原発労働者 被ばくの実態 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




原発労働者 被ばくの実態




原発労働者 被ばくの実態
http://www.ktv.co.jp/anchor/today/2011_05_23.html#02
【写真家・樋口健二さん】
「このおじいさんの一言が、私を動かしたんです。佐藤茂さん。
東電福島第一原発で働いてボロボロになって
がんで死んでいったおじいさんですけどね。
毎日宇宙人のような格好して、防毒面をつけたけど
暑くて苦しくていつも外して働いたと。
何十分かでアラームメーターが鳴る。
うるさいから叩きつけて『仕事ができないから』と。
こりゃ原発ってどんなところだ?という思いが募ってきてね」

現代科学の粋を集めたとか言ってるが、人海戦術がわかる。
この人たちが日本中を渡り歩いて生活をし、原発を直して放射能を浴びて、
しまいには捨てられてボロ雑巾のように闇に消されてきたの。この40年間」

【元原発労働者・梅田隆亮さん】
「ビービー鳴りだしたら作業にならんのですよ。
(Q.どうしてたんですか?)外すんですよ。
『おじちゃん』にあずけておくわけね。(Q.おじちゃんとは?)それ専門に預かってくれる人に。
(Q.そういう仕事もあるんですか?)年配のね。
単価(日当)は一緒ですよ。『鳴き殺し』って言葉を使ってた。
鳴くのを殺してしまう。当時はどこの現場でもやってたんじゃないですか。
それで200(ミリレム=2mSv)とか300とかいう数字を見て向こうに渡す。
記録をみたら80(ミリレム)になってる。
(Q.見た数字と合わない?)ええ、それを『トリック』というんです」

文部科学省の調査では1999年までに放射線業務に従事した27万人のうち、
6万5000人の居所がつかめず、生死もわからないとしています。

日本の原発
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/nature/2009/05/post-f408.html





「安全なんか最優先じゃない」
「やってることがむちゃくちゃ」
「東京電力はわかってんのか。俺らがどういう苦労をしてんのか」

内部被曝の検査を多くの作業員は受けていない。
検査を受けたのは作業員七千人の五分の一だけ。

現場は火力発電所と言われ、連れて来られたのが福島第一原発だったという
労働者は、高線量の現場で瓦礫撤去作業をさせられた。
しかも線量計も被曝記録手帳も持たされなかった。
不安を訴えてはじめて内部被曝の測定を受けた。

内部被ばく基準超え 作業員の不安(NHKニュースウォッチ9)
http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/index.cgi?date=110525_1
復旧作業が続く東京電力福島第一原子力発電所。
NHKの取材で、内部被ばくが基準値を超えている作業員が相次ぎ、
中には基準値の50倍に達している作業員もいることがわかりました。

内部被ばく4700件 県外原発で働く福島出身作業員 事故後立ち寄り
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110521ddm041040107000c.html
http://megalodon.jp/2011-0526-1021-38/mainichi.jp/select/jiken/news/20110521d...
福島第1原発で作業拠点となっている免震重要棟は、3月に起きた1、3号機の
水素爆発で扉がゆがみ、放射性物質が一時入り込みやすくなっていたという。
40代の作業員男性は「そこで食事しているから
(放射性物質は)体に入っているでしょう」とあきらめ顔だ。

今月現場に入った作業員男性(34)は
内部被ばくの検査態勢の不十分さを懸念する。
「周りのほとんどは検査を受けていない。特に20代の若手が不安がっている」
東電は3カ月に1回の定期検査のほか、恐れのある時の随時検査を定める。
だが今月16日現在、検査したのは全作業員の2割程度の約1400人、
このうち結果が確定したのは40人にとどまる。

福島第一原発事故
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/nature/2011/03/post-d564.html




2011年5月8日:琉球朝日放送(QAB)。隠された原発被曝労働者の実態を40年間追い続けてきた樋口健二さんが沖縄を訪れた。沖縄に原子力発電所はないが、原発ジプ-シーとして労働力で原発を支えてきた歴史がある。原発で働いていて被曝して2005年に亡くなられた喜友名 正さんの遺族がその思いを語る。



原発作業員たちは過酷な現場で安い賃金で働かされていて、放射能のリスクを負い、全て下請けの社員で東京電力社員は現場にいない。何とも理不尽ではないだろうか?

給与は最高水準で得ていながら危険な仕事は他人任せで、何の手当もない。どうした物だろうか・・・。

原発がこんなにも危険でどうする事も出来ないものだとは知らなかった。

ヨーロッパ各国の原発反対に賛成し日本国も原発を廃止すべきです。

原発推進の人たちに改めて問いたいです。

どこが安全で、エコなのかを。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。