【原発問題】IAEA閣僚級会合で海江田経産相 “日本は原発推進” を表明 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【原発問題】IAEA閣僚級会合で海江田経産相 “日本は原発推進” を表明

K10036527911_1106202147_1106202157_01.jpg


海江田経済産業大臣は20日、オーストリアのウィーンで開幕したIAEA=国際原子力機関の閣僚級会合で演説し、この中で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を徹底的に検証したうえで、安全確保を大前提に、原子力政策を引き続き進めていく考えを表明しました。

IAEA=国際原子力機関の閣僚級会合で、日本時間の午後5時半すぎから演説した海江田経済産業大臣は、冒頭、福島第一原発の事故に対する世界の支援に改めて感謝の意を表したうえで「今回の事故から徹底的に教訓をくみ取り、原子力に関係する人々が共有することが大変重要だ」と述べました。

そして海江田大臣は、事故の教訓として、

▽大規模な自然災害や、すべての電源の喪失などの深刻な事故への備えのほか、

▽国際的に情報を共有する体制の強化、それに、

▽原子力安全の責任の所在の明確化などを挙げました。

そのうえで海江田大臣は「わが国は、事故の徹底的な検証を踏まえ、原子力発電の最高水準の安全性を確保するために抜本的な対策を講じ、安全確保を大前提として、今後の原子力政策の進め方を検討していく」と述べ、安全の確保を大前提に、引き続き原子力政策を進めていく考えを表明しました。IAEAの天野事務局長は、閣僚会議のあと、NHKの取材に答え、「海江田経済産業大臣の演説には中身があってよかった。各国はいろいろな角度から発言しているので、学ぶところが多い。これから専門家会合が始まり、会議はいよいよ本格化する。きょうの終わりには閣僚宣言を採択したい」と話しました。

▼NHKニュース [6月20日21時46分]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110620/t10013652791000.html

日本列島は極めて特異な危険な地震火山列島である。
地球を覆っている十数枚のプレートのうちの4枚もが日本列島で接しており、それらのプレートが互いに動いて押し合ったり沈みこんだりしていて、日本列島はまさにプレートの境界の崖っぷちにあり、巨大地震が当たり前のように頻繁に発生する地域なのだ。

vo0010.jpg


それだけではない、プレートの境界は日本周辺では主に海底にあり、プレートが沈み込んで海溝になるので、ストレスが破裂すれば深海底で岩盤が跳ね上がる。

75a3d0cd.jpg


この跳ね上がりが大量の海水を持ち上げ巨大津波を起こす。
しかも列島上に火山帯がいくつも並ぶ大火山列島で、絶えずどこかの火山が噴火をしている。
富士山ですら活火山であり、何時また大噴火を起こすかわからない状況。
想定外の災害がいつ起こってもなんら不思議ではない。

◆プレートテクトニクスからみた日本列島

私たちが暮らす日本。その足元を「地殻」という視点で見てみよう。実は日本列島は、世界に類例のない、複雑な地殻の上に作り上げられている。

untitled.bmp


 日本列島は、地球を覆っている十数枚のプレートのうち4枚のプレートの衝突部にあって、世界的にも活発なサブダクションゾーンのフロントに位置している。この列島は北米プレートとユーラシアプレートの2つの大陸地殻にまたがり、さらに太平洋プレートあるいはフィリピン海プレートの沈み込みによって2方向から強く圧縮されている。
 最近注目され始めた房総沖と伊豆半島付近の2ヶ所のトリプルジャンクションの存在は4つのプレートがぶつかり、せめぎ合う場として世界に類例がなく、日本列島がいかに複雑な応力場に支配されているかを示している。
 マグニチュード7以上の地震は世界中でこの90年間に900回ほど起きているが、そのうち10%もの地震が日本で起きている。マグニチュード8クラスの巨大地震も日本海溝や 南海トラフといったサブダクションゾーンに集中し、ここでのプレートの衝突がいかに激しいかがわかる。
 さらに太平洋プレートの日本列島下への活発な沈み込みは、日本列島を世界でも有数な火山列島にしている。
 このような日本近海のプレート運動は、島弧に強い歪みを与え世界でも有数の地震多発帯、火山活動多発帯といった自然災害の場を形成し、また地殻の上昇も加わって、非常に脆弱な地盤をもつ日本列島を作り上げている。

日本列島原子力発電所マップ
(元データは経済産業省、資源エネルギー庁のエネルギー白書2007年版)
赤丸が現在稼働中の原子力発電所です。現在稼働中17基
gennpatu maltupu.jpg


 【一覧】
北海道電力(1原発3基中稼働1基)
 泊原発2号炉 8月下旬定検停止

東北電力(2原発4基中稼働なし)
 全基停止中

東京電力(3原発17基中稼働4基)
 柏崎刈羽原発1号炉 今夏定検停止
 柏崎刈羽原発5号炉
 柏崎刈羽原発6号炉
 柏崎刈羽原発7号炉 今夏定検停止

中部電力(1原発3基中稼働なし)
 全基停止中

北陸電力(1原発2基中稼働なし)
 全基停止中

関西電力(3原発11基中稼働6基)
 美浜原発2号炉
 高浜原発2号炉 
 高浜原発3号炉
 高浜原発4号炉 7月までに定検停止
 大飯原発2号炉
 大飯原発4号炉 7月までに定検停止

中国電力(1原発2基中稼働1基)
 島根原発2号炉

四国電力(1原発3基中稼働2基)
 伊方原発1号炉
 伊方原発2号炉

九州電力(2原発6基中稼働3基)
 玄海原発1号炉
 玄海原発4号炉
 川内原発2号炉

日本原電(2原発3基中稼働なし)
 全基停止中

今年の夏に新たに点検のために5基原発が止まります。

そうすると稼働中原発は12基に減ります。原発全停止まであと少しです。

電気足りなくなると信じている人。

中国地方は工業地帯が自家発電してるらしく、原発はひとつしかないよ。

地震列島日本・火山列島日本では原発の運営はリスクが大きすぎて無理だ。

日本国滅亡をわざと意図した自滅行為であり、正気の沙汰じゃない。

たかが電気のために管理しきれない放射性物質をこの島国に溜め込もうってんだから頭悪すぎだと思う。

技術的にも経済的にもあらゆる多角的な面で破綻しきってるにもかかわらずだ。

後退しきってて他の技術でまかなおうって根気も知性もないんだろうな…。

推進などせずに廃炉にみんなで声を上げましょう。

原発により地方の小さな町に雇用が生まれた。

しかし、原発の大事故でひとつの県が放射能汚染でまるまる破壊された。

そして、被害はさらに隣接する県にまで広範囲に広がって静岡県までも深刻化し、東日本一帯の経済が放射能汚染で壊滅しようとしている。

原発を推進すべきだという人間も、当人自身の地元に原発を誘致したり、原発の近くに住む気は毛頭無いと私は思う。



アメリカも大変そうです。




人間は自然の驚異には勝てません。

こんなニュースが今入ってきました。私たちは何を信じればよいのでしょうか?

悪いニュースはすべて深夜のような気がしてわざとやっているようにしか思えません。

東電、放射線量の変動報告せず…計測にもミス

福島原発
 東京電力は20日、福島第一原子力発電所の2号機原子炉建屋で二重扉を開放した際、約5キロ西にある福島県双葉町山田で測定した放射線量に変動があったにもかかわらず、経済産業省原子力安全・保安院に報告せず、6時間以上放置していたと発表した。

 計測方法にもミスがあった。

 ただし測定した線量は特別高いわけではなく、この場所は警戒区域内で住民は避難している。また、この場所以外で測った4地点では線量に大きな変動はなかった。

 東電によると、2号機の扉は19日午後9時頃から開け始め、20日午前5時に全開状態にした。この時間帯に原発敷地内外で放射線量を計測したところ、双葉町山田では20日午前1時の毎時27・5マイクロ・シーベルトから午前8時には同45マイクロ・シーベルトに上昇していた。結果は同日昼前には東電本店に報告されていたが、同日午後6時20分に保安院に報告されるまで、本店内で放置されていた。

(2011年6月21日01時11分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110620-OYT1T01360.htm


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。