【韓国】サントリーが「東海」を削除、謝罪したことに激怒・・・今度は韓国で製品不買運動始まる - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【韓国】サントリーが「東海」を削除、謝罪したことに激怒・・・今度は韓国で製品不買運動始まる

サントリーが輸入販売した韓国焼酎の商品サイトで、日本海の呼称に「東海」を使い、削除、謝罪したことに、今度は韓国の政治団体が激怒、韓国でサントリー製品の不買運動を呼びかけている。

韓国のネットメディアが2011年8月21日付けで報じたところによると、韓国の保守団体、「活貧団」が中心となり、他の韓国市民団体と共同して不買運動を行うのだという。

ロッテ酒類にサントリーへの供給やめるよう要求

サントリーは日本向け韓国焼酎「鏡月グリーン」のサイトで、「韓国/東海(日本海)」と表記、批判を受けて19日に削除した。「広告上の表現で、地名に関する見解を表明するものではありませんでした」とお詫び文も掲載した。

このサントリーの対応について活貧団は「大韓民国の主権を侵害した厚かましい帝国主義的妄言だ」と主張。また、サントリーに鏡月を輸出している韓国のロッテ酒類に対しても、

「売国企業と呼ばれたくなければサントリーへの酒の供給をやめるか、サントリーに東海表記を復活させるよう要求し、これに応じたら供給せよ」

と求めたという。

不買運動は仁川や金浦、済州などの国際空港の免税品店や、都心の百貨店、スーパー、コンビニなどで8月22日から行う。出張や観光などで日本と行き来する人たちに対しても、サントリー製品の不買や、サントリー製品の「不飲」運動を広げていくとしている。

どこまで広がるかは不明

活貧団は竹島問題などで先頭に立って活動している団体だ。国内の不正腐敗追及にも熱心で、不正を働く議員にドジョウを投げつけるなど、韓国では派手なパフォーマンスで知られている。

ただ、2007年の朝鮮日報記事によると韓国国内では、パフォーマンスばかりに執着しているという批判が少なくないほか、韓国警察関係者が「自分の考え、アイディアだけに執着しているので、関心は引いても大衆の支持は得られていない」と証言したという。今回の不買運動も広がる可能性は少ないとみられるが、韓国のネット掲示板には、

「『日本海』表記は朝鮮半島を植民地化してから始まったとテレビで見ました。彼らは侵略的、帝国主義的な根性を捨てることができないんですね」
「江陵で作られる酒なんだから、最低限江陵の前だけでも東海と表記するべきだ。いくら倭人でもそこを日本海とは言わないだろう」

といった書き込みが寄せられていた。

ソースは
http://www.j-cast.com/2011/08/22105009.html?p=all

こちらの商品が問題の焼酎です。
鏡月_1~1.JPG


物議を醸しているページとその記述内容
「鏡月」というその名前は韓国/東海(日本海)に隣接した湖「鏡浦湖」(キョンポホ)のほとりにある古い楼閣「鏡浦台」(キョンポデ)で、恋人と酒を酌み交わしながら、そこから見える5つの月を愛でた詩に由来しています。
・「鏡月グリーン」ネーミングのひみつ 鏡月グリーン サントリー
http://products.suntory.co.jp/b/0000000080/%E9%8F%A1%E6%9C%88

※追記:現在製品ページが閲覧できない状態になっていますが、ウェブ魚拓ページでその内容を確認することができます。
http://www.suntory.co.jp/sho-chu/kyougetsu/html/naming.htmlの2011年8月19日 05:50に記録された魚拓


サントリーは日本、韓国からの板挟みで経営が危なくなるのか?

はたして、これらの不買い運動は成功するのか?

これは日韓共同の作戦になったも同じ感じがする。

二兎を追う者は一兎をも得ず

この言葉が一番しっくりするのではないか。

このようなデータもある。

韓国 マッコリ輸出急増 対日9割超、女性に人気

 韓国伝統の濁り酒「マッコリ」の輸出が急増している。韓国の聯合ニュースによると、今年1〜7月、マッコリの輸出量は前年同期比137.8%増の2万7390トン、金額は同205.8%増の3326万7000ドル(約25億9000万円)だった。

 このうち日本向け輸出が全体の92.6%を占めて1位、次いで米国(3.4%)、中国(2.2%)の順だった。

 日本でマッコリが人気を集めているのは「韓流ブーム」に加え、韓国の酒造メーカーが主な消費者である日本人女性の好みに合わせて甘みを高めたことが奏功したためという。また、マッコリに抗がん効果があるとの研究が発表され、健康志向にもマッチした。

 韓国関税庁によると、昨年のマッコリ輸出量は1万9407トンで、前年比178.1%増だった。全体の80%以上を占める日本向け輸出が同201.4%増で、輸出急増を牽引(けんいん)した。昨年、マッコリの日本向け輸出額は1559万ドルで、韓国の日本酒輸入額(1369万ドル)を初めて上回った。(ソウル支局)

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110816/mcb1108160501001-n1.htm

少なからずサントリーもこのマッコリ販売に貢献しているはずだ。

韓国が自ら利益を減らすような事はしないのではないかと思う。

この不買い運動は殆ど効果なく忘れ去れれてしまうような気がする。

ただ覚えておきたい。

韓国人のこの対応を、ちょっと気を遣えばすぐに調子に乗る。

対韓国政策では一歩の気も緩める事が出来ない事が改めて分かった。

近々発足する新政権は、強固な姿勢で行って行って頂きたい。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。