小沢一郎氏 次の首相調査でNHK3位、読売4位、産経3位 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




小沢一郎氏 次の首相調査でNHK3位、読売4位、産経3位

菅政権の迷走の陰で震災からの復興が遅々として進まないなかで、国民の間には刑事被告人である小沢一郎・民主党元代表の「待望論」が高まるという奇妙な現象が起きている。

 小沢氏といえば、昨年の民主党代表選で菅首相に敗れた後、政治資金問題で強制起訴され、民主党から党員資格停止処分を受けた。この秋に公判が始まる。

 ところが、「YAHOO!みんなの政治」の調査では「次の首相にふさわしいと思う政治家」の1位(27%)で、2位の石破茂氏(19%)、3位の前原誠司氏(8%)を引き離し、ウェブサイト「BLOGOS」調査では、1人で59%もの支持を集めた。

 ネット調査では、もともと小沢氏の支持は高いことが知られているが、「小沢嫌い」で世論調査を操作する大メディアでさえ、NHK(3位)、読売(4位)、産経(3位)と軒並み上位に顔を出す。

 一体、国民は被告人・小沢に何を求めているのか。

 政治評論家の有馬晴海氏は、こう分析する。

「株の世界では“国策に売りなし”といわれる。国の政策に沿った銘柄は上がるという意味だ。だが、この数年の総理は、選挙のために『公共事業はやらない』という人がいれば、逆に『公共事業をやる』という人もいて政策が定まらない。菅首相に至っては、政策が1日ごとに猫の目のように変わる。それが国民や経済界を最も不安にしている。

 その点、小沢氏は18年間、自民党を壊すと言い続けて政権交代を実現させた実績がある。マニフェストや震災復興、経済政策でも、“小沢氏ならやるといったことはやるだろう”という期待につながっているのではないか」

※週刊ポスト2011年8月5日号
http://www.news-postseven.com/archives/20100918_808.html

私はもう一度この人、『麻生太郎』を総理に!!と思います。




麻生前総理スピーチ:2009/10/16

■一度やって失敗したら、政権を変えてやり直せば良い」と皆さん思うでしょう。

 しかし、財源を使い果たして失敗した後に政権が変わっても、財源を使い果たしてもうないのですから、元には戻せません。無い袖はふれないのですから。

 民主党の前身である細川政権のことを言う人がいるかもしれませんが、細川政権は間違った改革、悪の改革をする前に、政権が内部でまとまらずに勝手に自ら倒れました。

 つまり、財源を使い果たす前だったのです。だから、自民党政権に戻って、まだなんとかすることができたのです。

 しかし、今回もし政権が変わってしまえぱ、財源を使い果たしてしまいます。

 民主党は細川政権で一度、 自ら勝手に政権が倒れているので、今度は倒れる前に一気に悪の改革を進めてしまうでしょう。

 ですから、一度やって失敗したら政権を変えれば良いは、もう通用しないのです。

■これから先の事は考え過ぎかもしれませんが…。

 国が疲弊すれば、当然、企業も疲弊します。「いくらなんでも、民主党はそんなことはしないだろ」と皆さん思うでしょう。

 しかし、民主党にはある目的があるのかもしれません。それは「中国韓国とのアジア共通通貨の実現と、アジア経済圏」の実現です。

 そのためには、日本国と企業には疲弊し弱ってもらわないと困るのかもしれません。そのための手段が、「最低保障年金の全額消費税化」なのかもしれません。

 日本国はこうして内部から腐っていくのでしょうか。

 アジア経済圏になれば、日本に工場などを置いておく必要が無くなります。中国や韓国に工場が作られ、当然、現地の人が採用されます、そうなればその分、日本の工場、つまり皆さんの子供や孫の雇用が失われるのです。

 つまり、民主党が守ろうとしているのは、結果的かもしれませんが、日本人の雇用ではなく、中国人韓国人の雇用なのです。

 「最低保障年金の全額消費税化」の裏には、こうした隠れた恐ろしい目的があるのかもしれません。

 民主党は「日本に革命を起こす」と盛んに言っています。改革ではなく、革命です。

 確かに、日本をわざと疲弊させ、中国韓国と経済圏を統一させ、日本人ではなく中国人韓国人の雇用を守るのは、革命かもしれません。


今このスピーチの内容を見ると現在の菅政権2変な納得が出来てしまう。

今となっては遅すぎなのかもしれないが、もう一度麻生太郎に総理になってほしいと思った。

菅総理のようなむちゃくちゃな事にはならなかっただろうし、外交面からいろいろと日本国をよくしていけたかもしれない。一時の感情で辞職に追い込んだ。

人は失った時にその大切さが分かる。その言葉に尽きると私は思った。

下の動画も見て下さい。

このような報道をなぜマスコミはしなかったのか?悪いところを叩くのは楽だが、良いところをアピールして支えていく事も必要ではなかったのではないか?





ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。