【政治】大連立 谷垣首相が条件 自民執行部、解散権確保狙う - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【政治】大連立 谷垣首相が条件 自民執行部、解散権確保狙う

 
plc11081601300001-p1.jpg


 自民党執行部が谷垣禎一総裁の首相就任を条件に、民主党との大連立を検討していることが15日、分かった。党内には早期の衆院解散・総選挙の障害となる民主党との連立に反対論が強いため、民主党との交渉入りに際し、解散権を持つ首相ポストの獲得を条件とすることで党内の理解を得る狙いがある。ただ、衆院で圧倒的多数を占める民主党が首相を自民党に譲る可能性は少ない。民主党代表選に出馬する意向の野田佳彦財務相は大連立に意欲を示すが、実現は難しそうだ。

 自民党内では大島理森副総裁、石原伸晃幹事長らが大連立に前向きで、民主党の仙谷由人代表代行、岡田克也幹事長と協議を進めてきた。自民党筋によると、6月には仙谷氏が「谷垣首相」を受け入れる考えを示し、自民党に大連立参加を求めた。

 自民党執行部は、菅直人首相退陣後の協議でも、民主党側が首相ポストを谷垣氏に譲る可能性は「低いがゼロではない」(党三役の一人)とにらんでいる。

 仮に民主党に首相を譲り連立を組む場合でも、「財務、外務など重要閣僚の譲り渡しと、早期解散の確約が前提」(同)としている。解散の具体的な期限としては、平成23年度第3次補正予算成立後の年内▽平成24年度予算成立後の来年夏前−などを想定している。

 谷垣氏は15日、自らを首相とする大連立について、記者団に「民主党に政権担当能力がないということであれば『(政権を)お渡しなさい』ということはあり得る」と述べた。同時に「大連立は例外中の例外だ」とも指摘した。

 公明党も大連立による埋没を嫌い、新政権には東日本大震災の復旧・復興に限定した協力にとどめたい考えだ。山口那津男代表は15日、記者団に「大連立はさまざまな課題がある」と慎重に対応する考えを示した。

 一方、民主党の前原誠司前外相は14日のフジテレビ番組で、大連立について「1年程度、政策を決めてやるべきだ。一番すっきりするのは閣内に入ってもらって、責任を共有する形だ」と、賛意を示した。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110816/plc11081601300001-n1.htm

民主党は飲むしかないだろうな谷垣首相案を。

突っぱねて民主党単独ならすべて廃案で崩壊ってことも出来る分けだしね。

国民の事を考えなければ、自民党はそれでもいいわけだしね。

ぶっちゃけ、もっと早くそうしておくべきだったと思う。

民主党政権の政権担当能力じゃ、何ヶ月経っても時間は止まっているのと同じではないか?

自民党に政権の主力をやらせていた方が復興が早かった。

私はそう思う。

今現在成立してる復興法案なんて殆ど自民党案丸呑み。

民主党は邪魔してるだけとしか思えない。自民党谷垣禎一が総理で良いよ。

その後、復興法案が一度でも否決されたら解散で信を問う!

それでいいんじゃないかな。

谷垣首相で大連立すれば、実は民主党にトドメを刺すことが可能だと思う。

首相の権力で民主党の闇を徹底的に暴くことが出来、一方の民主党は大連立内での同じ与党ということで内閣を攻撃することは不可能。

file10654.jpg


民主党の売国奴どもを一匹残らずあぶり出して葬り去るチャンスだ!

それでもって、大連立で各分野に特化した人材を配置して復興、外交、経済と早急に対策とってくれると一番いいと思う。

この辺は党などという枠は超えてやって頂きたい。

やっぱ無理かな?

賛否両論有ると思うが、谷垣禎一の力量はまだ未知数。

ここは麻生太郎か安倍晋三のどちらかが首相をやるのが良いのではないか?

200px-Aso_Taro_1-2.jpg    200PX-~1.JPG


麻生太郎首相の時、安倍晋三首相の時の政策を良く振り返って見て下さい。

私たちはマスコミに踊らされていたのですよ。

失敗した事はおもしろおかしく叩き、実施した事、良かった事は殆ど報道しないそんな輩に。

国際的にも信頼してもらえ、内政も信に足る首相経験者を起用しなければ、放射線汚染を収め、震災困窮者を救い、電気供給を復旧し、世界恐慌を止めるなんて4正面作戦は無理ではないか?

言い過ぎかもしれないが、それができないなら自民党に首相を出してもらう意味がない。

政治の世界での永田町の屁理屈なんて、マスコミの世界の韓国押しと同罪。

8月21日には正式なデモが実施予定
フジテレビ抗議デモについては、8月9日に正式に

「8・21フジテレビ韓流ゴリ押し・偏向報道抗議デモ実行委員会」

が設立されて全体の計画を行っている。


8月21日に実施されるデモは、正式に「デモ」としての許可を得て行われることになった。

前回は主催者発表2500人を動員したが、今回はどこまでの動員ができるであろうか。

2ちゃんねる、ツイッターなどのネットから湧き上った動きが、大手既存メディアである在京キー局の方針に影響を与えることができるのか、今後の動きに興味がある。

http://gentinohito.blogspot.com/2011/08/blog-post_11.html


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。