【社会】「普通クビだろ」「公僕の資格無し」 “遅刻49回合計4時間で減給は厳し過ぎる”という群馬県職員の提訴に疑問多数 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【社会】「普通クビだろ」「公僕の資格無し」 “遅刻49回合計4時間で減給は厳し過ぎる”という群馬県職員の提訴に疑問多数

3か月で遅刻を49回もした群馬県職員が減給処分を不服として県を提訴したことに、疑問の声が相次いでいる。むしろ減給処分では甘すぎるぐらいだという指摘もあるようだ。

提訴した東部県民局の男性職員(38)は、2010年3月8日〜6月14日にかけて、1〜11分の遅刻を繰り返していた。これに対し、県は8月20日、減給1割を1か月間行う懲戒処分にしている。

「むしろ減給処分では甘すぎる」

群馬県人事課によると、職員は、これを不服として、11年8月16日付で、処分の取り消しと慰謝料140万円などを県に求める訴訟を前橋地裁に起こした。減給処分になったのは、計4時間強の遅刻に対しては相当でなく、違法で無効だと主張している。県には、9月9日に訴状が届いているという。

職員提訴のニュースが14日に流れると、2ちゃんねるで次々にスレッドが立つなど、ネット上では、疑問の声が相次いだ。

「普通クビだろ」「公僕の資格無し」…

短時間とはいえ、3か月の間、ほとんど毎日のように遅刻していた計算になり、そもそも県の処分が甘すぎるというわけだ。

人事課によると、県の指針で、遅刻の繰り返しは、最も軽い懲戒処分の戒告に当たる。しかし、職員は長期にわたって遅刻があまりに多く、上司の注意にも従わなかったなどとして、1段階重い減給にした。1割1か月の減給は、その中で最も軽いという。

この処分に留めたことについて、人事課では、「民間ならクビという考え方もあるようですが、国家公務員の基準に準拠しており、個別の動機や対応の内容を見て決めたということです」と言っている。

総務省の公務員課によると、人事院の基準では、遅刻・早退の繰り返しは戒告とし、内容によっては処分を重くできるとなっている。

職員は「居残って仕事」と主張

提訴した職員は、何か遅刻するような事情でもあったのか。

しかし、群馬県の人事課によると、職員は、遅刻の理由をはっきり言わなかった。そして、その分を居残って仕事をしていると主張したという。

確かに、居残っていたのは事実のようだが、人事課では、それだと県民サービスに支障が出るとしている。提訴については、「県としては、正当な処分を行ったと考えています。今後は、弁護士と相談しながら、適切に対処したい」と言っている。

提訴のニュースでは、処分で9万円以上が減給になったと報じられ、それでは、この職員は給料を月額90万円ももらっていたのかと、2ちゃんなどで騒ぎになった。

人事課では、それはまったくの誤解で、処分でボーナスにも影響が出て、その勤勉手当分が4割減額されたことが大きかったためと説明する。ボーナス年2回のうち、1回の勤勉手当が15万円ほどで、その4割が6万円ほどになるからだ。つまり、残りの3万円が給料の減額分で、実際の月給は、30万円ほどだということになる。

ソースは
http://www.j-cast.com/2011/09/15107452.html?p=all

遅刻したけど、残ってしたから問題ないってのは、万引きしたけどバレてから金払ったって言ってるのと同じようなもんだね。

自分の中ではいってこいなんだろうけど社会のルールを無視してる。

公務員に相応しいとは言えないな。

組織として考えた時に遅刻してくる人間がいると士気が下がるし、この士気が下がるってのは民間企業なら何百万何千万レベルの話になると思います。

損害賠償求めてもいいレベルではないか?

1〜11分の遅刻を繰り返していたって書いてあるから、単にだらしない奴なんだろうな。

しかし、3ヶ月で49回、しかも提訴となると仕事(職場)を舐めてるな。

38歳男性職員は何を考えてるのだ。

うちの会社では遅刻3回で欠勤1回の扱い。

49回も遅刻してたら16回欠勤だから3か月だとして3-4日に1回は休む扱い。

普通の会社ならクビだと思う。

私も同じ群馬県人だがこんな人間ばかりが住んでいる土地みたいに思われてとても遺憾に感じる。

こんな話で群馬県の名前を売らないでほしい。

先日は『築地銀だこ』が東日本大震災の復興の為に本社を群馬県から宮城県へ移すと報道があり復興の為に頑張る人たちの努力している姿が映し出され群馬県人も賞賛されたがこのような負の人物、しかも公務員の失態、頑張っている人たちに水を差すのは止めて頂きたい。

「築地銀だこ」石巻に本社 11月めど移転100人雇用

20110906017jd.jpg


 たこ焼きチェーン「築地銀だこ」などを運営するホットランドは6日、本社を群馬県桐生市から宮城県石巻市に11月をめどに移すと明らかにした。タコの加工工場も石巻市内に新設し、被災地の雇用創出を図る。

◎タコの加工工場も新設

 同社は8月、被災地支援の取り組みとして石巻市内に飲食店や運動用具店などを集めた「ホット横丁石巻」を開設。大型店にテナントとして入るなどの既存スタイルに加わる新業態を、本社移転などで確立する狙いもある。
 新本社はホット横丁に隣接する事務所に置く。正社員、パートなど計約100人を採用。業態開発や人材教育などを手掛ける。現在の本社所在地には工場や物流機能を残し、社員約20人の雇用も継続するという。
 新たな加工工場は年内の立地場所選定を目指し、石巻市と協議中。中国の工場で行っている年2000トンのタコのカット作業のうち約3分の1を移す。雇用規模は未定。
 同社は石巻市出身の社員がいることから、炊き出しなどの活動を震災直後にスタート。ホット横丁は長期的な支援策の一つとして発案し、約100人を雇用した。
 広報担当者は「本社移転は雇用創出の一環で決めた。新工場では水産加工が盛んな地元の人々の技術を活用したい。横丁は今後、東北の他地域や首都圏での展開を目指す」と説明している。

ソースは

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/09/20110907t12007.htm

私は『築地銀だこ』を応援する。

元々ここのたこ焼きが好きなのだが、ポイントカードもゴールドである。

しかし、この公務員の問題ははたして群馬県だけなのであろうか?

殆どが処分もされないからこのような話も出ない。

そんな気がしてしまう。

このような事も含めて、『公務員制度改革』何とかならないものだろうか?



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。