がっている。

 結論から言って、いままで以上に嫌韓が増えたのは事実だと思う。

 フジにしても電通にしても発想が単細胞だったようだ。
 
 当の韓国自体が竹島問題を引きずりながら反日感情を煽ってる状況で、韓流ブームなど起こりえるわけがない。
逆に反韓を呼び起こすだけであって、親韓が進むわけがないだろう。

 子供でも分かる理屈だ。

 韓流ブームを作り上げて嫌韓を増やすという皮肉な結果を招いた事は、自民党議員を追い返して逆に竹島は日本の領土なんだなと国際社会に知らしめてしまったという逆効果の言動に良く似てる。

 やはり朝鮮族は発想が単細胞だから、先を読む能力が全く無いようだ。

 k-poopアイドルってさ、要はインスタントアイドルなんだよね。

 日本で育てる必要もない、容姿もいじってる、ダンスレッスンも受けてる。
 
 カタコトだから失言も出ない。

 日本人嫌ってるからスキャンダルも無い。
 
 つまり即戦力。

 それでもって使用料は格安。

 そりゃ楽したいテレビ局各社、芸能事務所、エンターテイメントマネジメント系は飛びつくよね。

 だって韓国ブランド委員会も韓国押し売り出来るし、日本各社もWinWinで金儲けてうっはうは。

 でもやりすぎちゃったね。

 日本で頑張ってる歌手や俳優が育たなくなっちゃった。

 むしろ育てる気が芸能事務所に無くなっちゃった。

 システムは面白かったけど、楽しちゃ良いものは作れないね。

 皆さんそうは思いませんか?

 全く纏まらず好きに書きましたが、皆さんの韓国に対する気持ちにっすこしでも変化が出れば良いです。

 


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。