夏休み必携版第2弾 東京近郊の観光地44ヵ所「放射能汚染MAP」那須サファリパーク、日光江戸村、草津温泉、西武ドーム、アメ横、横浜中華街はどうだ? - 政治経済ニュース・今私の気になる事




夏休み必携版第2弾 東京近郊の観光地44ヵ所「放射能汚染MAP」那須サファリパーク、日光江戸村、草津温泉、西武ドーム、アメ横、横浜中華街はどうだ?

img_fa059dae88a4cceabcd6a1e5020a4a52162458.jpg

那須サファリパークでは、一時0.9マイクロシーベルトを計測。カウンターの画面にHIGHの文字が浮かぶ〔PHOTO〕矢吹龍之介

「あんな記事掲載されちゃあ、観光客が来なくなって商売あがったりだよ!」

 本誌は前号で『東北・関東の観光地放射能汚染MAP』を掲載したが、高い放射線量が計測された栃木の観光業者から強い抗議の電話を頂いた。無論、特定の地域を誹謗(ひぼう)する目的はない。だが、政府や自治体がきちんと線量を計測し情報開示しているのか信用できない以上、実測値を示すことが必要なのも事実である。

 今回は、先週掲載しきれなかった東京近郊の観光・行楽地、44ヵ所を再調査してMAPを作成、収録した。使用したガイガーカウンターは、先週と同様ロシア政府公認の『SOEKS』。測定方法は1地点あたり、地表から1mの高さで、連続5回計測をしてその平均を記録した。

 本誌では、神戸大学大学院海事科学研究科の山内知也教授(放射線計測学)が目安として挙げる「毎時0.16マイクロシーベルト」を危険水域≠ニする。この数値の場所で1年間生活を続けると、年間の被曝量が政府が注意喚起する1ミリシーベルトに達する計算だ。

 数値が高いのは何も北関東ばかりではない。東京都内を見ると、多くの皇居ランナーたちが走る、皇居外苑の馬場先門付近と学習院大学の0.21マイクロシーベルト、永田町・国会議事堂正門前では0.18マイクロシーベルト、買い物客で賑わう上野のアメヤ横丁で0.16マイクロシーベルトだった。

img_73bcd23905f481dcb7bfc1ea68d818b390303.jpg

横浜の名所、中華街の善隣門前は0.16マイクロシーベルト。「客足は元に戻った」(中華街関係者)とのこと

 東京よりも福島第一原発との距離が離れている横浜は、みなとみらいの中心であるランドマークタワーが最も高い0.23マイクロシーベルトを記録した。

 7月24日に商売の神様・関羽の誕生日があり多くの人出が予想される、中華街・朝陽門前が最も低い0.12マイクロシーベルトと、幅がある結果となった。

 夏、海水浴に行くという人も多いだろう。南関東の海水浴場はどうだったのか。

img_713e11f63649f18144da1122f61887a351188.jpg

大磯町海水浴場にはそれほど人が多くなかったが、現時点での放射線量は、それほど高い数値は示さなかった

 結果は、神奈川県の大磯ロングビーチが0.14マイクロシーベルト、大磯町海水浴場で0.12マイクロシーベルトと低く、千葉県の稲毛海浜公園で0.23マイクロシーベルト、勝浦中央海水浴場で0.17マイクロシーベルトと若干高いという結果だった。

img_73e09802b1b1a0efdb40b4b10f693f2a494604.jpg

 埼玉県で高い放射線量を示したのは、高校野球の埼玉県大会も開催される所沢航空記念公園(0.23マイクロシーベルト)だ。この公園は、今年開園100周年を迎える。月1〜2回、気球の搭乗会などが行われ、来場者が増えそうなだけに注意が必要だろう。一方、プロ野球・西武ライオンズの本拠地西武ドームは、0.14マイクロシーベルトであった。

 だが、今回も放射線量が高かったのは栃木県だった。9日、曇り空の下、東北道を栃木県へと向かった記者はガイガーカウンターの電子音に包まれた。東武ワールドスクウェアで0.38マイクロシーベルト、りんどう湖ファミリー牧場では0.56マイクロシーベルトと徐々に高濃度の放射線量が記録されていく。

 日光江戸村では、一時1.02マイクロシーベルトを記録し、平均で0.6マイクロシーベルトだった。記者が手に持ったガイガーカウンターのモニターには、『HIGH』の文字がひっきりなしに躍っていた。

 今回の調査で最も高い0.67マイクロシーベルトの放射線を検出したのは那須サファリパークだった。

 北関東を代表する日本有数の温泉地といえば、草津温泉(群馬県)と鬼怒川温泉(栃木県)だ。草津温泉は湯畑で0.18マイクロシーベルト、鬼怒川温泉の入り口、鬼怒川温泉駅前では0.51マイクロシーベルトであった。

img_61c0e1d1fc6ff82a19acdff4530c45f169815.jpg

草津温泉の湯畑。硫黄の臭いが鼻をつくこの場所は足湯があり、湯治客で賑わう

 放射線学が専門で筑波大学アイソトープ総合センターの末木啓介准教授はこう解説する。

「ホットスポットは風の流れと雨によって決まりますが、風の流れを決定する地形も影響を与えます。例えば、福島県の飯舘村は阿武隈山地があって、その山々の間を抜けた風が放射性物質を運んできたと言えます。加えて、放射性物質が相対的に雨雲よりも上空にあるかどうかも重要になってきます」

 日光や那須塩原のホットスポットは、風の通り道に雨が降ってできたと考えられる。

 現在、各メディアがそれぞれの基準で測定を実施している。だが、それは提示された一つの道に過ぎない。この数値を参考に読者自身で判断してほしい。

2011年07月22日(金)フライデー
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/13016

昨日に続いての紹介だが、この測定データによりほとんどの行楽場所の安全が保証されたと思う。

しかしながら、測定ポイントは一部の為中にはホットスポットが存在するかもしれない。

雨水の通り道や水たまりが出来そうな場所等はなるべく避けて歩きたい。

これからが夏休み本番となって行くであろう。それ故に楽しく過ごしていきたい。

放射能汚染の心配をせずに過ごしていける日が早く来る事を願う。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。