【原発問題】「汚染牛乳を西日本に運んで混ぜている」 武田邦彦教授の発言に生産者「そんなことはあり得ない」と反発 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【原発問題】「汚染牛乳を西日本に運んで混ぜている」 武田邦彦教授の発言に生産者「そんなことはあり得ない」と反発

内閣府原子力委員会の専門委員を務めた中部大学の武田邦彦教授が自身のウェブサイトで、福島第1原子力発電所の事故の影響で放射能に汚染された原乳と、汚染されていないものを混ぜている疑いを示した。

原乳を西日本に運んで「処理」しているとの主張だが、根拠は明らかにしていない。インターネット上では「本当だったら大問題」と心配する声も上がるが、生産者団体は当惑しつつ、「そんなことはあり得ない」と反発している。

原乳モニタリングで放射性物質不検出続く

武田教授は2011年7月11日、自身が牛乳に関して独自に調査した末に「どうも危険なようです」と警鐘を鳴らす内容をウェブに書き込んだ。福島県や茨城県、千葉県の牛乳が大量に西日本に送られ、そこで「汚染された」ものと「きれいな」ものを混ぜて、原乳に含まれる放射性物質が国の定める暫定規制値を下回るように「細工」しているとの情報がある、と主張する。原文では「牛乳」とあるが、暫定規制値を話題にしていることから見て、加工前の「原乳」を指していると見られる。

そのうえで消費者に向けて、「産地が限定された少し高めの牛乳を買ってください」と呼びかけ、乳業の業者に対しては「原発近くの牛乳のデータと物流について、すべて公開してください」と要望している。ただし武田教授がどのような調査を実施し、どこで「汚染牛乳を混ぜている」という確証を得たのかといった具体的な記述は見られない。

現在、政府が原乳の出荷制限を指示しているのは、福島第1原発から半径20キロ圏内と、計画的避難区域に設定されている福島県南相馬市の一部に限られる。「20キロ圏」は、許可された場合を除いて立ち入りが法的に禁じられている「警戒区域」だ。県内の他地域は、2011年6月8日までに制限がすべて解かれた。茨城県にも一時制限が出されたが、4月10日に全域で解除されている。

東北や北関東の原乳の生産地では、出荷制限解除後も自治体が原乳のモニタリングを継続している。検査方法は4月4日に政府の原子力災害対策本部から出された指示に沿っており、各生産者からの原乳が集まる「クーラーステーション(CS)」、または乳業工場でサンプルを採取、分析する。福島県では7月に入ってからも3回の検査を実施し、結果を県のウェブサイトで公表しているが、いずれの回も対象となったCSや乳業工場で放射性物質は不検出だった。茨城県でも7月1日に検査を行い、結果は「検出せず」。こうなると、仮に福島や茨城産の原乳を西日本に運んで混ぜたとしても、そもそも放射性物質が検出されなかったのだから「放射能を薄めた」とは言えないだろう。

西日本への大量輸送「報告はありません」

原乳の生産者団体である中央酪農会議に、武田教授のウェブサイト上での発言について聞いてみた。担当者は「ウェブに書かれていた内容を読んだ限りでは」としたうえで、こう反論した。「汚染された牛乳とは『暫定規制値を超えたもの』だと理解しましたが、これは市場には出回りません」。外に出ないから、別の乳と混ぜ合わせることもできないはず、というわけだ。

中央酪農会議によると、原乳は「鮮度が命」なので、生産地に近い工場に運ばれて加工されるのが基本だが、例えば首都圏のように消費が多い地域では、近郊の生産量だけでは賄いきれない。そのため、一大供給地の北海道からいったん関東の拠点に送り、そこから近郊各地へと出荷することはあるようだ。同様に消費量が多い大阪でも同じ措置が取られるが、その場合の主な供給地は九州だという。東日本から西日本へ原乳を供給するケースも皆無ではないが、「震災にともなって、大量の原乳が西日本に運ばれたという報告は、これまで入っておりません」と同会議の担当者は首をかしげる。

各県で行われる原乳のモニタリングは、全生産者を対象としている。もし武田教授の主張が正しいのであれば、「放射能に汚染された原乳」がモニタリングの対象から外れ、「ヤミルート」で西日本に送られたという意味なのだろうか。または出荷制限区域から、やはり秘密裏に原乳が西へと運搬されているとのことか。だがこの場合、西日本の乳業メーカーが高いリスクを冒してまで「汚染乳」を入手する必要性については疑問が残る。

ソースは
http://www.j-cast.com/2011/07/12101231.html?p=all

名神高速に牛乳流出 タンクローリー横転 大津市

 28日午前2時35分ごろ、大津市野郷原2の名神高速道路下り線で、山形県長井市の男性運転手(32)のタンクローリーがガードレールに衝突し、横転。タンクに入っていた牛乳や、燃料の軽油が一部流出した。

 男性は頭に打撲などの軽傷。

 滋賀県警高速隊によると、タンクローリーを移動させる作業中に、破損したタンクから牛乳がさらに流出。この影響で名神高速は瀬田東から瀬田西までの下り線約1・5キロが一時通行止めになった。

 タンクローリーは山形県から京都府に牛乳を運ぶ途中だった。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110528/dst11052812580018-n1.htm

福島県産の源乳ではないが西日本への流通をにおわせる事故のニュースとなりました。

セシウム検出の牛肉、11都道府県で流通

 福島県南相馬市の農家が出荷した肉用牛から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、この農家が出荷した牛肉が秋田、千葉両県でも流通していたことが12日、秋田県などの調べでわかった。

 計11都道府県で流通していたことになり、一部では消費されていた。

 秋田県の発表によると、南相馬市の農家の肉36・5キロが、秋田県横手市の食肉販売店に出荷されていた。東京都からの連絡を受けて調べたところ、肉は店の冷蔵庫で保管中だった。県の指摘を受け、店は都内の仕入れ先に返品した。

 また、神奈川県藤沢市の小売店が同じ農家から仕入れた牛肉のうち59・6キロが、千葉県内で流通していたと12日、藤沢市保健所が発表した。販売される前で、藤沢市の店に返却する。

(2011年7月13日01時29分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110713-OYT1T00008.htm

汚野菜の出荷自粛を守れない農家
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201104260549.html

地元消費のハズの牛乳は、なぜか京都へ運搬中
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2011/05/28/20110528k0000e040046000c.html

福島沖で獲れたカツオも清水産
http://p.tl/w7Al

茨城沖のカツオは、銚子産
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110621/biz11062115060019-n1.htm

雪印メグミルク富里工場の「農協牛乳」は福島の原乳を他県の原乳と混ぜて薄めて出荷
http://infosecurity.jp/archives/10427

これは政府や官僚が悪いと言うより被災地域の農家や企業のエゴやモラル欠如だろう。

静岡でもそうだったが、茶葉で隣の神奈川県の足柄茶などが計測値オーバーだったのに、計測拒否や不正輸出。

福島など農家は出荷するような状況じゃ無い。保障や移転新天地での操業、転職なども頑として拒むから、身勝手な出荷や避難所移転を拒否して自殺、なんてのも出る。

生産農家の意識革命をやらないとダメなんじゃないか、この先実質問題として。

過去の症例です。あえてリンクを貼りました。

覚悟を決めて見て下さい。

知っている方もいるかと思いますがこのような事が今後起こりえると言う事です。

低線量被曝の影響による奇形児
http://megalodon.jp/2011-0615-1150-31/homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/ExtremeBirthDeformities.htm

海外の反応ですが、

日本からの食品輸入、規制強化へ

スイス連邦内務省保健局 ( BAG/OFSP ) は6月1日、「日本からの食品の輸入に関する規則」の改正を発表した。それによると、3月30日に制定された輸入制限対象地域12都県に新たに神奈川県が加わった。
これにより、日本からの輸入品に検査がさらに強化されることになった。この措置は欧州連合 ( EU ) に倣ったもので、改正規定は6月2日に発効する。

セシウム検出に対応
 改正が行われたのは、5月12日、神奈川県産の緑茶の生葉から高濃度の放射性セシウムが検出されたことが明らかになったため。また、13日には別の3件の検査でも、同県産の緑茶の生葉から高濃度の放射性セシウムが検出された。
 
 これを受けてEUが24日、「日本からの食品および飼料の輸入に関する規則」の一部改正を行った。スイス保健局もEUに並ぶ形で、神奈川県およびその沿岸海域を放射能汚染がとくにひどい可能性のある地域に指定。これにより、食品および飼料の輸出に際し検査が必要とされる輸入制限対象地域は、福島、群馬、茨城、栃木、宮城、山形、新潟、長野、山梨、埼玉、東京、千葉、神奈川の13都県となった。

13都県外の食品にも抜き取り検査
 食品輸入規制により、制限対象地域からの食品等をスイスへ輸出する際には、日本の農林水産省による放射性物質検査が必要となり、その分析報告書の提出が義務付けられている。

 ただし、制限対象地域以外を原産地とする食品が、制限対象地域を積み出し地として通過して輸出される場合に関しては、分析報告書提出の義務は課されない。食品の原産地が13都県かどうかが重要視される。

 しかしながら、スイスへの輸入品の2割に対して抜き取り検査が行われ、基準値を超える放射性物質 ( ヨウ素131、セシウム134およびセシウム137 ) が含まれないことを証明するための検査が行われる。

ソースは
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=30382374

2011-06-03 15:00のニュースですが現在進行形です。

既に13都県が放射能汚染では信用がありません。

京都の外国人観光客75%減 震災が影響

 JR京都駅にある京都総合観光案内所(京なび)を4月に訪れた外国人観光客は6272人で、前年同期の2万5871人から75%減った。開会中の府議会で30日、山田啓二知事が答弁で明らかにした。府観光課によると、東日本大震災の後、各国が渡航制限を出したため団体客の落ち込みが目立ったという。(下地毅)

ソースは
http://www.asahi.com/special/10005/OSK201106300129.html

4月のデータなので現在はもう少し回復しているかとは思いますが、震災の影響は隠す事は出来ないと思います。

日本の良さを嵐が世界へ向けてピーアールしてくれています。とても良いPVだと私は思います。



日本政府は『嵐』PVの足を引っ張らないように情報開示をしっかりしていき、先に記した記事のようなニュースが出る事がないように。

実害でなく、本当に風評被害である事がきちんと証明できるようになってほしいと思います。

今ほとんどの日本国民が訳の分からぬ放射能に苦しみながら生活しています。

日本政府の発表も信じられない。

こんな事態を早く終わらせすべての国民が3.11以前の生活に戻れるように、政治家の皆様には献身的な努力を望みます。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。