893のピンハネを黙認する東電が原発作業員の食事無償提供を打ち切り ネットから怒りの声 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




893のピンハネを黙認する東電が原発作業員の食事無償提供を打ち切り ネットから怒りの声

P1120647.jpg


現在もいっこうに収束の気配を見せない、福島原発事故問題。復旧の度合いのみならず現場で必死に復旧活動をされている作業員の方たちの健康も心配されるが、目を疑うような報道が本日発売の東京新聞に掲載されていた。

なんと、福島原発作業員へ東京電力から無償で配布されていたレトルトのカレーなどの食品提供を打ち切るというのだ。今後作業員は飲食物について福島県楢葉町にある活動拠点「Jヴィレッジ」で購入しなければならないというが、東京新聞を読んだネットユーザーたちは以下のような怒りの声をあげていた。
 
「ふざけるな、ピンハネも黙認しやがって」
「あのさー、あんたたちの尻拭いするために命懸けで働いてんのよ?自分たちはぬるい生活してるくせに、いい加減にしてくれないかな。あー‼足元見やがって猛烈に腹が立つ。」
「パンや魚肉ソーセージにレトルトのカレーって、ボーイスカウトのキャンプか。命張ってやってんだから、ステーキぐらい出しやがれ、モナ男!政治家さん、並びに東電さんとガッポリ儲けた株主さん、ポケットマネーで継続を!」
「ひどい…現場で命はってる作業員の人達は東電の奴隷じゃないぞ」
「東電は腐っている。」
「作業員さんへの食事くらい震災への義援金とかで仕出しとかを賄えないかなぁ。無理かなぁ」
 
また、その他にも「役員報酬や社員へのボーナスは出るのになぜ食事は打ち切るのか理解不能」との声もあった。確かに低い賃金で過酷な状況で頑張っている人たちに対し、あまりにひどい仕打ちと考える人が出るのは仕方のないことと言えるかもしれない。

これ以外にも真っ黒に塗りつぶした原発事故時手順書を国へ提出した問題や毎月の電気料金の値上げなどの東京電力の行為に対し、ネットの声を見ると多くの人が「国民をなめきっている」と思っているようだ。

ソースは
http://rocketnews24.com/2011/09/13/130313/

もう東電の資産は全て国が接収運営して、現場で働く東電社員や子会社の職員も平等に扱え。

この先、30年近くも事故処理が続くかもしれないのに、誰が好き好んでこんな現場で命張れるんだよ。

高額給与の役職者は、技術者以外全て解任でいい。

こんなことをしていてはこの先作業員がいなくなってしまうよ。

Jビレッジでしか買う事ができないのにそこの商品の値段は誰が決めるの?

スーパーで買えば安いのに定価で買わされて納品業者=東電は丸儲けな訳だが・・・。

これが搾取じゃないと言えるの?

それに、Jビレッジと福島第一原発は20kmぐらい離れてるだろ?

へとへとになって早く飯食いたいのに20km移動しなくてはならないとか尋常ではない。

これによって現場作業員がきちんとした食事を取れずに体調が崩れそれによるヒューマンエラーが発生したらどうするつもりなのか?

お金では解決できない事態になってしまうのではないか?昨日のフランスでの原発事故も作業員のミスが原因らしいが、人一人が完全に炭になってしまうほどだ。

福島第一原発で今度事故が起きてしまったら?

起こさないようにする最善の策をちゃんと考え、最低限の衣食住は無料提供とすべきだ。

福島第一原発復旧で必死に働く作業員が少しでも安心できるように、東京電力及び国には努力して頂きたい。






ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。