【福島第一原発事故】14日の時点で東電社員が90キロ以上逃げていた。 - 政治経済ニュース・今私の気になる事




【福島第一原発事故】14日の時点で東電社員が90キロ以上逃げていた。

■14日の時点で東電社員が90キロ以上逃げていた。

東京電力の原発モニターである浪江町の女性Aさんの語る被災体験

ようやく連絡がとれた東電の社員と家族は即日90キロ以上退避していた。



1台でも再臨界してしまうと、強烈な放射線(中性子とかも)が飛び交って誰も近づけなくなる。
そうすると残りの原発もほったらかしで爆発。
さらに空間線量が上がってしまい、ご近所にある福島第二原発の維持もできなくなって、全機メルトダウン。
そうなるとご近所の東海原発の維持もできなくなって、全機メルトダウン。

以下連鎖的に日本中の原発がメルトダウンしていく。

でも放射能は見えないし、匂いもしないので、俺達は普通に暮らしているはず。


ランキング参加中です。
応援お願いします。
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/204538157

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。