【マスコミ】 「たかじんのそこまで言って委員会」番組内で、武田教授が「東北の農作物は健康壊す」発言→岩手・一関市長が抗議メール - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【マスコミ】 「たかじんのそこまで言って委員会」番組内で、武田教授が「東北の農作物は健康壊す」発言→岩手・一関市長が抗議メール

<読売テレビ番組>東北の農作物、健康壊す…中部大教授発言



 読売テレビ(大阪市)系列の番組で、中部大の武田邦彦教授が岩手県一関市の放射線数値を示したうえで「東北の野菜や牛肉を食べたら健康を壊す」などと発言したとして、勝部修市長は6日、武田教授に抗議のメールを送ったことを明らかにした。

◇一関市長がメールで抗議

 番組は4日午後1時半から東北の一部で放送された「たかじんのそこまで言って委員会」。

 武田教授は子供の質問に専門家が答えるコーナーの中で、放射線量の高い地域として一関市を挙げ「今、東北で農作物を生産するのは間違い」などと発言。他の出演者が疑問を呈したのに対し、「取り消すつもりはない」と語ったという。

 勝部市長は「農家の感情を逆なでする非常識な発言だ」と指摘。武田教授に発言を取り消すつもりはないかを確認したうえで、今後の対応を考えるとしている。

 番組を見た市民から市に連絡があり発覚した。発言は動画サイト「ユーチューブ」にも投稿されている。読売テレビは毎日新聞の取材に対し「武田先生に批判的な意見も入れて(放送して)いる。(番組)全体を見てもらえば、問題のある内容とは思わない」としている。【湯浅聖一】

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110906-00000100-mai-soci

たかじんのそこまで言って委員会

◆第392回:2011/9/4 放送  視聴率:16.1%

司会 やしきたかじん、辛坊治郎パネラー三宅久之、所 功、武田邦彦、桂ざこば、勝谷誠彦、江川達也、宮崎哲弥、笛木優子
ゲスト 寺脇 研(京都造形芸術大学教授 元文部科学省審議官)
    下地敏雄(福岡県久留米市立中学校 国語科教諭)
    今村克彦(京都府小学校元教諭 関西京都今村組最高顧問)
ソースは
http://www.ytv.co.jp/takajin/study/index.html




武田先生くらいしかマトモな事言う日本人はいないの?

いつから日本人は毒を他人に食えや買えやと強制するような糞民族に成り下がったんだ。

役人がやる事は放射能という毒を含んだ物から市民を守る事であって毒を作り、売る農家や業者の味方になってはいけない。

あげくに風評被害という魔法の言葉で放射能という毒入りの物を買わない普通の人を非国民扱いし糾弾するとか狂ってる。

問題を大きく提起することによって批判の矢面に立ち、それでも未来ある子供たちの生命を必死に守ろうとする武田教授のお姿本当に立派です。

そうは思いませんか?

放射能汚染の問題はもう誰も逃げる事は出来ない。

未来のある子ども達は、番組内で語られているように自分で食べるものを選ぶ事は出来ない。

親だったり、大人達が行動しなければならないのだ。

私は武田教授を応援します。



このような良識有る先生方がいなければ日本国は簡単に滅亡してしまうのだろうなと改めて思ってしまう。



人の命とお金本当に大事なのはどっちなのかよく考えてほしい。

そして人の命が大事だという事に気付き行動をして頂きたいと思いました。


もう一人児玉先生も応援します。

東日本大震災:福島第1原発事故 放射線、測定・除染を急げ 児玉龍彦氏に聞く

◇放射線、安全性議論の前に 測定・除染を急げ−−児玉龍彦・東大アイソトープ総合センター長

 「7万人が自宅を離れてさまよっている時に、国会は一体何をやっているのですか!」。東京大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦さん(58)が7月下旬、衆議院厚生労働委員会で国の放射線対策を厳しく批判したことが反響を呼んでいる。がん治療薬開発のかたわら、「行動する研究者」として福島県南相馬市で除染活動を続ける児玉さんに、政府がなすべきことを聞いた。【聞き手・青野由利論説委員】

 ◇安全性議論の前に

 −−今回の汚染はこれまでの考え方では対応できないと指摘していましたね。

 ◆私たちの推計では、福島第1原発からの放射性物質の放出量はウランに換算して広島原爆20個分に上ります。しかも、原爆に比べて放射線の減り方が遅い。少量の汚染ならその場の線量を考えればいい。でも、総量が膨大な場合、粒子の拡散を考える必要があります。これは「非線形」という難しい科学になり、予測がつかない場所で濃縮が起きる。だから、稲わらによる牛肉のセシウム汚染や、お茶、腐葉土の汚染といった問題が次々出てくる。

 −−食品の汚染にどう対応すればいいですか。

 ◆最先端技術を使えば、たくさんの食品の汚染を一度に画像で判定できます。こうした分野で日本の技術は世界一です。メーカーに聞くと3カ月でできるという。それなのに政府は何の対策も打っていない。これから、コメや海産物の問題も出てくるでしょう。食の安全を支えるために、最新の測定装置を緊急に開発し、各自治体に多数並べ、流れ作業で検知するといった対策が必要です。

 −−子どもがいる人は家の周りや学校の放射線にも不安を抱えています。

 ◆被災地のすべての自治体に「測定すぐやる課」と「コールセンター」を置くことを提案します。電話を受けたら、20〜30分でいいから、家の周りや子どもが行く場所を一緒に見て回る。線量が高い場所はパッパと除染する。南相馬では、子どもだけを避難させ、家族がばらばらになっている人たちがいますが、海側などでは線量が低く、子どもがいても大丈夫な所はある。それをきちんと見て、緊急避難的な除染は「すぐやる課」が手伝うことです。

 −−低線量による内部被ばくの問題は専門家の間でも意見が異なり、混乱が生まれています。

 ◆がんは何十年かの間に複数の遺伝子変異が重なって起きます。チェルノブイリ(原発事故)でも、子どもの甲状腺がんの増加が統計学的に確かめられたのは20年後です。時間がたたないとわからないので、今「安全」か「危ないか」に決着をつけるより、「測定と除染」に徹することが大事です。

 −−国会では、局所的な緊急避難的除染と、地域全体を対象にした恒久的除染を分けて実施するよう主張しました。

 ◆子どもたちが安心して暮らせる環境を作るために、幼稚園などで緊急避難的に除染をしています。でも、側溝を洗った水は環境中に残る上、線量を下げるのにも限界がある。これらを根本的に解決する恒久的除染は巨大な事業になるので、「除染研究センター」を作り、まず問題点やコストを評価する。そして日本の総力を挙げ、最高の除染技術を福島に結集する。除染の方法などは住民の意見を取り入れて決める。利権がらみの公共事業にしてはだめです。何十兆円も出して「これしか除染できませんでした」ということは、日本の財政状況では許されません。

 −−緊急事態に、国の動きは遅すぎますね。

 ◆私たちは、除染した後の土を残しておけず、ドラム缶に入れて持ち帰っていますが、本来は法律違反です。現行法が今回のような事態を想定していないからです。旧来の法律で手足を縛られたままで、どうやって子どもが守れるでしょう。まき散らされた放射性物質を減らすために、法整備をしてくださいと言ってきました。それを4カ月もやらずに、国は何をやっているんですか、ということです。「食品の汚染検査」「測定すぐやる課とコールセンター」「緊急の除染」「恒久的な除染」、この四つをぜひ進めてください。

 ◇「国会何やってる」 委員会発言、ネットで話題

 児玉さんは東大医学部卒業後、内科医として臨床と研究の両方に携わってきた。96年から東大先端科学技術研究センター教授としてシステム生物医学を研究、11年からは同大アイソトープ総合センター長を兼務している。

 アイソトープ(同位元素)を使ったがん治療薬開発に取り組んでいるため、内部被ばくにも詳しい。原発事故後、福島県南相馬市の依頼で毎週末、現地に足を運び、幼稚園などで放射線量測定と除染作業を続ける。

 7月27日、衆院厚生労働委員会に参考人として出席。食品の放射能汚染で不安が広がる中、食品の放射線量測定に全力を注がず、子どもたちを守るための法整備も怠っていると、国の怠慢を厳しく批判。「放射性物質を減らす努力に全力を挙げることを抜きに、どこが安全だという議論をしても国民は絶対信用しない」と訴え、対策を具体的に提言した。その様子が動画投稿サイトなどで紹介され、話題となっている。

ソースは毎日新聞 2011年8月8日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110808ddm012040044000c.html?inb=yt

ドイツでの報道です。





ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

原発汚染は人災と言うなら、菅の犯罪は人類未曾有の、被爆犯罪であり

 将来100万人に被害が及ぶとも言われる。

 まず逮捕して、自白させ、その犯罪を明らかにすべきだ。
Posted by sunset at 2011年09月07日 08:55
ドイツはドイツはゲッペルスやヒトラーを生んだ国ですから。あまりそのまま信じない方が良いかと。
ドイツのテレビも歪曲が酷いようですよ。テレビに出ていたインタビューを受けた農家の方が抗議しています。
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-0a22.html
Posted by 八目山人 at 2011年09月07日 13:21

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。