もんじゅ炉内落下の装置、引き抜き完了 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




もんじゅ炉内落下の装置、引き抜き完了

 日本原子力研究開発機構は24日午前4時55分、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の原子炉容器から、約10カ月間落下したままになっていた重量3.3トンの装置の引き抜き作業を終えた。

 引き抜き作業は当初、23日午後2時ごろから始まる予定だったが、準備作業がはかどらず、実際に始まったのは7時間近く遅れた午後8時50分だった。

 落下していた「炉内中継装置」(直径46センチ、長さ12メートル)は衝撃で変形していたため、引っかかっていた炉開口部のさやの部分と一緒に、天井にある大型クレーンでつり上げた。装置等は約8時間かけ、炉開口部の上方に据え付けた専用の容器「簡易キャスク」(直径1.4メートル、最大長16メートル)に直接、収納された。

ソースは
http://www.asahi.com/national/update/0624/OSK201106240001.html
o110623-3_1.jpg

ほんとに無事終わってよかった。
p110624_1.jpg

とりあえず、安全性の再確認と基準の見直し、あと間違っても現状のまま再稼動とかしないでね。

何が哀しくて原子力によるリスクをこんなにも負わねばならんのだ。



ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。